まだ春早い八ヶ岳山麓の風景

>御射鹿池の四季の彩りはこちらにて。

八ヶ岳山麓と言っても南は韮崎の七里岩の麓から、北は佐久や長門まで、もの凄く広いエリアを表しています。

既に山麓はすっかり春の装いを通り越して初夏の趣を見せていますが、更に標高の高い場所ではまだまだ春が始まったばかりです。そんな八ヶ岳の風景を今日はご紹介します。

まだ春早い御射鹿池

まずは、私のベースでもある奥蓼科、御射鹿池の今の風景を【クリックでフルサイズ】

まだまだ春が始まったばかり、落葉松の若芽もこれからといったところです。それでも観光客の皆様は思い思いに楽しんでいらっしゃるようです。

春早いおしどり隠しの滝

御射鹿池からほんの少し下ったところにある「明治温泉」の裏庭に広がる「おしどり隠しの滝」【クリックでフルサイズ】

まだまだ新緑には早いのですが、鮮烈な滝の流れを眺めるのは気持ちの良いものです。明治温泉の敷地内ですが、御射鹿池からでも横谷峡からでも自由に入ることが出来ます(明治温泉の駐車場は宿泊、日帰り入浴のお客さん専用ですので、見学だけの方は御射鹿池周辺の駐車スペースに停めましょう)。

緑に光る流れを

周囲の木々はまだこれから春を迎えるといったところですが、ミズゴケたちはもう春満開、水中で美しい緑を魅せてくれます【クリックでフルサイズ】

滝壺の水流を

コバルトブルーに染まる滝壺に落ちる水。滝を流れ落ちる水の音と透き通る水の色にしばし心を奪われます【クリックでフルサイズ】

某CMのおかげで、もの凄く有名になってしまった御射鹿池から徒歩で僅か数分の場所にも関わらず、とっても静かなおしどり隠しの滝なのですが、この静かさをちょっぴり独り占めしたくなる素敵な場所です。

女神湖遠景

そして、観光客がわんさと訪れる蓼科山の麓に広がる女神湖(駐車スペースに困るとは思いもよりませんでした…)。そんな、八ヶ岳近辺でも指折りの観光スポットにもちょっとした穴場があります。

大河原峠に向かう旧林道夢の平線の入り口近く、蓼科山登山や御泉水公園帰りの皆さんが風景の良さに車を止めるスポットのすぐ上に実は「夢の平展望園地」と呼ばれる小さな展望公園があったりします。

此処は女神湖と車山が一望できる素晴らしい展望スポットなのですが、何故か皆さん気が付かれずに通過してしまうようですね(駐車場まであるのに)【クリックでフルサイズ】

ここは秋になると、一面の落葉松林に囲まれた女神湖の風景を楽しむのに絶好の場所となります。

落葉松林と女神湖

標高1500mを越える女神湖。まだ、新緑には早いようで白樺達も冬の装いのまま、もう少し暖かくなるのを待っているかのようです【クリックでフルサイズ】

新芽を待つ白樺林

八ヶ岳をぐるっと廻って、最後に野辺山の東に位置する川上村へ。

ここも観光地である野辺山や清里に隣接しているにも関わらず、観光客はほとんど居ません。今はせっせと高原レタスの畑の準備に忙しい時期を迎えています。

そんな川上村のランドマークである川上大橋から夕暮れに沈む八ヶ岳を【クリックでフルサイズ】

夕日の八ヶ岳逆光

東に目を向けると、深い谷底から湧き上がる冷たい風が天狗山越しに巻雲を生み出しているようです【クリックでフルサイズ】

巻雲と天狗山

八ヶ岳の周りには有名な観光地からちょっと離れた場所にも素敵な風景が隠れています。

5月から6月にかけて、新緑に装う八ヶ岳の風景をいつもと違う場所で楽しんでみてはいかがでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中