快晴の空の下、黄金色広がる(諏訪郡富士見町先達)

台風が過ぎ去った八ヶ岳南麓。すっかり秋らしい、乾いて、そしてひんやりとした風が山から吹くようになりました。

蕎麦の花は水に浸かって多くが倒れてしまいましたが、稲の方はそれほど倒伏することはなかったようでちょっと安堵しました。

稲穂の群れと快晴の甲斐駒1と、いうわけで漸く快晴の朝の空の下で、稲穂の群れを撮ることが出来ました【クリックでフルサイズ】。

すっきりと晴れ上がった甲斐駒をバックに眼下に広がる圃場の稲穂の群れが谷筋に沿って広がっていきます。

稲穂の群れと快晴の甲斐駒2田圃の稲穂ももう、しっかり実が入ったようです【クリックでフルサイズ】。

甲斐駒の上の方は少しずつ枯れた秋の色になりつつあります。標高の高いここ八ヶ岳の麓にも駆け足で秋がやってきます。

稲穂の群れと快晴の八ヶ岳八ヶ岳をバックに朝日をいっぱいに浴びた圃場の稲穂を【クリックでフルサイズ】。

農家の方のお話ですと、台風の影響もあって刈り入れはちょっと遅れ気味。来週くらいになりそうとの事でした。

実りの秋を迎えた八ヶ岳南麓の清々しい朝の一コマでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中