風の強い冬の午後に(八ヶ岳南麓を転々と)

強い寒気が入った今週末。山々には雪雲がかかり、風は強く、天気が安定しない日々となりました。

それでも、時折強い日差しが差し込む午後、近場を転々と移動してみます。

午後の日差しを受ける雪雲と甲斐駒1雲が晴れたおかげで、眩しいほどの日差しを浴びる、三峰の丘から望む甲斐駒ケ岳(Lumia1020)。

三峰の丘には、くっきりと晴れ渡った東の空に映る富士山と列車のコラボレーションを狙う鉄道ファンの方々が大挙して訪れていましたが、レールも引かれていない甲斐駒方向にご興味を示される方は…

午後の日差しを受ける雪雲と甲斐駒2少し北側によって、甲斐駒と西日を真正面に捉えて(Lumia1020)。

強風で体が持って行かれそうになるのを抑えながら撮っているので、映り込んでいるものが悉くブレてしまっていますね。

山々にかかった雲は強風で押し流され、眩しい日の光は、枯れて茫洋とした大地に只々降り注いでいます。

午後の日差しと雪を戴く八ヶ岳八ヶ岳大橋から雪を被った八ヶ岳を眺めます(Lumia1020)。

八ヶ岳からは雪雲が強い風に乗って押し流されていきます。

八ヶ岳をバックに清泉寮少しずつ標高を上げて清泉寮へ(Lumia1020)。

今日もたくさんの観光客の方がお越しになっています。

冬のまきば公園から秩父連山を更に標高を上げて、まきば公園へ。デッキから下は冬季閉園のため降りることが出来ません。デッキより秩父連山と富士山を。抜けるような冬晴れの空が広がります(Lumia1020)。

雪雲に隠れる権現岳デッキの反対側を望みます。

真正面に雪を被った権現岳が聳えます。その奥に主峰、赤岳が望めるはずなのですが、今日は雪雲の中です(Lumia1020)。

清泉寮までは観光客の車も多く見かけますが、ここ八ヶ岳横断道まで上がってくる車は僅かとなってきます。

雪景色の八ヶ岳と赤い橋八ヶ岳の赤い橋こと東沢大橋より雪雲を被った八ヶ岳を【E240:クリックでフルサイズ】。

風は強いですが、観光客も殆どいない赤い橋の駐車場から望む八ヶ岳は、観光シーズンとは全く異なった、しっとりと落ち着いた雰囲気を醸し出します。

夕景に映る八ヶ岳まきば公園から更に標高を上げて東麓のピーク、野辺山へ。

夕日を浴びた八ヶ岳と複雑に色を変える空を捉えて【E240:クリックでフルサイズ】。桃色に染まる雲と八ヶ岳日暮れが迫ってきたので山を下り始めます。再び通過した八ヶ岳大橋から桃色の雲に囲まれた八ヶ岳が顔を覗かせてくれました【E240:クリックでフルサイズ】。

雪雲は徐々に晴れつつあります。

八ヶ岳大橋と夕暮れの南アルプス最後に雪雲に囲まれる南アルプスの山々を八ヶ岳大橋越しに【E240:クリックでフルサイズ】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中