今年も元旦は初詣(川崎大師にて)

年末年始は南麓を離れて実家にて過ごす。

二十歳の頃から元旦の夜は川崎大師で初詣と決まっている。

今年は色々あって、帰らない選択もあったのだが結局大晦日に移動。そのまま初詣と相成った。

川崎大師への初詣ルートは京急川崎より終夜運転の大師線で。今年も干支ヘッドマークが付いている。

川崎大師大山門

川崎大師の大きな大山門。例年と比べても圧倒的に参拝客が少ない。

川崎大師本殿

本殿前、午前2時30分頃。普段なら大山門前とこちらの本殿前の2カ所で規制がかかるのだが、ご覧の通りプラカードは「ゆっくりすすんでください」を見せたまま(ここまでBlackberryのカメラ)。

こんな事は過去20年以上通っているが3時過ぎに参拝したときに1回あったかどうか位珍しいこと。その代わりと言っては何だが、女性グループの参拝客の多いこと、本殿の参拝はスムーズなのにおみくじには大行列で整理員が配置されるなんで初めての見たような気がする。何とも不思議な新年。

厄除けだるま達

川崎大師参拝のおみやげといえば「くず餅」「とんとこ飴」とこちら「厄除けだるま」。毎年お土産として色々なカラーのだるまを購入。色には縁起があるのだけど…忘れた。アド街でも紹介された高橋太一商店様で購入(毎年お世話になります)。

皆さんが良い一年を過ごせることを祈りながら。

(ちなみにだるまの目は向かって右に入れるのが大師のルール。願いが叶わなくても翌年にはお焚き上げ/どんど焼きをしてもらいましょう)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中