寒い夜の心強い味方(トヨトミストーブ・レインボー)

New!(2015.12.12):10年使ったレインボーの芯を交換してみました。交換風景はこちらより。

レインボーストーブの芯取り外し2

New!(2015.10.27):2015年の限定モデルとして、対流型ダブルクリーンモデルKR-47Aが登場しました。反射型モデルの燃焼ユニットと同じ遠赤外線効果が得られる火筒も付いた2段燃焼型ヒーター部。レインボーだと明らかに力不足の暖房能力も大幅にパワーアップした17畳対応の高出力モデルです(レインボーの2.5kWに対して4.7kW)。一般家庭用としては珍しい、大きな対流型ストーブ。虹色の炎はありませんが、広いリビングやちょっとした作業場にピッタリのモデルになりそうです。今なら抽選で専用収納バッグのプレゼントもあるようです。スペシャルサイトはこちらより

New!(2014.11.27):レインボーの素敵な(純正?)カスタムモデルのご紹介を追加しました。

New!(2014.10.8):2014年の新モデル「クラッシックスタイル」と、オンラインショッピングサイトでの補修部品販売開始について追記しました。

八ヶ岳おろしの強風が吹く寒い夜。

室温すら氷点下まで下がり、お風呂や時にはトイレまで凍り付くこの寒冷地において、厳冬期の就寝時にはストーブが欠かせません。

標高が1000mを超える別荘地帯に居住している皆さんですと、据え付け式の石油ストーブ(FF式)に屋外の石油タンクが常識です。

<ひとくちメモ(2013.9.14追記)>

FF式は外部排気なのでまだよいのですが、一般のお店で売っている石油ファンヒーターを別荘地など標高の高い場所で使用する場合、必ず使用可能標高と燃焼調整の方法を確認しましょう。平地のお店ですと、店員の方も結構ご存じないようですが、石油ファンヒーターは、大量の空気をファンで吸い込んで燃焼させるので空気密度が低い場所で使用すると燃焼不良となり、最悪の場合一酸化炭素中毒に繋がるときもあります。各メーカー、モデルで適用標高範囲が決まっていますので、お買い求めの際は必ず確認してください。一部の機種では高地調整モードが用意されていますので、調整モードのある機種を選びましょう(別荘地に近い電気店やホームセンターであれば、各商品と一緒に適用標高範囲の掲示が出ています)

    • トヨトミ : 800m~1300mが高地指定です。八ヶ岳周辺の場合、長坂町より北側全域、諏訪湖畔より山側全域でモードの切り替えが必要です
    • コロナ :  500m~1500mが高地指定です(2段階切り替え)。八ヶ岳周辺の場合、北杜市全域および以北、長野県側は全域でモードの切り替えが必要です(メーカーの記載例:500~1000m:松本、岡谷、飯田、諏訪、小諸、伊那、佐久、大町、茅野、塩尻、駒ケ根など…、要は中南信は何処でも。1000~1500m:木曽町、川上村、原村、南牧村など)
    • ダイニチ : 高地切替モードがありません。メーカーの指定使用範囲は標高1000m以下です。小淵沢ICと高根方面を結ぶレインボーラインより北側、小淵沢ICから諏訪南ICにかけての中央道より八ヶ岳側、諏訪南ICからビーナスラインの旧芹ヶ沢ICを結ぶ県道より八ヶ岳側では使用不可です。購入の際は十分ご注意を
    • サンポッド(FF式) : 400m~1200mが高地指定。施工工事が必要なFF式のため、設定の切り替えは工事施工者が行う前提になっています
    • 高地での利用はコロナが最も適用範囲が広いですが、それでも1500mが上限です。富士見高原別荘地の一部、三井の森最奥部、蓼科高原、白樺湖周辺、白樺高原、八千穂高原、海ノ口別荘地の奥側、清里高原の美しの森では、原則として石油ファンヒーターは使用なさらない方が良い事になります(追記:FF式は強制換気のため一酸化炭素中毒にはなりにくいですが、空気不足による不完全燃焼は発生しますので使用範囲(最高でも1500m)は変わりません)

湯沸かし器もプロパンガスが非常に高価なため、地上に住んでいると余り見かけない灯油を燃料とするタイプを多く見かけます。

この時期になると燃料となる灯油を調達するため、週末のホームセンターやガソリンスタンドには荷台に大量の灯油ポリタンクを載せた軽トラが群れを為して押し寄せるのが風物詩だったりします。

私が住んでいる場所はそこまでの必要はありませんが、やはり毎週のように石油ストーブのために灯油を買いに行くこと自体は変わりありません。

ところで、石油ストーブには色々なタイプがありますが、ファンヒーターの騒音が苦手なため、昔ながらの対流式ストーブを愛用しています。

トヨトミrainbow

昔ながらといっても現在でも購入できる「トヨトミ・レインボーRB-25」です。

このストーブ、最大の特徴は「七色に輝く炎」でしょうか。

実際には七色とはいかないのですが、火筒のガラスに特殊なコーティング(マイラらしい)を施すことによって虹のような火炎を映し出すちょっとおしゃれなストーブで、一度廃品になったそうですが、余りの人気のため再販されたという逸話がある一品です。

rainbow flaim

実際の「虹色の火炎」大分使い込んで芯のバランスが崩れているので火炎もちょっと傾いています。

このトヨトミ・レインボー、実はストーブとしての機能は通常の石油ストーブよりかなり劣っています

  • ガラス炎筒のため、所謂「遠赤外線」効果が全く得られず、ストーブ側面は冷え冷えしています
  • デザイン優先のため天板が小さく、鍋や薬缶などを載せるにはバランスが悪いです
  • 対流式ストーブは反射式と比べると圧倒的に暖房効率が悪く、ひたすら「天井を暖める」ためいつまでたっても足下は暖かくなりません(致命的)

<向いている使用環境について(追記:2014.1.7)>

ご質問がありましたので、あくまでも個人的な見解として述べさせて頂きます。

単独の暖房器具としては最低気温が氷点下に届くか届かないか程度までの地域で、比較的狭い部屋(メーカーの推奨は~10畳です)、なおかつ上昇熱による暖房効果の得やすい、椅子もしくはソファーを利用されているお部屋全体を暖める暖房に向いています。同じ対流式でもデロンギなどのオイルクーラーに比べれば直接熱が得られますので随分暖かいと思いますが、反射式ストーブのように側面方向には熱が伝わらないので、座布団にコタツ暮らしの方には不適です(後から反射板を買っても余り…)。また暖まるまで時間がかかりますので、即温性を求められる方はカーボンヒーターのストーブと併用すると良いかと思います(私は極寒地なので常時併用ですが、平地であれば30分から1時間程度カーボンヒータで凌げばバトンタッチできるかと)。

それでも冬の長くて寒い夜、この美しい炎を眺めながら暖を取ることは心安まる時間でもあります。

直接暖まらないという対流式の欠点も、終日暖房が欠かせない寒冷地では逆に火照ってこないため、快適に過ごせるというメリットもあります(薬缶を載せれば加湿器にも)

そして、最大のポイントは「電気いらずで色々なことに使える」事です。

石油ファンヒーターの場合、灯油のほかに着火やファンを駆動する為に電源が必要ですが、対流式や反射式ストーブではその必要はありません(電池着火の場合でもマッチやライターがあれば着火可能です)。

石油ストーブの有り難みを骨身に感じたのは東日本大震災の夜でした。

首都圏の多くの地域では大震災の夜も電力が供給されていたと思いますが、東京電力の供給エリアでは最末端に位置するこちらでは明朝6時頃まで停電が続きました。

その日の夕方、出先から戻ってみたら、電気は止まり、付近のコンビニは既に品物が欠乏、ガソリンスタンドも閉店といった状況でした。

咄嗟に県内で何らかの買い物をするのは困難と判断、残燃料の乏しい車を駆って慌てて県境を越えて、食料、ガソリンと灯油、乾電池を買い込んで自宅に戻りました。

降雪直後で冷え込んできたあの晩を支えてくれたのは、灯油さえあれば動いてくれたレインボーでした。

ノイズまみれのAMラジオにかじりつく自分の橫で、暖房として、照明(結構明るい)として、そして湯沸かし(鍋物くらいなら簡単にこなせます)として一晩中活躍してくれました。

普段はちょっと頼りないけれどほっとする時間を演出してくれて、いざというときには心強い味方になってくれる、大切な冬のパートナーです。

<おまけのはなし(2013.9.14追記)>

東日本大震災以降、着火にも燃焼にも電源が必要ない石油ストーブは静かなブームを迎えたようです。

例年、こつこつと仕様変更を行っているトヨトミの石油ストーブですが、この冬シーズンは過去に例がないほどラインナップを充実させています。

  • 2010年モデルを最後にカタログ落ちしていた「レインボー」の姉妹機で、ガラス炎筒の部分がすりガラスとなって遠赤外線を発するように処理された「ムーンライター」ことML-25がカラーもシックにマルーンに模様替えしたMR-25Dにバージョンアップ。ステンレス製の保護ガードも併せて黒色となり、アンティークな調度にもお似合いのカラーとなりました。すりガラスの炎筒部分にも火炎が覗けるように抜きが入れられ、揺らめく炎が楽しめるようになりました(中が覗けることは、着火確認が非常に楽になるのです)
  • 「レインボー」RB-25Dにも驚きの新カラー「ピンク」が登場、他のトヨトミ暖房器具も含めた限定カラーとして展開するようです。部屋のコーディネイトには到底不釣り合わなくらいの「ちょっと恥ずかしい」ピンク色ですが、お気に召す方には是非
  • そして、待望久しかった天板に調理器具がちゃんと乗せられるように考慮された改良版「RL-25C」が新たに登場、ちょっとした湯沸しや鍋物、煮物に丁度いい具合にステンレスグリルが天板に追加されています。そしてランタン調反射板と呼んでいますが、煮こぼし時のガラスへの飛沫を防ぐ効果が得られる帽子も天板にかぶせられました。これで安心して調理にも使えますし、(推奨はされていませんが)屋外利用における照明器具としての「レインボー」の魅力もupです。カラーはアウトドア用途に合わせたダークグリーン。デザインのシンプルさは失われてしまいますが、実用性は大幅に向上、災害への備えとしても心強い1台ですね
  • New!(2014.10.8):レインボーはガラス炎筒のために側面に対して遠赤外線効果が得られないという暖房機としての大きな弱点がありましたが(そのために、以前はムーンライターというすりガラス炎筒に遠赤外線効果を与えたモデルがありましたが、こちらは虹色の炎が楽しめないという歯がゆさがありました)、その両立を図った新たなモデルCL-25E(スペシャルサイトはこちら)が登場。クラッシックスタイルという名称と、濃紺の塗装に黄色の文字色。ステンドグラスをモチーフにした天板と唐草模様からヒントを得たという非常に凝ったガードデザインを備えた、室内用レインボーとしては決定版的モデルになりました(天板の縁にエッジが付いて、薬缶や鍋を載せた時にがたつかないように改良されている点は、地味ながらも重要な改良点です。こういう地道な改良を怠らないメーカーの姿勢はとても好感が持てますね)。メーカーは和室にも似合うと書いていますが、どちらかというとアンティークの似合う洋間向けですね。
  • New!(2014.10.8):9/1からトヨトミのオンラインショッピングサイト「TOYOTOMI home+」がオープンしました。替え芯や補修部品など、一般のお店では入手が難しい部品も取り扱っていますが、何といっても注目は「炎筒」が買える事です(驚!)。RB-2x系は外径148mm、高さ180mmですので、同一サイズであれば、お好みの「炎筒」に取り替えるといったカスタマイズも可能ですよ!
  • WP_20131012_22_34_13_Proホームセンターの店頭で入手したレインボーのニューモデル2機種のカタログより
  • New!(2014.11.27)twitterで相互フォローして頂いている薪ストーブの代理店「ファイヤーサイド」さんのツイートで、素敵なカスタムレインボーが紹介されていましたので転載させて頂きます。トヨトミの関連会社であるトヨセットで業務用家具をお買いになると入手できるかも??

広告

寒い夜の心強い味方(トヨトミストーブ・レインボー)」への5件のフィードバック

  1. 初めまして。我家の一階は、20畳のフローリングのリビングとキッチンなのですが、ランタン型ストーブで対応できますか。どんなもんでしょうか?

    • はじめまして、コメントありがとうございます。
      ご質問の件ですが、カタログにありますように、10畳以下での利用しか想定していませんので、ご質問の部屋には
      全く以て役不足かと思います。
      メインの暖房器具をご用意いただいた上で、スポット的にお使いいただくのが良いかと思います。

  2. はじめまして。トヨトミストーブの美しさに魅了され、どの機種が良いのか迷っていた所に、コチラを知り大変参考にさせて頂きました。
    ホヤ?のスリガラスには遠赤外線を発する効果があると初めて知りましたし、
    ランタン型の傘の意味にも納得致しました・・様々な要素を考慮しレトロなmr-25dを購入。
    レトロな赤が、昔のコールマンのランタンを連想させるんですよね。
    珈琲ケトルを乗せて、いつまでも長く愛用したいと思います。ありがとうございました。

    • はじめまして。ご覧いただきありがとうございます。
      珈琲ケルト、凄く似合いそうですね。
      今時の家電製品と違って電子部品とか殆ど無い(着火ヒーターだけ)ので、丁寧に扱えば消耗品の交換だけで長くお使いいただけるのではないかと思います。

  3. ピンバック: ブログ開設1周年の記録 | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中