7月の八ヶ岳南麓(夏への扉)

蒸し暑い日々が続く梅雨時、今年の南麓は水不足から一転、どんより曇り空の日々が続きます。数日前まで上着が欲しくなるほど肌寒い日が続いていたのですが、ようやく?蒸し暑い夏らしい暑さが戻ってきました。

7月の八ヶ岳南麓昨年のカレンダーより、編笠山を正面にして【クリックでフルサイズ】

ジメジメした梅雨空もあともう少し、梅雨前線が北上すると南麓にも夏がやってきます。

冬場のようなクリアな空はなかなか撮影することはできませんが、それでも時折見せる青空と乾いた風、深く緑に染まる木々は高原らしさを届けてくれます。

夏空の霧ヶ峰広がる青空、高く伸びる入道雲に連れられるように更に山へ、山へを歩を進めていきます。そう、どこまでも広がる雲を追うように。

夏の太陽の下、青空と深い緑に囲まれた大好きな八ヶ岳南麓の夏。ちょっと涼しく、ちょっと短い高原の夏はもうすぐそこまで来ています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中