Lumia1020 Camera test(秋の八ヶ岳東麓でOlympus E420と)

Lumia1020の撮影テスト。今回は現在のメイン機であるOlympus E420(14-54mm f2.8-3.5)との比較を少々。

CCDの画素数で行くと41Mpixel対10MpixelでLumia1020の圧勝ですが、CCDのサイズは1/1.5inch対4/3inchでE420が2倍以上の面積を誇ります(この辺りの比較はポケゲーさんのサイトを参照してください)。f値はLumia1020がf2.2に対して、E420がf2.8とほぼ変わりませんが、前玉のレンズ径はLumia1020が大体5.5mmと非常に小さいのに対して、E420はzoomもある関係上、67mmとCCD Sizeと比較するとかなり大きなlensである訳です。

そんな比較、意味ないじゃないかという意見は尤もなのですが、とりあえずどんな具合かをご覧ください。画像は全てフルサイズで掲載しますが、サイズが非常に大きいので表示する際には十分ご注意を。

撮影モードはLumia1020はFocusはマニュアル位置指定のAuto(画面内指示)、露出はその時々ですが、-0.3EVまで使用、カラーバランスとISO、シャッタースピードはAutoです。

E420はAF使用、露出は原則補正なし、カラーバランスはナチュラル、トーンだけローキー使用です(従って発色抑えめ、アンダー気味に仕上がっています)。

八ヶ岳牧場と権現山1(Lumia1020)まずは八ヶ岳牧場、天女山分場。後方に権現山と赤岳(Lumia1020)【クリックでフルサイズ】

八ヶ岳牧場と権現山1(Olympus E420)こちらがE420の画像【クリックでフルサイズ】

八ヶ岳牧場と権現山(Lumia1020)権現山の部分をトリミングzoomで拡大。Lumia1020【クリックでフルサイズ】

八ヶ岳牧場と権現山2(Olympus E420)こちらは同じカットをzoom(換算108mm)で。E420【クリックでフルサイズ】

こうして見てしまうと、拡大しないと余り遜色ないですね。但し、拡大してしまうと、Lumia1020の方は木々が油絵のようなタッチになっているのが判ると思います。

まきば公園(Lumia1020)まきば公園と羊たち。Lumia1020【クリックでフルサイズ】

まきば公園(Olympus E420)同じカットをE420で。芝生の分解能は流石に差が出るようです【クリックでフルサイズ】

紅葉する木々(Lumia1020)八ヶ岳ふれあい公園の紅葉。Lumia1020【クリックでフルサイズ】

紅葉する木々(Olympus E420)同じカットをE420で【クリックでフルサイズ】このカットだけは露出上げ気味です。

紅葉途中のモミジ(Lumia1020)紅葉の始まったモミジの木を。Lumia1020(こちらのカットは風の影響が強いので参考程度で)【クリックでフルサイズ】

紅葉途中のモミジ(Olympus E420)同じカットをE420で。カラーバランスの差が顕著に出ていますね【クリックでフルサイズ】

秋の小路(Lumia1020)Lumia1020のカメラは出力フォーマットとして4:3と液晶の表示に合わせた16:9が選べますが、スマホ写真という意味では、通常のカメラだと狙いづらい縦長の被写体を16:9で撮影するのが似合っているようですね 【クリックでフルサイズ】

岩壁と紅葉するモミジ(Lumia1020)こうゆう、垂直の壁のようなシーンは意外と面白い写真が狙えます(トリミングzoom)。撮り方の幅を広げてくれるという点でも、Lumia1020のカメラは楽しいかもしれません【クリックでフルサイズ】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中