冬の始まり(冬季閉鎖前の美ヶ原)

偶然にも仕事の都合で3連休となった週末。

地上では紅葉が盛り上がっているようですが、標高の高いここ八ヶ岳南麓では既に冬の足音が聞こえてきます。

そして、この時期を境に山に向かう観光道路は徐々に本格的な冬シーズン「冬季閉鎖」となっていきます。

冬季閉鎖を翌日に控えた日曜日。今年も一足早く冬を迎えにビーナスラインの終点、美ヶ原に行ってみました。

初冬の霧ヶ峰スタートは何時もの霧ヶ峰より。

すっかり枯野の風景です。遠くに雪を戴いた北アルプスが望めます。この時期にしては6℃という、例外的な暖かさ。八ヶ岳ブルーも心なしかキレがありません(Lumia1020)。

三峰展望台から蓼科山ビーナスラインを霧ヶ峰から和田峠を抜けて美ヶ原方面に下っていきます。

和田峠を抜けて最初に眺望の開ける三峰展望台付近。峠の茶屋は既に店じまい。シーズン中の週末であれば本線上まで駐車する車が溢れるこの界隈も、今日はとても静かです。

遠くに蓼科山を望みます(Lumia1020)。

ビーナスラインの積雪2013/11/24ビーナスラインは霧ヶ峰までは完全ドライですが、その先は山影毎に凍結路が顔を見せ始めます。

特に霧ヶ峰駐車場から八島駐車場の間にある沢渡は、この時期になると完全凍結路になります。途中にヒュッテがある関係で八島駐車場までは冬季閉鎖にならないため、この時期になると必ずノーマルで侵入してスリップしたり、スタックする車が何台も現れます。

※たとえ凍結部分を通過できても、八島駐車場から先はどの方向も冬季閉鎖になっているので再び霧ヶ峰に戻る事になります。霧ヶ峰まではドライだからと、スタッドレスやチェーンをお持ちでない車は八島方面には進入しないように心がけてくださいね。

落合大橋から美ヶ原台地を凍結路を幾度か越えながらビーナスラインを北上していくと、美ヶ原台地の足元に架けられた落合大橋に到着します。

橋から見上げる美ヶ原は冬の青空。標高1600m程のこの場所では、木々はすっかり葉を落としています(1.Lumina1020)。

さて、ここから一気に300mの標高をつづら折りでよじ登っていきます。馬力の弱い我が愛車SX-4にはキツイ登りです。

山本小屋からのアプローチキツイ上り坂を上り詰めると、標高約1900m。小さな駐車場を備えた山本小屋の売店前に到着します。

一般車はここで終点。車を降りて、後は徒歩で美ヶ原台地を進んでいきます。

この季節にしては異様な程の暖かさ。それでも足元の雪を踏みしめながら台地の上の遊歩道を進んでいきます(2.Lumia1020)。

雪の美ヶ原台地遊歩道山本小屋を通過すると、景色が一気に開けてきます。雪原の美ヶ原です。

右手には美ヶ原の主峰、王ヶ頭に林立する電波塔群が見えてきます(3.Lumia1020)。

王ヶ頭電波塔群と北アルプス連峰柵越しには遠く、北アルプスの峰々の連なりが見えていきます(4.Lumia1020)。

美しの塔と王ヶ頭電波塔群駐車場から15分ほど、雪に足を取られながら台地の遊歩道を進んでいくと、美ヶ原のメインステージ、美しの塔に到着です(5.Lumia1020)。

美しの塔1もはや冬晴れと言っていいでしょう。青空の下、起立する美しの塔です(6.Lumia1020)。

美しの塔2もうワンカット、美しの塔の先には天空までも抜けていく青空が広がります(7.Lumia1020)。

美しの塔から北アルプス美しの塔から北アルプスの山々を遠望。もうすっかり冬山の装いです(8.E420)。

美ヶ原台地の雪原風景美しの塔から望む美ヶ原台地の雪原風景。シーズン中とは全く異なった装いを魅せてくれます(9.E420)。

登山客がしばし途絶えると、広大な草原を抜けていく僅かな風の音以外、何も聞こえなくなってしまいます。遮るもののない、眩しい光だけが単調に降り注ぐ美ヶ原の雪原には日常と隔絶した世界が広がっています。

王ヶ頭電波塔群遠望もう少し台地を進んで塩舐め場にて、王ヶ頭の電波塔とホテルが間近に見えてきます(10.E420)。

冬山装備を持っている訳でもなく、日の傾くのが早いこのシーズン。王ヶ頭まであと半分といったところですが、ここで引き返します。

塩舐め場の看板塩舐め場の柵に取り付けられた牛さんの看板(11.Lumia1020)。

電波塔を所有する各社のスポンサードによってこの牧場が維持されている事が判ります。美ヶ原は霧ヶ峰同様に、長年人の手によって作り出されてきた景観なのです。霧ヶ峰の焼き入れで問題となっている事(森林化)と同じ事が此処、美ヶ原でも大きな問題となっているのですが、このような形で企業を含めた観光対策として、美ヶ原の景観が維持されている事を忘れないようにしたいですね。

美しの塔3日が西に傾き始めた午後。静かに佇む美しの塔(12.Lumia1020)。

明日からは観光客がぐっと減ってしまう、静かな冬シーズン。美しの塔は次の春を待ちながら此の場所で佇み続けます。

夕暮れの八ヶ岳を池のくるみより再び何時もの霧ヶ峰、池のくるみに戻ってきました。

夕暮れを迎えて枯野に広がるススキの先には雪を戴く八ヶ岳連峰のたおやかな裾野が広がっています。

春の野焼き延焼で丸坊主になってしまったガボッチョがちょっと寒そうにも感じます。上空では今シーズンの終わりを惜しむように夕暮れまでグライダーの風切音が響いていました(Lumia1020)。

赤色立体地形図コンビニで山っぷによる美ヶ原散策路赤色立体地形図(コンビニで山っぷ)による、本日の美ヶ原散策路と撮影場所です。

来シーズンまで約半年、美術館のTV-CMのように春を待つ美ヶ原は静かで厳しい冬のシーズンを迎えます。

広告

御射鹿池の鏡像(Mirroring lake)

御射鹿池の鏡像昨日(11/23)の夕方に撮影した御射鹿池。

もう落葉松は落葉を迎えています。夕暮れの静かな湖面に綺麗に落葉松が映りこんでいます(Lumia1020本体によるデジタルスムージング画像)

画像をクリックして頂くとデジタルスムージング後の等倍(3072 x 1728)画像になりますが、デジタルスムージングで画素数が減っているのが全く気にならない画質です。むしろ周囲を切っている分、キレのある画像が得られています。

夕日の反射が抑え込まれた湖面に映る木々の枝一本一本が美しく表現されています。

>御射鹿池の四季の彩りはこちらにて。

Nokia Refocusはデジカメを越える面白いアプローチ

Nokia Lumia1020を使い始めて早一ヶ月。カメラにつぶやきに大活躍の日々です。

スマートフォンを越えるカメラ機能を全面に打ち出したLumia1020には、Nokiaから提供される様々な撮影支援アプリが用意されていますがその中でも面白いのが、最近公開されたNokia Refocusです。

機能自体はブラケッティング撮影の際に通常であれば露出を振る所をフォーカスを振って複数の焦点距離の画像を同時に取り込むだけなのですが、ここから先がNokia Refocusの凄いところ、非常に高度に制御された手振れ補正機能と画像処理を組み合わせて累進焦点画像を作り出そうという野心的なアプリケーションなのです。

論より証拠、こちらの画像を見て頂きましょう。

Created with Nokia Refocusデスクの上に置いた、モデルプレーン達。この画像では一番手前のANAのB747にフォーカスが合っています。

Created with Nokia Refocusそして、、画面内でフォーカスを合わせたい位置でタップすると、タップした位置にフォーカスが合った画像が「撮影後」に観ることが出来ます。どんなカメラでもフォーカスは撮影前に合わせるもの、といった常識を打ち破る操作です。

上の画像のように、撮影後に一番後ろ側のカーテンにフォーカスを移す事が可能です。

Created with Nokia Refocusそして、こちらが多点フォーカスで撮影された画像(多分6焦点くらい)を一枚の画像に合成した画像です。この画像は撮影後に僅かにワンクリックで得ることが出来ます。

フォーカス段階の中位に存在する部分などはどうしてもボケてしまうのですが、それでも前に載せた2枚の画像と比べると圧倒的に全体のフォーカスが合っている画像に見えるのではないでしょうか。

これはF2.2と極めて解放値が大きい代わりに被写界深度の浅いLumia1020にとって、絞り込み撮影と同じ効果が得られる事になります。前述のように合成画像故の弱点もありますが使い方次第では、新たな表現も可能となります。

Created with Nokia Refocus機能としては更にフォーカスが合った場所だけカラーを残して、それ以外の部分をモノクロに仕上げる機能もあるのですが、こちらはちょっと使い勝手が難しそうですね。

これ以外にもクラウド上に多焦点画像を公開する機能もあるのですが、個人情報を開示する必要があるので…まあ、必要ないかな、と。

Nokia、そしてLumiaシリーズはPure Viewというコンパクトデジカメを凌駕するほどの高画質な撮像系を得て、スマートフォン、ビデオ、そしてデジタルカメラの枠組みを超えていくアプリケーションを次々と登場させています。今後もどんどん楽しそうなアプリケーションを繰り出してきそうでわくわくさせられますね。

特にアプリケーションの変更/追加で全てのLumiaシリーズにも同一の機能を提供していく点は、実にPC的でスマートフォンとPCの中間を狙っているwindowsphoneらしいアプローチだと感じます。

Lumia1020 camera test(Yellow Acer)カエデの黄葉

WP_20131121_09_17_50_Pro__highres抜けるような朝の空の下、盛りを過ぎつつあった街路のカエデを。

中心部の素晴らしい画像のキレは、携帯カメラである事を忘れさせます。

このカメラ特有の柔らかな青空の色合いも気持ちいいですね。

【クリックでフルサイズ:大容量注意です!】

秋空の八ヶ岳は落葉松の黄葉を纏って

先週は初雪から繰り返しの降雪となり、すっかり雪化粧を施した八ヶ岳。

八ヶ岳のシンボルでもある落葉松もしっかり色づき、山の風景もすっかり秋から初冬の装いです。

好天に恵まれた週末、遠出は控えてじっくり冬へ向けた八ヶ岳の山の装いを楽しみます。

雪を戴く秋晴れの八ヶ岳(富士見町葛窪)山裾に落葉松の黄葉を纏った八ヶ岳を(諏訪郡富士見町葛窪):Lumia1020

畑はすっかり刈り入れが終わっています。

雪を戴く秋晴れの八ヶ岳(富士見町立沢)諏訪郡富士見町立沢から眺める八ヶ岳:Lumia1020

こちらは大分西側に移動してきたので、八ヶ岳の山頂付近には雪が望めるようになってきます。

落葉松林の黄葉たち1そして、八ヶ岳の懐に入っていくと、落葉松達が迎え入れてくれます:Lumia1020

落葉松林の黄葉たち4空を穿つ落葉松の木々:Lumia1020

落葉松林の黄葉たち3落葉松達は思い思いに青空に向けて黄葉を広げていきます:Lumia1020

落葉松林の黄葉たち7こちらはE420で落葉松と青空を【クリックでフルサイズ】

落葉松林の黄葉たち2落葉松林で見つけた午後の光を浴びる黄葉を:Lumia1020

落葉松林の黄葉たち6こちらは同じシーンをE420で【クリックでフルサイズ】

落葉松林の黄葉たち5秋空の下、午後の日差しを受けて林立する落葉松達:Lumia1020

鉢巻道路・岳見橋からの眺め2落葉松林を抜けて鉢巻道路まで上がると、山の上の方まで落葉松で黄色に染まっています(鉢巻道路の岳見橋より)【E420:クリックでフルサイズ】

鉢巻道路・岳見橋からの眺め1鉢巻道路の岳見橋より下流側の望んで。遠くに見える入笠山の富士見パノラマスキー場には早くも人工降雪によるゲレンデが姿を現し始めています【E420:クリックでフルサイズ】

落葉松林の黄葉たち8少しずつ日が西に傾いていくと落葉松の林は色を濃くしていきます【E420:クリックでフルサイズ】

秋空遠景西日を受け始めた高原の秋空(諏訪郡富士見町立沢)【E420:クリックでフルサイズ】

雪を戴く秋晴れの八ヶ岳(茅野市美濃戸口)大分日が西に傾いてきた八ヶ岳を望んで(茅野市美濃戸口):Lumia1020

西日を浴びる落葉松の木々西日を一杯に浴びて金色に輝く落葉松林:Lumia1020

落葉松林越しに八ヶ岳落葉松林越しに八ヶ岳を遠望。夕日を浴びると落葉松林は美しく輝きます:Lumia1020

OLYMPUS DIGITAL CAMERA秋の夕暮れは釣瓶落とし。あっという間に夕暮れを迎えます:E420

八ヶ岳の落葉松が楽しめるのもあと僅か。ほんの数週間ほどで、麓にも雪の便りがやってくることでしょうか。

今月の読本「足利尊氏と関東」(清水克行 吉川弘文館)老舗歴史書版元が送る新機軸は如何に

今月の読本「足利尊氏と関東」(清水克行 吉川弘文館)老舗歴史書版元が送る新機軸は如何に

数々の歴史書を世に送り出している老舗中の老舗、吉川弘文館さんですが、毎年のように新しいシリーズを精力的にリリースされています。

新たにリリースされる刊行物も、どちらかというと、取り扱われる分野にかなり興味があるか、精通されている方、歴史書であればハイアマチュアからディープな歴史好きの方、研究者にも通ずるような方へ向けた書籍が多いように思われますが、今回ご紹介するのは、そんな吉川弘文館のイメージを打破しそうな雰囲気を持った一冊、全くの新シリーズとして送り出された「人をあるく」第一回配本の中から「足利尊氏と関東」(清水克行)のご紹介です。

足利尊氏と関東まず、この手の歴史本としては極めて珍しいオールカラーで構成された点に目を奪われます。そして価格も装丁の美しさをある意味裏切る2000円(パッと見だと2400円から3600円コース)という精一杯リーズナブルな設定をされている点から見ても、版元が本シリーズに非常に力を入れている事が窺えます。そして、両者を最大限生かすべく、豊富なカラー図版と写真が盛り込まれた紙面は歴史好きのライトファンに訴求する数々のポイントを備えています。

さらに、テーマに掲げている「あるく」ですが、今はやりの歴史散策に完全にフォーカス。「本を手にして散策してもらう」事を重視して、別章として纏められた散策マップと史跡の写真、訪問方法のガイドについてもカラー化された紙面が威力を発揮しています。もちろん、カラー化することによって、同系の書籍に対してページ数が若干犠牲になっていますが、持ち歩きにはむしろこの位のページ数が限界かもしれませんね。

さて、歴史書としては意欲的な装丁にまず驚かされますが、紙面の方は意外と?コンサバティブだったりします。

まず、本文下段に備考、引用の解説欄が設けられているのは(上段側ですが)同じく人物にフォーカスした山川出版の「日本史リブレット・人」シリーズと同じですし、紙面の構成も1章である人物伝(履歴書)の部分は驚くほど似ています(というか、差別化自体難しいですよね)。

そんな中でも、本書のテーマである「あるく」への差別化を図るべく、史跡についての記述には意を砕いています。しかしながら、本章を眺めてもあまり散策に出かけてみようという意欲には駆られないかもしれません。むしろ、本書の主人公である足利尊氏の不思議な魅力へと誘ってくれる、著者の筆致に見え隠れする想いに惹かれていきます。

この印象は、2章に入るとそのエキセントリックな各節の表題とは裏腹に、より魅力的に映っていきます。歴代足利家当主と他の御家人、そして御家人の筆頭である執権北条家との微妙な距離感が作り出す苦悩、源氏一門としてのプライド、そして謎に満ちた歴代当主の生き様から生じる、主家でありながらも分家に対して威令が達しないもどかしさ(これは宗主権の確立が未成熟な中世武家であればいずれの家でも抱えていた問題ですが)。それらに悩み苦しんだ結果が足利歴代当主の異常なまでの遍歴に繋がるのではないかと、著者は文献を引用しながら推論していきます。その推論は、かの難太平記の著者である今川了俊の筆致が宗家である足利家の名誉を守り、諸家に対する優位性を示す為であるばかりか、本人の分家筋故の苦労をも重ねていたのではないかとの想いにまで推し進めていきます。

そこまでは必要ないかもしれませんが、何故、北条家が滅亡する必然性があったのか、北条家の後釜として足利家が次代の権威を確立出来たのかの理由を考えるためには、非常に楽しい論考である事は間違いありません。

本書は「人間・足利尊氏」そして、彼を生み出した足利氏の鎌倉時代の歩みをもう一度俯瞰して捉えるには非常に優れた内容を備えていますし、歴史上もっとも毀誉褒貶が大きく、時として不当に低い扱いを受ける彼の人間味溢れる人柄(そして無二の片腕であり、余りにも悲劇的な最期を遂げる弟である足利直義との複雑な愛憎)に触れられる好著かと思います。

ここまで、人物論としての本書の楽しさばかりを述べてきましたので、ところで「あるく」のお話は?と言われてしまいそうなのですが、実はちょっとなのです…。

3章として設定されている「故地を歩く」には鑁阿寺本堂が国宝として指定された足利家の苗字の地である足利市と、鎌倉の2か所が紹介されており、それぞれについて由緒のある史跡の詳細な解説が述べられているのですが、ちょっと真面目すぎて散策のお供の文章としては少々重すぎるきらいが感じられます。また、本文(1,2章)との関連について、都度本文中に解説が述べられおり、対象ページへ誘導するための引用ページ先キャプションも挿入されているのですが、それぞれのページが離れてしまっているので、本文と連携して読んだり、図版を眺めたりするのに少々骨が折れます。

そして、ガイドブックをも標榜する本書としてはある意味、最も残念な点になってしまうのがメインとなるべき「ガイドマップ」が極めて寂しい点でしょうか。単純な輪郭街路図で表現されたマップはカラーページの優位性が生かされていませんし、散策場所も単なる赤い点で示されているのは、本書を期待して手に取られる歴史散策を好まれそうな熟年層の皆様にとっては興ざめになってしまうのではないでしょうか。この辺りは歴史書専門の版元さん故に、編集リソース範囲の限界を感じてしまう点です。

本シリーズはこれからも続々と刊行されるとの事ですので、もう少しガイドブックとしての体裁に気を使って頂けると、より多くの読者の方を獲得できるシリーズになるのではないかと思いながら、巻末の刊行予定を嬉々として眺めていたりします。

一読者の勝手な言い分です。

  • ガイドマップについては、少なくともイラストマップ化された方がより親しみやすいかと思います
  • 散策の部分については他書にも例があるかと思いますが、コラム的に各節に挿入された方が読みやすいかもしれませんね(意見は分かれると思いますが)
  • できれば、巻末に訪問史跡、観光案内所、関連博物館等の訪問方法、連絡先の一覧ページがあると、ガイドブックとしてより便利かと思います

<おまけ>

本ページで扱っている他の中世史の書籍のご案内も

足利尊氏と関東and中世史の本達