ちょっと俯瞰で八ヶ岳を(西端から眺める)

気持ちよく晴れ渡った連休の八ヶ岳南麓。

八ヶ岳の足元に住んでいるとちょっと判りづらい、八ヶ岳の全景を捉えるために西側に寄せて車を走らせる。

実験撮影雪の落葉松林

釜無川沿いの山肌を富士見町机より。ちょっと落葉松と雪のコントラストが面白かったので撮影【クリックでフルサイズ】。

道路の雪はほとんど無くなっているけれど、ちょっと外れるとこの通り。

真澄富士見蔵前から八ヶ岳

釜無川は富士見町市街に入る前に南アルプスの方へ流れを変えていく。

一旦、川の途切れた八ヶ岳の西側に対峙するのは入笠山。

その入笠山麓には諏訪の銘醸「真澄」が構えるもう一つの醸造蔵である「富士見蔵」があり、夏向けの生冷酒などを醸している。

富士見蔵の眼前には一面に八ヶ岳のパノラマが広がる【クリックでフルサイズ】。

比較的雪の少ない山梨よりの右側(南側)から北に向かって雪が増えていくのがよく判ります。

この入笠山辺りだと、正面から捉えられるのは南八ヶ岳までです。

それでは、もっと全体を捉えるために標高を稼いでいきます。

杖突峠から南八ヶ岳

茅野から国道を一気に駆け上ると、諏訪と伊那を分ける峠、杖突峠に到着します【クリックでフルサイズ】。

ここからですと、八ヶ岳の全貌が見渡せるのですが、如何せん大きな山です(連峰ですね)ので、手持ちの機材では全景をカメラに収めることはできません。

と、いう訳で分割してご紹介します。

まずは、南側の山々。

左端が蓼科山、右へ向かって北横岳を経て一度標高が低くなる部分が、諏訪と佐久を結ぶ麦草峠、そこから標高を徐々に上げていき天狗岳を経て、硫黄岳、横岳と続いてピークが主峰、八ヶ岳です。

ピークから一旦標高を落とすと、権現岳、そして画面右端の丸い山が編笠山です。

編笠山から一気に画面右端の観音平へ下っていきます。

八ヶ岳の西麓には広大な裾野が広がり、縄文時代には温暖な一大文化圏だったと云われています。

現在の広く、広く伸びていく雪原を見ていると、温暖だったとはちょっとイメージできないですよね。

杖突峠から蓼科山

ぽっこりと丸まった蓼科山と北横岳です。蓼科山の事を「諏訪富士」と呼ぶ方もいらっしゃいますが、ちょっと富士山とは違いますよね【クリックでフルサイズ】。

杖突峠から諏訪湖方向

そして北側。右側から車山、そして平らに広がる霧ヶ峰。中央奥に見えるのは美ヶ原でしょうか?【クリックでフルサイズ】

左時端にぽつんと雪を戴くのは鉢伏山です。

足元には諏訪湖が広がりますが、結氷しているのは湖畔の半分程度、中央部はご覧の通りで既に溶けてしまっていますね。

そろそろ厳冬期も終わり、今日も暖かく、上着なしでの撮影でした。

この後、杖突峠を越えて伊那に入りますが、また別のページで。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中