初冬の杖突峠から伊那谷へ

12月を迎えて本格的な冬シーズンに入ると、冬山装備もスキーもしない身にとって撮影する対象が少しずつ減ってくるので、ついつい出不精に陥ってしまう週末の午後。

折角の好天、めんどくさがりの心をぐっと押さえて、展望の良い場所を求めてお出かけです。

初冬の杖突峠1こんな初冬の天気の良い午後は杖突峠からの眺めが最もよくなる時です。正面に八ヶ岳のパノラマが広がります(Lumia1020)

初冬の杖突峠(南八ヶ岳)雪を被った主峰、赤岳をセンターにアップで(Lumia1020)

初冬の杖突峠(蓼科山)そして、こちらは横岳と蓼科山を。今年は雪が少ないようです。蓼科側のスキー場は今週末のオープンを見送っていますね(Lumia1020)。

初冬の杖突峠2そして、霧ヶ峰から続くパノラマは諏訪湖を越えて雪で真っ白になったアルプスの山々に繋がっていきます(Lumia1020)。

道の駅南アルプスむらそして、伊那谷に向かった際に必ず寄り道をする道の駅「南アルプスのむら」。今日も名物のクロワッサンを求めるお客さんで一杯です。

道の駅南アルプスのむらのパン残念ながらクロワッサンは予約でいっぱいで購入できず。それでも、お昼ご飯後のタイミングにも関わらず、その他のパンはまだ売っていましたので、お買い上げです。

初冬の美和ダム湖焼きたてのパンを頬張りながら、西日を浴びてエメラルドグリーンに輝く美和ダム湖を(Lumia1020)。

あと半月もすると、一面がうっすらとうぐいす色に染まった氷原へと変わっていきます。

伊那谷より夕暮れの南アルプスお帰りは伊那谷を北上して諏訪湖方面へ。

箕輪付近から眺める夕暮れの南アルプスも山頂部分は雪で覆われています(Lumia1020)。

こちらも、もう少しすると真っ白な山並みを見せるようになります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中