ちょっと古い小物達(Psion revo)

冬休みの間にちょっと古い機器達を探していた際に発掘された小物を紹介します。

今となってはレアな一品かも。

Psion revo1

持っている電子小物の中で最も使わなかった(と思う)割には、最も気に入っている一品であるPsion revo。

後にNokiaの携帯電話で多用されるようになるSymbian OSの始祖となるEPOC32が搭載されていたPDA。revoの前のモデルになるSeries 5がHP200LXの対抗馬として非常に好評を持って迎え入れられ、その小型版として発売されたのがrevo。

HPが米国製電子小物の伝統に従って、虚飾を排しシンプルで合理的なデザインに徹したことに対して、Psionは非常に凝ったデザインを持っており(Series3等はアイコンの形をしたボタンまで装備していた)、往年のOlivetti製PCに通じるセンスの良さだと思う。

Psion revo2

幸いにも電源がまだ入ったのでPIMの画面を表示してみた。

画面デザインにリングファイルのイメージを持ち込んでいる事が判って頂けるかと。

当時、これらの輸入PDAで日本語を取り扱うのはかなり骨の折れる準備を求められたが(だからこそ、よほど好きでなければ買えない代物だった)、Psionに限ってはUniFEPという日本語変換ソフトが提供されており、日本語入力が非常に簡単に始められたことは特筆すべき点であった。

残念ながら手持ちのrevoに入れていたUniFEPは内蔵メモリが飛んでしまっていたため再び見ることが出来ない状態だが、画面の広さと合わせてメモを取る程度には充分な能力であったと記憶している。

前述のようにrevoはSeries 5の小型版という位置付けだが、同シリーズの特徴である「ギミック」もしっかり受け継いでいる点が非常に楽しい。

一般的なノートパソコンやPDAの場合、液晶画面のチルトは開閉角度で変化させることが出来るが、キーボードのチルトは固定かつ水平位置に置かれる。最近のPCはデスクトップでも平面的なキーボードが過半になったので何の不思議も持たれないかもしれないが、旧世代のPCはタイプライターのキーボードから派生したイメージが非常に強く、キーボードは上段に行くほど高くならなければならないという不文律みたいな物が長く続いていた(だからこそ、Tronキーボードがあれほど異端視されたのではないかと考えている)。

物理的スペースに恵まれているデスクトップPCのキーボードであればこれらの用件は比較的自由に処置できるが、極めて寸法余裕が限られたPDAでは実装優先のため不文律に囚われずに所謂電卓型キーボードや現在のmac等でおなじみの平板型キーの採用(OASYS Pocketが著名、Poqet PCの時代から)による打鍵面積の確保など色々なパターンが出現していた。

その中でPsionだけは「タイプライター方式」に筐体設計で答えようという発想で液晶開閉に連動してキーボード側を傾斜させるためのギミックを組み入れており、一部ファンの方々からはこのギミックが熱狂的に迎えられていた(私も持っているThinkPad701cの所謂「バタフライ」も筐体設計による寸法制約の超越という意味では同じ系統)。

Series 5の場合、液晶側とキーボード側がリンクで結ばれておりキーボードを液晶の下に滑り込むような形で収納させることでキーボードの面積を確保しながらチルト角を取るというギミックを成立させていたが、revoでは大胆にもキーボード側を湾曲させることで開いたときに横から見ると「ん」型に展開するという極めて凝った設計を持っていた(そのためクレイドルまでがかまぼこ形に整形させていたのにはちょっと笑ってしまったが)。

Psion revo3

論より証拠、写真で実感して頂ければと。

このギミック、机で使うときはキー入力がとても扱いやすくなる優れた機構なのだが「PDAってそもそも机に向かって使う物?」という、根源的な疑問に対して、その努力は何ら報われない結果となってしまうことになる。

この辺りの詰めの甘さ(妙な拘りともいう)は如何にもイギリス製らいし所だが、この時代からARMのCPUを使い、OSは遙か現代まで携帯電話の中で命脈を保っている等、PsionはPDAの歴史から見ると実に先見性の塊であったことは変わらない事実である。

残念ながら現在のシチュエーションではフルキーボードタイプのPDAに活躍の余地が殆ど無くなってしまっているが、こうゆう「ちょっと高価だけどギミックと機能に拘りがある」電子小物って、何時の時代でも一定の需要があるんじゃないかなと…初夢でした。

Psion revo1Psion revo(秋葉原ツクモPDA館にて購入)エヌフォーのページがまだ生きていたのにちょっとびっくり

広告

ちょっと古い小物達(Psion revo)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ちょっと古い小物達(スマートフォンへのアプローチ Nokia E61) | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

  2. ピンバック: ブログ開設1周年の記録 | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください