Blackberry購入一周年(twitterも一周年)

一年前の今日、これまでの電子小物遍歴で初めてBlackberryを手に入れた日です。

それまで使っていたNokia E71からスイッチした時、綺麗な液晶と、いきなり全部が日本語になっている(ジャパエモ様ありがとうございます)事に感動する一方、更なるキーボードの小ささに戸惑い「果たして使い続けられるのだろうか」との疑問が先行していたような気がします。

それから一年、常に手放せないほど愛用し続けている自分が居ます。

此処まで手放せなくなった最大のポイントはこれまで決して使う事のなかったSNS(twitter)を始めた事でしょうか。

Nokia E71の時は端末自体のパフォーマンスも不十分でなおかつ、SIMカード自体が所謂「パケ死に」仕様状態だったために、パケット垂れ流しになるSNSなぞは手が出なかった訳ですが、Blackberryではとりあえず回避する手段が講じられたため、絶対マッチする筈と思い切って始めてみたわけです

始めてみて早々に分かったのですが、ちょっとしたコメントを入力するtwitterとキャンデイバータイプのフルキーボード端末は最高の相性で、何時でも何処でもちょっとした心象を留めて置く事が出来るこの組み合わせにすっかり嵌りこんでしまい、この一年間没頭し続けていました(挙句の果てにはこのようにブログまで…)。

最新の端末という訳でもなく、就中、Blackberry日本撤退、OS10モデルの日本語対応はかなり厳しいなどというニュースが流れる中で使い続けるのは決して気分の良い話ではないですが「好きな端末を使いたい」という想いは何時の時代も変わりません。多少不便でも、やっぱり気に入ったものを使いたいですよね。

そんな気に入った(もしくはやむを得ず)購入し続けた散財遍歴を眺めつつ、Blackberry購入1周年に浸っている今日です。

Blackberry9790と散財の仲間たち

手元に残っていた端末達と現在のメイン端末、Blackberry9790を。

上段左より

  • Handspring Treo90(best of PDA)
  • au Talby(キャンディバー携帯の白眉。CDMA One終了により使用不可に)
  • Docomo P-07B(契約維持用、全然使う気にならない端末その1)
  • Softbank 822P(契約維持用、全然使う気にならない端末その2。Softbankは止めたので今は空っぽ)
  • Docomo N2001(とある事情によりサービス開始時から持っている『すぐに抹殺された最初のFOMA』)

下段左より

  • Nokia E61(キャリアに依存しない『端末メーカーが正規販売したSIMフリー端末』)
  • Blackberry9790(現在のメイン端末、ベストバランスBlackberry)
  • Nokia E71(現在でもベストの前面フルキーボード付キャンディバータイプスマートフォン)

そして通信専用端末達、上から

  • URoad-SS10(現状、上限を気にせずに使える数少ないモバイル通信端末。現在のメイン)
  • AH-S405C(128kつなぎ放題でPCMCIA Type-1のPHS通信カード2005~2007年までのメイン)
  • CFE-02(32kつなぎ放題初のPHS通信カードのひとつ、i-PAQでも使っていた2002~2005年までのメイン)
  • au W05K(CDMA1x初の使い放題通信カード2007~2012年までのメイン)

平均1台/年以上のペースなので、明らかに買い過ぎなのだが、さて、そろそろ次の散財アイテムを探そうかな…(kindle買ったばっかりだろうに)

広告

Blackberry購入一周年(twitterも一周年)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: さよならNokiaそして、こんにちはLumia1020 | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中