ちょっと古い小物達(Rollei35TE)

再び冬休み中に発掘した掘り出し物の小物達の紹介を。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA南麓まで連れてきました。さて、どう使いましょうか(2013.8.28追記)

Rollei35TE1

今もやっているのだろうか、銀座松屋の中古カメラ市で唯一買ったカメラであるRollei35(TE)。

Rollei35を中古で買うくらいなら針式の露出計が付いている初期型モデルか、こちらのTessarレンズではなくSonnarのF2.8が付いたモデルを買うべきでしょというご意見は全く以てごもっともです。

しかしながら、当時(10年ほど前)の自分としては「実用で使いたいのでコンディション最優先」という思いがあったので、露出計がちゃんと生きているモデルを選んだ結果がこちらとなった訳です。

Rollei35TE2

このRollei35TE、基本的には後期生産のシンガポール製であり、そこそこ数が出回っているようですが、如何せん前述の兄弟達の特徴(レンズの良さとかメカニカル露出計のカッコ良さ)を持たない実用一点張り感が強く、コレクション欲を誘わないのでしょう、余り見かけませんね。

実際に使う立場から言うとファインダー内で直接露出バランスがLED(赤/緑)で把握出来るので、

  • 距離リングで被写体までの距離を取る(元々焦点深度深いのでボケを狙わなければ結構ずぼらでもOK、後は訓練…)
  • 右指で絞りリングを回して狙いの絞り決める
  • 右指をシャッターボタンへ移動
  • LEDの表示を見ながら左指でシャッター速度リングを調整

と、いう具合で快適に絞り優先AEチックな操作が出来る点が非常に気に入っていました(FujiのレンジファインダーデジカメX10のファインダーを見たときに、ファインダー内に合焦表示はおろか露出表示のLEDも無いのにはビックリしたというか潔さに感服したというか…)

Rollei35TE3

但し、便利な露出計の代償は意外なところに現れてきてしまいます。

本来の機械式露出計が付いていた部分にある黒い蓋、こちらはアクセサリーシューではなく(Rollei35は何とボディの底にアクセサリーシューがある!)露出計の電池Boxなのですが困ったことに「積層水銀電池」という現代においては極めて入手困難な電池が使われているのです。中古で購入後、一回電池が切れたときは、まだ東急ハンズで購入できたのですが現在では入手が絶望的なため…。

互換電池があるような無いような話なのですが…ご存じの方、いらっしゃったらご教授願います(下記コメントに情報を頂きました、ありがとうございます)。

前述のように露出計も使うことが出来ず、カメラの自体も防湿庫とか持っていないため、保管状況も余り良くないという、ちょっと可哀想な状態になっております。

現状、残念ながらまともに撮影に使えるかどうか怪しいところなのですが、一方でこのカメラにしかない素晴らしい魅力はいっぱいあります

  • 所謂ハーフサイズのカメラと同じかさらに小さい位なのですが、きっちり35mmフィルムサイズで撮影できます。
  • 左右のダイヤルで絞りと露出を操作できるので極小サイズにも関わらず意外なほどスピーディな操作が可能です
  • 40mmF3.5と決して明るいレンズではありませんがTessarの名に恥じぬ切れの良い写真を撮ることが出来ます。特に粒子状態が良くなった末期のISO400のフィルムとの組み合わせではF8.0位に絞り込んでも手ぶれが怖くなく、Focusも余り気にせずに撮影出来たため、極めて快適なスナップショットカメラでした
  • 「プチッ」という音と共に殆どショックを与えず切れるレンズシャッターはフィルムを入れないときに何度もシャッターを押してしまうほど、思わず和めるかわいらしさも持っています
  • (機械露出計モデルは特にですが)凝縮したメカニカル感はその手のガジェット好きにはたまらない魅力かと思います

もう10年以上前、切羽詰まった台湾での仕事の日々、僅かな休日の夕暮れにRollei35を取り出しで、歩道橋から南国の燃えるような夕日を撮影しながら、何とかして明日こそは立ち直ろうと、もがいていた頃を懐かしく思い出させる大切な1台(今も立ち直れた訳ではないのだろうが)。

広告

ちょっと古い小物達(Rollei35TE)」への2件のフィードバック

  1. はじめまして
    Rollei35TEの電池は確かV27PXだったと思うのですが、
    それでしたら関東カメラサービス製のV27PXアダプター無変換型が
    使用可能と思います。
    http://www.kanto-cs.co.jp/sale/adapter/adapter.html
    SR43を4個入れて使用しますが、安価なLR43でも使用可能だそうです。

    ちなみにアンプ使用のカメラの電池アダプターは無変換型で良いようですが
    メーター式は変換型でないといけません。
    変換型は使用電池がSR43のみとなりますので高くつきます。

    関東カメラサービスさんはもちろん、大きなカメラ店なら入手可能です。

    • 情報ありがとうございます。
      関東カメラサービスさんは古いカメラの修理では有名な会社ですよね。今後調べてみることにします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中