今月の読本「姨捨の棚田ガイドブック」(千曲市文化財センター編 ほおずき書籍)こんな散策総合ガイドが欲しかった

今月の読本「姨捨の棚田ガイドブック」(千曲市文化財センター編 ほおずき書籍)こんな散策総合ガイドが欲しかった

長野県は教育立県とも呼ばれ、地方にも拘らず古くから出版業が盛んな事でも知られていますが(ぎょうせいの本店も長野ですね)、一般書籍として現在まで刊行を続けている出版社は決して多くはありません。

そんな中でも、以前このページでも紹介した『信州パノラマガイド絵図』を出されている信濃毎日新聞社は積極的な出版活動を続けていますが、それに続く出版社が今回紹介する版元のほおずき書籍です。

中堅出版社並みの編集能力を有する信濃毎日新聞社の刊行物と比較すると、編集レベルも装丁も一段劣るのはやむを得ないことかもしれませんが、個性的なテーマに挑戦している点では何ら劣るわけではなく、むしろ教育関係や市民レベルの研究をテーマにした出版物など、自主編集主義の信濃毎日新聞社が扱わないような持ち込み企画などを積極的に取り扱う出版社です。

今回ご紹介するのも、そんな持ち込み企画であろう一冊です。

姨捨の棚田1千曲市文化財センターが編集する『姨捨の棚田ガイドブック』です。

編者から察すると容易に判る事ですが千曲市の刊行物という扱いなのでしょうか、グラビア装丁のオールカラー100ページで何と驚愕の500円しかしないのです。

この出版不況のもと、多くの出版社さんが値上げを我慢して色々とコストを下げる装丁に苦労されている中で、千曲市の補助があったと思われますがこれほどの装丁品質でこの価格は正直「卑怯」かもしれませんね。

そんな一般書籍と争わせるのは少々厳しい(そもそも長野県外での入手は極めて困難…かと思いきやAmazonでも購入可能)な今回の一冊ですが、内容の完成度の高さは価格以上に驚異的です。

よく、この手のページ数の少ないガイドブックでは観光客向けのガイドに特化するか、はたまた研究者向けの紀要みたいな一般人が読んでもあまり理解しがたい学研的な内容に終始するかのいずれかなのですが、本書はどちらにも当てはまらず「棚田の総合ガイド」という体裁を取っているのです。

姨捨の棚田2もちろん、研究機関である文化財センターが編纂しているため、こちらのような棚田の変遷を記録した航空写真など貴重な資料もカラーでふんだんに掲載されています。

姨捨の棚田3このように、棚田の歴史的な変遷と地籍の変化など考古学的記載にも意を尽くしています。

特に棚田への利水、水源地としての大池の解説には非常に力を入れており、棚田を成立させる周辺への目配りの良さは流石に研究機関の編纂物です。

一般的な棚田の入門資料としても優れていますし、水田や稲作にまつわるテーマにも触れられているので、里山一般の資料としても活用できます。

姥捨の棚田5

ここまではどちらかというと学術的な記述が続くのですが、さすがは古くから名勝として名を馳せた姨捨の棚田です。

姨捨の棚田4こちらのような文学で扱われる「田毎の月」に関しても、その由来から名称となった場所の歴史的変遷、謙信や真田など歴史的人物による手記の紹介、更には芭蕉やその他の歌人が詠んだ歌碑の紹介(こちらもオールカラー)までと、地理学だけではなく歴史、文学に渡って名勝姨捨の棚田をくまなく紹介しています。

姥捨の棚田6そして、ガイドブックですから散策ガイドもちゃんとついています。

姥捨の棚田4これほどまでに豊富な内容と、解説が備わったガイドブックはそう簡単に見かけるものではありません。どうぞ、お手に取って今年の仲秋は姨捨の田毎の月を楽しんでみては如何でしょうか。

ただし、懸念点として発行部数が極めて僅かな750700部(信濃毎日新聞6/19記事より)と限られていますし、再版は絶望的なので、書店等で見かけられたら迷わず入手されることをお奨めします(長野県内であれば、平安堂が入手しやすいのではないでしょうか)。

<おまけ>

ほおずき書籍さんは色々特徴のある出版物を刊行されています。手持ちの中から何冊かご紹介を。いずれも長野県外では入手困難な本ですが、非常に貴重な内容が含まれていますので、手に入るようであれば是非ご一読を。

ほおずき書籍の本達

  • 今回ご紹介した本と同じような編集方針で纏められた長野県の地学の入門書。地学とはどれだけ広い学問領域かを理解するためにも役に立つ『長野の大地 優しい地学小辞典』(地学団体研究会長野支部「長野の大地」編集委員会編)
  • 地元の八ヶ岳を研究しているチームの30年に渡る研究成果を纏めた一冊。八ヶ岳の総合ガイドとしては出色かつ、現状唯一の一般書籍『八ヶ岳火山 その生い立ちを探る』(八ヶ岳団体研究グループ編著)
  • 草原の植生と利用に関する歴史的な経緯(縄文から近世まで)、そして現在の問題である食害まで、こちらも総合的な解説書となっている一冊。比較として阿蘇の草原を持ち出している点が長野の出版物としてはちょっと異色な『信州の草原 その歴史を探る』(湯本貴和、須賀丈編著)
今月の読本「ニューイングランド紀行」(アライ=ヒロユキ 繊研新聞社)「意思を以て生きる」人々の物語

今月の読本「ニューイングランド紀行」(アライ=ヒロユキ 繊研新聞社)「意思を以て生きる」人々の物語

購入してひと月ばかり、寝る前の1時間程しか時間を取れないとはいえ、せいぜい300ページちょっとの本を読むのは1,2週間もあれば楽勝かと思っていたら、読み終わるのにこんなに時間がかかってしまいました(過去最遅記録かも)。

これほど読破に時間がかかってしまう本の場合、大体途中で死蔵に廻ってしまうのですが、内容の半分も理解できないのに、この本だけはどうしても最後まで読んでみたいと思わせる何かがあったのです。そんな一冊をご紹介します。

ニューイングランド紀行非常に珍しい繊研新聞社(良く知らなかったのですが、アパレル系の業界紙なのですね)より刊行された『ニューイングランド紀行』(文と写真 アライ=ヒロユキ)です。

ところで、ニューイングランドと聞くと何をイメージするでしょうか。アメリカ建国13州だったり、清教徒やプリマス、コンコードに独立戦争といったイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。最近ではブルーステーツ(民主党が強い地域)が比較的多い東部の州として取り扱われることが多いでしょうし、アメリカ政治にご興味があればニューハンプシャーと言えば予備選挙が早くに行われることで有名ですね。

こんな感じで、アメリカに多少なりとも興味を持たれている方であればご存知かもしれませんが、一方で日本との関わりというと余りイメージが湧かない場所かもしれません。

しかしながら、アメリカと日本との関係を見た場合、このニューイングランドは始まりの場所でもあるのです。

本文中にも出てきますが、建国当初からこの地域は捕鯨が盛んな地域でした。まだアメリカの国土が太平洋に到達する以前から、大西洋に面したこの地域から世界の海に向けて捕鯨船団が進出していたのです。そんな捕鯨船団に救助されたのがジョン万次郎であり、彼が学問を修めたのも救助した船長の出身地であり、船団の母港でもあったこのニューイングランドでした。

更に、日本とアメリカを始めて結びつけた人物であり、世界に展開する強大な海軍力の礎となった蒸気艦隊の生みの親として実際にシーパワーを見せつけ、現在の日米関係を最初にしてほぼ定義づけたであろうマシュー・ペリーもこの地に生まれ、故郷であるニューポートに眠っています。

そんな、日米関係の黎明期に登場してくるニューイングランドの事を知っていると、何処か開明的な雰囲気を持った地域であると感じさせるのです(以前CBSで放送された政治ドラマのThe West Wingに登場する理想主義的でリベラルな民主党大統領がニューハンプシャー出身で、祖先が大陸会議に出席していたという設定もちょっと分かる気がします)。

実は、本書においては上記のような日本との関係や現代政治に関わるテーマはほとんど出てきません。あくまでも現在のニューイングランドに生きる人々、中でも著者が述べているように「ロハス」に近い生き方をしている方々へのインタビューと取材写真で構成されています。

始めのうちは、多様性(東部だからと言って白人ばかりではないのです)に関わるテーマから入るのですが、徐々に東部特有の風物、そしてプリマスやメイフラワー号など入植当時を物語るテーマやソローやオルコットといった東部特有の理想主義的な思想の話へ移っていきます(この中にはお約束の通りアーミッシュも出てきます)。

ここまでは良くありそうなアメリカ紀行として気楽に読める内容(とはいっても色々と考えさせられるところが多いのですが)なのですが、インターバルを挟んだ終盤戦に入ると様相が変わってきます。

イロコイ族、アンクルトムと繋がっていく、ネイティブアメリカン、そして黒人奴隷というアメリカの負の側面を捉えたかと思うと、マーク・トゥエインからボストン・マリッジに関する小説、更には懐古主義作家の話へと展開します。この辺に来ると完全に付いていけなくなっているのですが、最後はいきなりアメリカ紹介物の書籍では外せないトクヴィルと市民主義のお話で〆となっています。

ここまで読んでいくと、何を伝えたかったのか少々判らなくなるのですが、最後のトクヴィルの節が付け足しではなく意図を以て添えられたのであれば、論理は明快です。

インタビューを受けていた人々、そして取り上げられた人物すべてが「意思を以て」それぞれの生き様を歩んでいるという事です。

(一つの指摘として、本文にも取り上げられているアーミッシュは再洗礼派のひとつですので成人洗礼しか認められません。コミュニティに残るか否かは成人になった後に自ら選択するのです)

ニューイングランドを生きるという事は、自らの意思を以てその地に集い、自らの責任で生きていく。そこには超越的な支配者もいない代わりにすべてを包み込んでくれる庇護者もいない。そんなアメリカの根底に流れる気風を発祥の地であるニューイングランドという地域の取材を通して著者は伝えたかったのでしょうか。

いみじくも著者はあとがきで3.11後に日本におけるこのような生き方をもてはやすムーブメントが瓦解したことを指摘していますが、一方で地に足を付けた活動を模索する人はそれでも増えてきていると述べています。その根底として自分の生き方に「意思を持つ」ことの重要さが求められるのでしょうし、その意思を持った集まりこそ「コミュニティ」が始まる場所なのかもしれません(ちょっと人工国家論的ですね)。

【読書のおまけ】

  • 同じようなアメリカの現代風景を取材した本として、東部に限らず全米をテーマとした書籍として『アメリカン・コミュニティ』(渡辺靖 新潮社)があります。こちらはつい最近新潮選書に収蔵されましたので入手しやすいと思います。
  • ニューイングランドと日本に最も関わりのある人物でもあるマシュー・ペリーを取り扱った一冊として『ペリー提督 海洋人の肖像』(小島敦夫 講談社現代新書)を挙げておきたいと思います。東部人気質の一端が垣間見える内容です。巻頭と巻末には著者がニューポートを訪れた時の手記も掲載されています。

アメリカ東部を扱う本の一例

  • ニューイングランドが日本人にはなじみが浅いように書きましたが、物語などを通して実は良く取り上げられている地域だったりするのです。皆様が良くご存じの世界名作劇場において、北米が舞台となる作品が全26作品中7作品ありますが、そのうち東部や大西洋岸を舞台とした作品が5作品あり、作品の背景描写にはいずれも東部の雰囲気がふんだんに盛り込まれています(ご存知かもしれませんが、当時の名作劇場の製作においては現地でのロケハンによる精巧な美術設定がなされています)。特に本書でも父親であるエイモス・オルコットが登場するルイザ・オルコットの若草物語シリーズの舞台設定は脚本、演出、意匠を含めて緻密に構成されているので特に雰囲気を掴みやすいのではないでしょうか(下記内容は『世界名作劇場シリーズメモリアルブック アメリカ&ワールド編』(ちばかおり 新紀元社)を参考にしています)
    • 『トム・ソーヤの冒険』マーク・トウェイン 1845年頃、南部ミズーリ州
    • 『愛の若草物語』ルイザ・オルコット1863年、マサチューセッツ州(ニューコード)
    • 『若草物語 ナンとジョー先生』ルイザ・オルコット1882年、マサチューセッツ州コンコード
    • 『赤毛のアン』ルーシー・モンゴメリ1886年、カナダ プリンスエドワード島
    • 『あらいぐまラスカル』スターリング・ノース1914年、中部ウィスコンシン州
    • 『愛少女ポリアンナ物語』エレナ・ポーター1920年頃、マサチューセッツ州(ペディングスビル)とボストン
    • 『私のあしながおじさん』ジーン・ウェブスター1920年、ニュージャージー州プリンストン
  • 私自身は仕事柄、ニューイングランドには関わりが深いのですが、実際に彼の地に赴いたことは残念ながら、一度しかありません(しかもちょっと内陸側)。晩秋のニューイングランドは西海岸と違って寒く、毎日曇天が続く日々でしたが、ひたすら針葉樹林が続くハイウェイ、そしてその森の中に点々と広い敷地を持った家々が散在する風景はどこか心を落ち着かせるところがあったのも事実です。そう、今住んでいる八ヶ岳南麓がどんなに不便だと言われても、田畑や森(それが人工林であっても)に囲まれている事に幾ばくかの安心感を持つように

新緑のシーズンを記憶に留めて2013.04to06

春から梅雨時までに撮影した新緑のシーズンを追った写真集です。スライドショーでご覧いただけます。

ちょっと早めの夏空を

連日の曇り空、そして激しい雨模様から一転、今日は気持ちの良い青空です。

こんな日にはやはり空の写真を撮りに出かけたくなります。

夏空の八ヶ岳フェンスが出来てしまったのでちょっと残念な感じになってしまいましたが、何時もの場所から阿弥陀岳を【クリックでフルサイズ】

夏空の霧ヶ峰と躑躅再び霧ヶ峰。今年の躑躅は本当に綺麗に広がっています【クリックでフルサイズ】

夏空の霧ヶ峰と躑躅2霧ヶ峰インター前から池のくるみ方向を望んで。こちらも躑躅の群落が広がっています【クリックでフルサイズ】

霧ヶ峰には山頂にグライダーの滑走路があります。こんな良いお天気の日にはグライダーが頻繁に離発着してきます。

ランディング中のグライダー最終アプローチに入ったグライダー。草原のレンゲツツジを撮影していた時、カナードの風切音を立てながら不意に上空を通過した際にあわててシャッターを切った一枚【クリックでフルサイズ】

霧ヶ峰とグライダー滑走路草原の先にある滑走路に着地後。レンゲツツジが広がる草原へのアプローチはさぞかし気持ちの良い事でしょう【クリックでフルサイズ】

夏空とグライダー1上空を抜けていくグライダーを【クリックでフルサイズ】

夏空とグライダー2ちょっと小さいのですが、こんな感じで青空の中、草原を旋回するグライダーを捉えることが出来ます【クリックでフルサイズ】

梅雨と初夏の狭間で(一瞬の青空を追って)

昨日は漸く梅雨らしい雨模様。

標高の高いこの南麓で梅雨時や秋の長雨の時に車を運転するのはちょっとおっくう。

特に雨が上がりかけの夜の運転となると、ワイパーの速度や霧による急激な視界不良、標高差による気温変動で容易に生じてしまうウィンドウスクリーンの結露にあれやこれと運転中も色々な操作をし続けなければいけないのでちょっと滅入ってしまいます。

でも、雨上がりの翌日には真夏とは違った梅雨晴れらしいクリアな空が楽しめたりします。

まきば公園より沸き立つ雲雲が徐々に離れていく最中の一枚。山から下りた雲は徐々に谷間に溜まって流れていきます【クリックでフルサイズ】

まきば公園より夏空の八ヶ岳雲が離れた八ヶ岳をまきば公園の臨時駐車場より【クリックでフルサイズ】

もうすっかり夏の装いです。

川上大橋より初夏の八ヶ岳東側に移動して川上村内へ。

川上大橋から眺める八ヶ岳は何時も気持ちが良いのですが、左の斜面でなにやら造成工事中。ちょっと残念な風景となってしまいそうです【クリックでフルサイズ】

梅雨の晴れ間を八千穂レイクから。標高が高いせいでしょうか、曇りがちで躑躅の撮影は今一歩だったのですが、こんな素敵な青空と雲のコラボレーションが【クリックでフルサイズ】

こういう青空と雲の風景を撮るときは28mmの面目躍如ですね。

躑躅と蓼科山それではとばかりに、佐久→大門峠経由で一気に霧ヶ峰へ。

こちらも躑躅がベストシーズン。山中のそこかしこで花を咲かせています。今年は雨が少ないせいか花のつきが非常に良いように思えます。正面に蓼科山を望んで【クリックでフルサイズ】

初夏の夕暮れこの後、霧ヶ峰の野焼き跡を撮影して、麓に帰還です。

薄紅色に染まる空の下、茅野市米沢より南アルプス方向を望んで。甲斐駒に僅かに雪が残っています【クリックでフルサイズ】

なかなかチャンスが得られない梅雨晴れのクリアな空。次に出会えるときはあるでしょうか。

梅雨の晴れ間に(緑を求めて八ヶ岳東麓を)

梅雨なのにお天気の良い日が続いています。

これだけ天気が持ってくれると、体調さえ許せばどうしても出かけたくなってしまいます。そんな訳で今日もふらふらと。

初夏の八ヶ岳牧場八ヶ岳牧場、天女山分場から八ヶ岳方向を望んで【クリックでフルサイズ】

天気が良いとはいえ、梅雨時なのでやはり少々ヘイジーな感じは否めませんが初夏らしい雰囲気になってきました。

甲斐駒と牧場の牛たち同じく、八ヶ岳牧場天女山分場より、残雪が残る甲斐駒と南アルプスをバックに放牧中の牛たちを。冬季には麓の各畜産家が飼育している牛たちも、夏のシーズンには広くて気候が良い中腹の牧場に放牧することで健康的な飼育が図られることになります。

ちなみにこの撮影後、何故か牛さんの大集団に追われることに…

まきば牧場のヤクシカまきば公園に戻って、園内のお立ち台で寛ぐヤクシカを。

まきば公園の駐車場前からポニー広場にかけてはこのシーズン、観光客の皆様でいっぱいですが、山側に入るとちょっと少なめなので、のんびり過ごすことが出来ます。

新緑の紅葉そんなのんびりした空気が流れるまきば公園のカエデの木を【クリックでフルサイズ】

まだ新緑の装いを残しています。

新緑の紅葉2光溢れるカエデの新緑を【クリックでフルサイズ】

緑纏う八ヶ岳観光客の皆様がいっぱいのまきば公園を離れて野辺山側へ。ちょっと奥まったところは地元の方以外、ほとんど人を見かけません。

甲斐駒や南アルプスより標高の低い八ヶ岳はもうほとんど雪が残っていません。

雑木林に差す光ちょっと雑木林を覗き込んでみると、美しい緑が広がっていました【クリックでフルサイズ】

八千穂レイクの緑東麓側を北上して八千穂レイクへ。標高の高いこちらも漸く緑が濃くなってきました。

周囲の白樺林の中には躑躅の花がそろそろ咲き始めています。

緑の小道湖畔の小道にて。幼木の落葉松は緑が柔らかく優しい雰囲気です【クリックでフルサイズ】

白樺林の緑すっかり葉を付けた白樺林にて【クリックでフルサイズ】

ぼちぼち躑躅の花が咲き始めていますが、見頃は今週末から来週にかけてでしょうか。

しっとりした雰囲気の中でもう一度トライしてみたいところですが、光溢れる白樺林も美しいですね。