諏訪湖の花火もあと一週間(連夜のサマーナイトファイヤーフェスティバルへようこそ)

New!(2017.6.19):2017年度の開催概要が発表されました。

  • 2017年度の「サマーナイトファイヤーフェスティバル」は7月23日(日)から8月27日(日)までの開催です(8月15日は除く)
  • 7/17(月・祝日)は上諏訪温泉宿泊感謝イベント「湯ったり湖花日和」。当日は3000発の花火が20時より40分間に渡って打ち上げられる予定です
  • 8月15日は湖上花火大会
  • 9月2日(土)はサマーシーズンを締めくくる新作花火大会

suwakonohanabi_b4

詳しくは上記リンクの先にある公式サイトをご覧ください。

New!(2016.6.9):2016年度の開催概要が発表されました。

  • 2016年度の「サマーナイトファイヤーフェスティバル」は7月24日(日)から8月31日(水)までの開催です(8月15日は除く)
  • 7/18(月・祝日)に上諏訪温泉宿泊感謝イベント「湯ったり湖花日和」が新たに開催される事になりました。当日は3000発の花火が20時より40分間に渡って打ち上げられる予定です
  • 8月15日は湖上花火大会
  • 9月3日(土)が新作花火大会
  • 9月最初の日曜日に実施されていた「サマーナイトファイヤーフェスティバルフィナーレ」本年は実施されません!くれぐれもご注意ください

 

New!(2015.7.12):2015年度の開催概要が発表されました。

  • 2015年度の「サマーナイトファイヤーフェスティバル」は7月26日(日)から8月31日(月)までの開催です(8月15日は除く)
  • 8月15日は湖上花火大会
  • 9月5日(土)が新作花火大会
  • 9月6日(日)がラストの「サマーナイトファイヤーフェスティバルフィナーレ」です

詳細は、下のリンクから公式サイト「信州 諏訪湖の花火」のページにジャンプしてください。

suwakonohanabi_b4

今年も夏の夕涼みは、連日諏訪湖の花火が楽しめそうですね。

2014年度の開催ご案内

  • 2014年度の「サマーナイトファイヤーフェスティバル」は7月27日(日)から8月31日(日)までの開催です(8月15日は除く)
  • 8月15日は湖上花火大会
  • 9月6日が新作花火大会
  • 9月7日がラストの「サマーナイトファイヤーフェスティバルフィナーレ」です

suwakonohanabi_b4

詳しくはこちらの公式サイトへどうぞ。

毎年8月から9月の第一週まで諏訪湖は連日の花火日和。「サマーナイトファイヤーフェスティバル」です。

諏訪湖の花火と言えば、8/15に開催され、毎年50万人以上(諏訪地方の人口が26万人と言われていますから実に2倍…)の観客を動員する国内最大級の花火大会でもある「諏訪湖祭湖上花火大会」と、9月最初の土曜日に開催され、30万人以上の観客を集める、経済産業大臣賞が懸けられ、国内花火師の競技大会でも最高峰の「全国新作花火競技大会」が余りにも有名ですが。実はもう二つの花火大会が催されるのです。

そのうちの一つが、連日午後8時30分から開催される「サマーナイトファイヤーフェスティバル」です。

諏訪湖の2つの花火大会が余りにも有名になってしまい、一般販売のチケットはそれこそプレミアもの、各宿泊施設が確保している桟敷席のチケットも、花火大会翌日にお帰りになるお客様が来年度の予約を入れて行かれるために1年前からほぼ満杯になるそうです。

また、当日は周囲も身動きどころか立錐の余地もないくらいの大混雑となるため、湖畔に住居をお持ちの方でない限りはゆっくり花火を愛でるなどという事は全く期待できない状況になってしまっています。

そのような状況を鑑みた観光関係の皆様が逆転の発想で「夏の間は毎日花火大会にしてしまえば好きな時に花火を楽しめる」と、大盤振る舞いでここ数年は連日の打ち上げとなったのでした。

始めのうちはコスト面や集客面で不安があったようですが、今では「何時泊まっても諏訪湖の花火が楽しめる」と宿泊客にも大好評。観光関係でも花火の打ち上げ時間に合わせた屋外イベントを設定することで、集客力アップとシーズン中の施設稼働率の分散化に寄与しているようで大成功のようです。

もちろん、地元民にとっても時間が取れるタイミングで気軽に花火が楽しめるのは大歓迎。打ち上げ時間前になると諏訪湖周辺の思い思いの場所で楽しんでいらっしゃるようです。

こちらの花火は8時30分から15分間と短いのですが、打ち上げ数は800発と高密度、しかも打ち上げ場所である初島の目の前でもぱっちり観覧可能ですので、二つの花火大会ではプレミアムチケットを確保しなければ味わえない、諏訪湖の花火特有の湖面に映り込む光と周囲の山々から反響して腹の底から響いてくる花火の音を「無料」で存分に味わうことが出来ます(連日開催なので、花火写真の撮影練習にも良いかもしれませんね)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAそして、「全国新作花火競技大会」が終わった翌日の日曜日。観光客も少なくちょっと涼しくなった初秋の諏訪湖の夜にもう一つの花火大会が催されます。

サマーナイトファイヤーフェスティバル」の最後を彩るフィナーレです。

こちらは2つの花火大会と比べると規模は小さめなのですが、何と言っても全面無料、観覧場所指定なしです。日曜日の夜という事で観光客の方にはハードルが高いのですが、地元の方は大挙して集結。大会の時は規制が厳しいので自由が効かないのですが、この日ばかりは無礼講。家族やお友達同士で宴会を開いたり、バーベキューをしたりと、地元の皆様だけのお楽しみイベントとなっています(そのかわり路駐が一杯で通行は大変ですが)。

規模は小さめと書きましたが、実は「諏訪湖の花火としては」という枕を付けなければなりません。実際は大規模な花火大会と同じスケールだったりするのです。

  • 諏訪湖祭湖上花火大会 : 時間2時間。打ち上げ数、36セット約4万発(38000発位)
  • 全国新作花火競技大会 : 時間1時間30分。打ち上げ数、1万8000発
  • 岡谷とうろう流し花火大会 : 打ち上げ数、2000発
  • 諏訪湖サマーナイトファイヤーフェスティバル : 時間15分。打ち上げ数、800発(連日)
  • 市川三郷町神明の花火大会 : 時間1時間45分。打ち上げ数、2万発
  • 長岡まつり花火大会 : 時間1時間45分。打ち上げ数、2万発
  • 隅田川花火大会 : 時間1時間25分。打ち上げ数、2万2500発
  • 諏訪湖サマーナイトファイヤーフェスティバルファイナル : 時間50分。打ち上げ数、12000発(昨年)

時間当たりの打ち上げ数では全国でも著名な花火大会に全く引けを取らないばかりか、50分間と短いので間延びせずに濃密に楽しむことが出来ます。

諏訪湖の2大花火大会は大混雑なのでちょっと…と思われる方も、同じボリュームを身近に楽しむことが出来る諏訪湖サマーナイトファイヤーフェスティバルとファイナル。あと残り一週間となりましたが、暑い、暑い今年の夏の想い出に是非如何でしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAいずれの写真も今年のサマーナイトファイヤーフェスティバルで撮影。【クリックでフルサイズ】

  • Olympus E-420(ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-F3.5)
  • 14mm(換算28mm)F8.0/4sec
  • ISO:100、ホワイトバランス:昼光、カラー:vivid、階調:normal
  • コントラスト、シャープネス、ノイズリダクションはRAW現像時補正

直下だと28mmでも画面サイズが足りませんね(笑)

suwako-hanabi公式サイト「諏訪湖の花火」へのリンクはこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中