CooRie 10th Anniversary BEST ALBUM ‘Brilliant’

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

と、いう訳でようやく入手できたCooRie 10周年記念アルバム「Brilliant」(光り輝く、燦々と輝くの意、ダイヤモンドのカットの名称でも有名ですね)を聴いています。

10年前というと、2003年なのですが、オープニングの「大切な願い」を聴きながら、あれっマスタリング変わったかな、音圧も低くてもっと心もとないサウンドだったよな…など考えながら聴いていたのですが10年もたっているのです、この間のマスタリング技術の進展は凄まじくもはや別フォーマットに近い状態で再度マスタリング(データが付いてないので絶対とは言えませんが聴く限りでは)、プレスされているのであれば当然かもしれません。

そういう意味でもベストアルバムに感謝!な訳ですが、改めて聞くと本当にバリエーション豊富なサウンドを送り出してきたのだな、と感心してしまいます。「アニソン」と謂われるジャンル故に劇伴にも近いジャンルの幅広さが求められるのは当然とは思いますが、これだけ大量に、しかもバリエーション豊かに展開を続けるのは本当に大変な事じゃないかなと思います(ご本人はラジオのトークで「弦楽も!」と更に欲張っていらっしゃるようですので、何処まで広がるのか…)。

【追記 2013.5.9】ジャケットイラストを描かれた宮原葉月さんの制作メモがこちらのページに掲載されています。制作の経緯、歌詞カードの各ページのイラスト説明やrinoさんの印象なども。やはりrinoさんはその楽曲そのままに「凛として芯の強い人」なのですね。

【追記2013.9.20】デビュー10周年に嬉しいニュースがもう一つ。12月18日にセルフカバーアルバム「melodium」がリリースされることが発表されました。発表されている収録曲は以下の通りです。提供楽曲のレコーディングの話題で度々お話にでてくるデモテープではなく「シンガーソングライター」の本気なボーカルを是非期待したいですね。

1. DreamRiser(ChouCho)
2. Super Noisy Nova(スフィア)
3. いじわるな恋(伊藤かな恵)
4. 残酷な願いの中で(植田佳奈、小清水亜美)
5. ナミダで咲く花(鶴来民子(CV:小見川千明))
6. 宿題(中原麻衣)
7. 陽だまりドライブ(朝倉由夢(CV:堀江由衣))
8. 心の窓辺にて(双葉アオイ(CV:花澤香菜))
9. 君と愛になる(織田かおり)
10. Brand-new Season(桃井さつき(CV:折笠富美子))
11. 透明な羽根で(石動乃絵(CV:高垣彩陽))
12. PIANOTE(飛蘭)

各曲に関してはWeb上にご本人によるライナーノーツがありますので、そちらをご覧いただければと思いますが、曲目リストと個人的に好きな楽曲を

<Disk1>

「秋やすみ」から「トレモロ」、「旋律のフレア」にかけての初期の楽曲から選ばれています。皆さんがCooRieと出会われたのはどの楽曲でしょうか。

随分シンプルに聞こえる楽曲が多いと感じられますが、まさにrinoさんのシンガーソングライターとしての軌跡そのものなのかもしれません。

14曲目が所謂「ボーナストラック」でしょうか。最近の楽曲と比べると随分雰囲気が違って聞こえますが、優しいボーカルはこの頃から変わらない魅力ですね。

01.大切な願い

1stシングル : アルバム「秋やすみ」に収録

02.流れ星☆

2ndシングル : アルバム「秋やすみ」に収録

03.Dream~the ally of~

yozuca* 「ダ・カーポ~第2ボタンの誓い~」カップリング : アルバム初収録

04.存在

次の「未来へのMelody」のセットともいえるバラード。タイアップの番組自体がちょっと変則的な編集だった関係でエンディングでじっくりと聴いていた訳ではない筈なのですが、アルバムで聴くととても切なく、そして芯の強さ窺わせる楽曲である事が判ります。

コンピレーションアルバム「dolce」より : アルバム「秋やすみ」に収録

05.未来へのMelody

最初にCooRieの事が気になりだした曲。エンディングの映像とのマッチがとても印象的でした。

3rdシングル(yozuca* 「サクラサクミライコイユメ」カップリング) : アルバム「秋やすみ」に収録

06.センチメンタル

5thシングル : アルバム「秋やすみ」に収録

07.いろは

ご本人が一番好きな曲と推されている一曲。自分には同じアルバムに収録される大好きな一曲でもある「心編み」とどうしても被ってしまうんですよね。こちらも切なさと芯の強さを感じさせる一曲。

9thシングル : アルバム「トレモロ」に収録

08.あなたと言う時間

4thシングル : アルバム「秋やすみ」に収録

09.旋律のフレア

オリジナル曲 : アルバム「旋律のフレア」タイトルチューン

10.君DK

オリジナル曲 : アルバム「旋律のフレア」より

11.ウソツキ

コンピレーションアルバム「School Days Ending Theme+」より : アルバム「旋律のフレア」に収録

12.Spring has come

yozuca* 「ダ・カーポII 〜あさきゆめみし君と〜」カップリング : アルバム「旋律のフレア」に収録

13.優しさは雨のように

CooRieの楽曲で一番好きな曲。こちらもエンディングテーマとして用いられたのですが、スタイリッシュな映像(モノクロームにワンポイントのカラー)とrinoさんの切ないボーカルのマッチングが見事にシンクロをしていたと思います。楽曲自体もこれまでのCooRieのちょっと内証的なサウンドからもっと広がりを持った(編曲の大久保薫さんの影響でしょうか)抜けるような感じを持った一曲になっていると思います。

11thシングル : アルバム「旋律のフレア」に収録

14.君が望む永遠

アルバム初収録

<Disk2>

「旋律のフレア」から最新の「Heavenly Days」をメインとしたセレクションですね。Disk1と比べると華やかさを感じされる楽曲が増えていきます。何となくなのですが、Disk1の楽曲にあった切迫感にも似た切なさよりも、それを乗り越えた先の世界を謳い始めた感じがするのがDisk2の楽曲でしょうか。

こちらも14曲目はアルバム未収録のボーナス的な一曲ですね。毎年、他のアーティストさんへの提供を含めてもの凄い量の楽曲を送り出し続けていますが、ご本人のオリジナルアルバムはしばらくお預け状況でしょうか。

01.クロス*ハート

10thシングル : アルバム「旋律のフレア」に収録

02.光のシルエット

NHKで放映された作品のオープニングに採用された一曲です。聴かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。何と言ってもサビの部分がポイントでしょうね。元気の良い一曲です。

6thシングル : アルバム「トレモロ」に収録

03.暁に咲く詩

7thシングル : アルバム「トレモロ」に収録

04. 僕たちの行方

「アニソンで」とか、「エンディングテーマで」とかという先入観を取っ払って聴いて欲しい一曲。これだけのボリュームのある楽曲を楽しめることに感謝しながら。アニメをご覧になっていた方は、セットとなる次の曲の「雨上がり君のもとへ」の方がより印象深いでしょうか。

12thシングル : アルバム「Imagination Market」に収録

05.雨上がり君のもとへ

コンピレーションアルバム「dolce3」より : アルバム「Imagination Market」に収録

06.パルトネール

13thシングル(唯一のオリジナルシングル) : アルバム「Imagination Market」に収録

07.星屑のサラウンド

15thシングル : アルバム「Heavenly Days」に収録

08.Thank you for the Music

オリジナル曲 : アルバム「Imagination Market」より

09.IF:この世界で

14thシングル : アルバム「Imagination Market」に収録

10.夢想庭園

久しぶりに「優しいCooRie」の一曲。包み込むようなメロディが心地よいですね。この楽曲を最後にご自身のタイトルによるシングルがなくなってしまいます。そういう意味ではアーティスト・ボーカリストとしてのCooRieの到達点だったのかもしれません(シンガーソングライターとしては別ですよね)。その後2年以上アーティスト活動が停滞、「アニソン歌手は終わったのか」みたいな記事が一般紙にまで載せられる時代を迎えた昨今ですが、さて。

17thシングル(本人名義最後のタイトル) : アルバム「Heavenly Days」に収録

11.Heavenly Days

アルバム「Heavenly Days」タイトルチューン

12.水性メロディ

コンピレーションアルバム「湯乃鷺リレイションズ」より : アルバム初収録

13.All is Love for you

yozuca* 「ダ・カーポIII 〜キミにささげる あいのマホウ〜」カップリング : アルバム初収録

14.秘密

アルバム初収録

<番外編 rino~selection~>

プライベートセレクションだけあって、アンケート結果による皆さんがお好きな、もしくは印象深い楽曲たちとはちょっと違うアルバムオリジナル曲を中心とした「裏メニュー」的な楽曲が集められていますね。ボーカリストとしてのrinoさんらしい楽曲かなと想いながら聴いています(始めてiTuneで楽曲買ったですよ。非圧縮HDD録音orMP3 only派なのにAAC…)。

01.戻らない日々

5thシングル「センチメンタル」カップリング

02.小さな手紙

今のCooRieの楽曲ではなかなか出てこないであろう「素朴」な一曲。次の「えんぴつ」もそうなのですが、このくらいシンプルな曲だとメロディラインを追いながらじっくり聴けたりするので車の中(じっくり聴いてはいけません)で「秋やすみ」を聴くのはなかなか心地よかったりするのです。

オリジナル曲 : アルバム「秋やすみ」より

03.秋やすみ

オリジナル曲 : アルバム「秋やすみ」タイトルチューン

04.えんぴつ

オリジナル曲 : アルバム「秋やすみ」より

05.バスタブルース

オリジナル曲 : アルバム「トレモロ」より

06.いたずらな雨

オリジナル曲 : アルバム「トレモロ」より

07.心編み

今でも苦しくなった時に聴く一曲。このアルバム「トレモロ」が出た頃、南麓に移って丁度一年、仕事がようやく形に嵌るようになってきた自分を励ますように車の中で何度も聴いていたのを思い出します。まだ「決めたんだ この場所で夢を奏でるよ」と強く唱えられないのですが、何時かは誰にも憚らずそう唱えられるようになりたいとの想いを持ち続けながこの曲を聴いている自分を叱咤し続けています。

オリジナル曲 : アルバム「トレモロ」より

08.小さな傘(新録)

提供楽曲のカバー

09.想い

オリジナル曲 : アルバム「旋律のフレア」より

10.ALIVE

日曜日の午後に聴きたい一曲。ちょっと懐かしさを振り返りながら、今の自分を見つめて(元住吉に住んでいた頃をイメージしているようですが、実はすぐ近くの生まれで、同じ時期に隣の日吉にあった職場でずっと缶詰生活を続けていたので妙に惹かれてしまいます)。

オリジナル曲 : アルバム「Imagination Market」より

11.音速タイムマシンに乗って

オリジナル曲 : アルバム「Heavenly Days」より

12.Like A Music

オリジナル作品 : アルバム「Heavenly Days」より

14.優しいさよなら

今回初収録

15.一つの未来

シンプルな楽曲の方がCooRieさんのメッセージが届きやすいのではないかと思えてくる一曲。今となってはミックスも素朴ですが、最初に聴いたときに「はっ」と思わせるところがある一曲です。

今回初収録

13.僕らのセカイ(新録)

今のCooRieサウンド方向性を魅せる一曲。劇場版のテーマ曲に相応しく、非常に丁寧に奏でられるバラード。パルトネールを聴いた後だと特に感じるのですが、サウンドの方向性が徐々に再びシンプルな方向、メッセージ性が強い方向に戻りつつあるんじゃないのかなと思わせる一曲。同じバラードでもHeavenly Daysより肩の力の抜けた感じがとても好印象な一曲です

言いたい放題書いてみましたが、これからも素敵な楽曲を届けてくれること待ちわびながら、そしてアニソンという分野で思いっきり手を伸ばして、更に世界を広げてくれるであろう事を期待して。

関連リンク : CooRie10周年(大好きなアーティストの作品への想い)

広告

CooRie 10th Anniversary BEST ALBUM ‘Brilliant’」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: CooRie 10th Anniversary self cover album「melodium」クリエーターrinoとアーティストCooRieの交差点 | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

  2. ピンバック: ブログ開設1周年の記録 | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中