風の強い冬の午後に(八ヶ岳南麓を転々と)

強い寒気が入った今週末。山々には雪雲がかかり、風は強く、天気が安定しない日々となりました。

それでも、時折強い日差しが差し込む午後、近場を転々と移動してみます。

午後の日差しを受ける雪雲と甲斐駒1雲が晴れたおかげで、眩しいほどの日差しを浴びる、三峰の丘から望む甲斐駒ケ岳(Lumia1020)。

三峰の丘には、くっきりと晴れ渡った東の空に映る富士山と列車のコラボレーションを狙う鉄道ファンの方々が大挙して訪れていましたが、レールも引かれていない甲斐駒方向にご興味を示される方は…

午後の日差しを受ける雪雲と甲斐駒2少し北側によって、甲斐駒と西日を真正面に捉えて(Lumia1020)。

強風で体が持って行かれそうになるのを抑えながら撮っているので、映り込んでいるものが悉くブレてしまっていますね。

山々にかかった雲は強風で押し流され、眩しい日の光は、枯れて茫洋とした大地に只々降り注いでいます。

午後の日差しと雪を戴く八ヶ岳八ヶ岳大橋から雪を被った八ヶ岳を眺めます(Lumia1020)。

八ヶ岳からは雪雲が強い風に乗って押し流されていきます。

八ヶ岳をバックに清泉寮少しずつ標高を上げて清泉寮へ(Lumia1020)。

今日もたくさんの観光客の方がお越しになっています。

冬のまきば公園から秩父連山を更に標高を上げて、まきば公園へ。デッキから下は冬季閉園のため降りることが出来ません。デッキより秩父連山と富士山を。抜けるような冬晴れの空が広がります(Lumia1020)。

雪雲に隠れる権現岳デッキの反対側を望みます。

真正面に雪を被った権現岳が聳えます。その奥に主峰、赤岳が望めるはずなのですが、今日は雪雲の中です(Lumia1020)。

清泉寮までは観光客の車も多く見かけますが、ここ八ヶ岳横断道まで上がってくる車は僅かとなってきます。

雪景色の八ヶ岳と赤い橋八ヶ岳の赤い橋こと東沢大橋より雪雲を被った八ヶ岳を【E240:クリックでフルサイズ】。

風は強いですが、観光客も殆どいない赤い橋の駐車場から望む八ヶ岳は、観光シーズンとは全く異なった、しっとりと落ち着いた雰囲気を醸し出します。

夕景に映る八ヶ岳まきば公園から更に標高を上げて東麓のピーク、野辺山へ。

夕日を浴びた八ヶ岳と複雑に色を変える空を捉えて【E240:クリックでフルサイズ】。桃色に染まる雲と八ヶ岳日暮れが迫ってきたので山を下り始めます。再び通過した八ヶ岳大橋から桃色の雲に囲まれた八ヶ岳が顔を覗かせてくれました【E240:クリックでフルサイズ】。

雪雲は徐々に晴れつつあります。

八ヶ岳大橋と夕暮れの南アルプス最後に雪雲に囲まれる南アルプスの山々を八ヶ岳大橋越しに【E240:クリックでフルサイズ】

広告
雪の合間にちょっとお散歩なら(清泉寮とやまねミュージアム)

雪の合間にちょっとお散歩なら(清泉寮とやまねミュージアム)

ご注意!

こちらの記事の写真は2012年12月8日に撮影したものです。

ヤマネの冬眠状況は常に変化しますので、お越しになる前にやまねミュージアムにお問い合わせ願います。

12月に入ると、北からの寒気が流れ込む日には時折ぱらぱらと雪が舞う日が増えてきます。

本格的な積雪まで至る事は少ない八ヶ岳南麓ですが、それでも毎年数10cm位は積もる事もありますし、僅かでも積雪があると、凍結して容易には溶けてくれないのでスタッドレスは必須です。

そんな降雪中は中々お出かけする気にはならないのですが、意を決して車を駆ればこのシーズンにしか観ることのできないシーンに出会うことが出来ます。

雪雲に霞む八ヶ岳雪が小休止となった午後、八ヶ岳でも南側や東側は雪が少ないので、いつもは通過してばっかりの清里へお出かけしてみます。

こんな時、八ヶ岳は何時も雪雲を被って顔を見せてくれません。

清泉寮に向かう雪道少し標高を下げて、清里駅から清泉寮に至るアプローチルートに出てきます。

降雪後になると道はこの通り。急な坂道ですので4WD+スタッドレスでも慎重な走行を強いられます。

清泉寮から雪原の牧草地清泉寮前に到着です。ポールラッシュ祭がおこなわれる正面の牧草地も真っ白な雪原になっています。辺りは強烈なブリザードで粉雪が吹き上げられています。

ブリザードと清泉寮ブリザードに霞む清泉寮と、青空の中、僅かに顔を覗かせる八ヶ岳を【クリックでフルサイズ】

観光客の皆さんは、暖かいショップの中でソフトクリームを楽しまれています(この撮影中にブリザードに吹き倒されて、観光客の皆様に笑われてしまいました…)。

やまねミュージアムへのアプローチ2観光客の皆さんはショップで美味しそうにソフトクリームとお土産を楽しんでいらっしゃいますが、ほんのちょっと足を延ばして頂くと、このシーズンだけの素敵な「宝物」に出会うことが出来ます。

やまねミュージアムへのアプローチ1雪に足を取られながら、清泉寮の周囲に広がる森の中を進んでいくと、右手に入口を示す案内板が見えてきます。

雪のやまねミュージアム案内板に従って牧草地に降り立つと、隅っこの方に小さなロッジ風の建物が見えてきます。日本でただ一か所のヤマネを扱った博物館「財団法人キープ協会 キープやまねミュージアム」です。

やまねミュージアムパンフ

とても小さな博物館で、展示物も手作り感満載だったりします(館内の写真撮影許可を頂かなかったので、お茶濁しでパンフにて…)。

観るだけであればものの数十分で終わってしまう程度の規模ですが、わざわざ冬場にここに訪れるには理由があります。ヤマネの冬眠シーンが観察できるのです。

ヤマネの冬眠風景

少し涼しい風が抜けて来る特別観察室に入ると、真っ暗な室内に、扉が付けられた観察用の窓が設けられています。

覗き窓の向こうに体を丸めたヤマネがすやすやと眠っています。

ヤマネの冬眠風景2ノイズが酷いのですがこんな感じで背中の黒い筋をこちらに見せてくれています。

来館者が殆どいなかった雪の午後、ヤマネの寝姿を暫し独り占めさせて頂きました。

(お願い:撮影の際には決してフラッシュを使用しないでください!特にスマホなどでは大抵撮影モードがAutoになっていますので、勝手にフラッシュが発光してしまいヤマネの冬眠を妨害してしまいます)

自然に近い環境でヤマネの冬眠シーンが観察できる数少ない施設。冬場に八ヶ岳、清里界隈にお越しの際に、お土産物コーナーでヤマネのぬいぐるみを見かけたら「あ、本物も見なくっちゃ」と足を運んでいただけると嬉しく思います(もうちょっとましな写真用意できるように、後で出かけてきます…)。

ヤマネのぬいぐるみとミュージアムの入館ピンズ清泉寮お土産でも有名な「やまね工房」さんのヤマネぬいぐるみと、やまねミュージアム入館記念のピンズ。色で入館した年が判るようになっています。

今月の読本「希少種はいま」と「増える変わる生態系の行方」(増田今雄 信濃毎日新聞社)自然ではなくすべては人の営みの中に

今月の読本「希少種はいま」と「増える変わる生態系の行方」(増田今雄 信濃毎日新聞社)自然ではなくすべては人の営みの中に

今回は2冊のペアでご紹介。これまでも何度か取り上げさせていただきました長野県の地方新聞社にして、地方出版の雄、信濃毎日新聞社の新刊です。

信濃毎日新聞社の刊行物では何時もは楽しい本のご紹介が多いのですが、こちらは本格的に社会派、新聞連載記事を再構成して書籍化したもので、新聞紙上では再現が難しい貴重な動植物の写真が、フルカラーのグラビアで楽しむことが出来るだけでも価値のある一冊です。どちらも信濃毎日新聞社の編集委員である増田今雄氏が書かれています。

2010年に刊行された一冊目の「希少種はいま」と、今回刊行された二冊目である「増える変わる生態系の行方」は同じような表紙デザインのため、両者がシリーズ本である事は容易に想像できます。また、紙面の構成もほぼ同じですが、内容がそうさせたのでしょうか、一冊目の方は貴重な動植物のグラビア重視の図鑑風、二冊目の方は所謂マガジン形式でテキストを読ませることを重視したデザインで構成されています。

増える変わる生態系の行方

そして、この二冊は同じシリーズの本とは思えない程両極端なテーマを扱っています。

最初に刊行された「希少種はいま」は、まさに今危機的状況にある動植物について、当時流行っていた(流行では困るのですが)「レッドリスト」というテーマに基づいて取材された記事を纏められたものです。

ページ毎に紹介される動植物にはそれぞれにレッドリストのランク付けの標記がなされており、問題とされている状況の重さが把握できるようになっています。しかしながら、それぞれの記事を読んでいると、行政が定めたこれらのランク付けより、現状の方が遥かに状況が悪化している事を著者は指摘し続けていきます。

そして、これらの記事につけられている美しい写真の多くは、故意に撮影場所の記載が外されています。本来であれば、貴重な動植物に対しての知見を深めるためには、広くその存在を認知してもらい、直接生息域で観察してもらうことが最も効果的なのですが、記事の中でも繰り返し述べられているように、生息環境を保護し、盗掘を防ぐため、やむを得ない措置として伏せられています(取材交渉や撮影にはかなりの御苦労もあったようです)。

貴重な動植物は、その貴重さが高まるほどに経済的価値も天井知らずで跳ね上がっていくため、前述のような規制を敷いた上での取材記事となっている事は非常に残念なのですが、それ故に、掲載されている美しい動植物の写真は極めて貴重なものである事も事実です。

そんな貴重な写真の数々で彩られた「希少種はいま」に対して、今回刊行された「増える変わる生態系の行方」の方は、一見どこにでもある風景が実は外来種で埋め尽くされている事実を写真と共に我々に問いかけてきます。

温暖化による動植物の北進、高層部への進出、今話題のツキノワグマや鹿の大増殖などは長野でなくても最近、頻繁に耳にするようになりましたが、出色なのは外来植物の広がりについて多くの項を割いている点です。

路肩の雑草や、木々が何処からどのように来たかという事に関心を寄せる方は決して多くないと推察されますが、本書を見ていくと、実は多くの外来生物に占拠されている事に唖然とさせられます。そして、島国である日本で外来生物が上陸するのは必ず海沿い、特に貿易の盛んな場所からという事になりますが、長野県の外来種の場合はやはり横浜から上陸して定着してく種が多いようです(別書での指摘ですが、過去には鉄道の沿線沿いに広がるという傾向が認められたらしいです。GISの出番ですね)。

すなわち、海岸沿いや標高の低い場所、南の方から進出してくる動植物が、海から最も遠く、標高も最も高く、寒冷な長野県に定着したという事実が認められれば、その外来種が本州全体に定着している可能性が高いという判断が出来ることになります。

本書で扱われる外来種は、長野の一ローカル紙の連載記事でたまたま扱われたに過ぎないかもしれませんが、実際には日本全体に広がる外来種の進出状況を表すバロメーターになっているのではないかと思えてくるのでした。

そして、前著「希少種はいま」と同様に「増える変わる生態系の行方」で扱われた動植物の動向も、元を辿れば環境の変化や生態系の破壊、人間生活の移動範囲の大幅な拡大とそれに伴う無防備な動植物の導入による拡散…と、全て人間の生活変化に付随して生じている事ばかりです(盗掘、密売は言うに及びません)。

本書の貴重で可憐な動植物、目を疑うような路肩や河岸の外来植物の群落、傍若無人な動物たちが闊歩する山里の写真の数々を眺めながら、現在の我々の置かれている厳しい状況に目を向けずにはいられなくなります。表紙の帯の色がレッドリストを表す「赤」、外来種への警告を発する「黄」である事に著者の深い憂いが滲み出ているかのようです。

<おまけ>

  • 本書は、新聞連載コラムが元となっているため、閲覧性は極めて良いのですが、テーマを掘り下げて読まれたい方には少々内容が不足気味かもしれません。そこで、野生動物たちの明からな生態の変化を写真を通じて伝え続けている、駒ヶ根在住の動物写真家・宮崎学さんの作品も併せてご紹介します。増える変わる生態系の行方とイマドキの野生生物こちらの一冊「人間なんか怖くない 写真ルポ イマドキの野生動物」(宮崎学 社団法人農山漁村文化協会)です。この挑発的なタイトルと、人を食ったような表紙の写真、タイトルとは全くそぐわないお堅いイメージの版元。著者と版元の由来ご存じでない限りには、Webに広がっているトンデモ系サイトの写真を集めて刊行した写真集かと思われそうですがさにあらず。土門拳賞受賞者でもあり、動物写真の第一人者にして卓越した撮影技能と工夫を凝らした自動撮影機器の開発でも定評のある著者が、地元駒ヶ根をベースに自動撮影を駆使して収集した動物たちの本当の生態を見せる衝撃の写真の数々と、その探究心から発した興味深い生態や環境の変化への視点。そして、農林水産関係の書籍では学術書からコミカルタッチなエッセイまで無類の規模と幅広いラインナップを誇る農文協がタッグを組んで、急速に変わりつつある野生生物の生息環境と生態を保護の視点ではなく、現実を直視するため(著者はジャーナリズムもしくは報道写真と評しています)には、どのように伝えればよいのかを模索した一冊となっています。都会に暮らしているとほとんど意識することのない話題ばかりかもしれませんが、実は皆さんの暮らしているすぐそこまで野生生物の足音が聞こえてきている事を意識せずにはいられなくなる一冊です。

初冬の杖突峠から伊那谷へ

12月を迎えて本格的な冬シーズンに入ると、冬山装備もスキーもしない身にとって撮影する対象が少しずつ減ってくるので、ついつい出不精に陥ってしまう週末の午後。

折角の好天、めんどくさがりの心をぐっと押さえて、展望の良い場所を求めてお出かけです。

初冬の杖突峠1こんな初冬の天気の良い午後は杖突峠からの眺めが最もよくなる時です。正面に八ヶ岳のパノラマが広がります(Lumia1020)

初冬の杖突峠(南八ヶ岳)雪を被った主峰、赤岳をセンターにアップで(Lumia1020)

初冬の杖突峠(蓼科山)そして、こちらは横岳と蓼科山を。今年は雪が少ないようです。蓼科側のスキー場は今週末のオープンを見送っていますね(Lumia1020)。

初冬の杖突峠2そして、霧ヶ峰から続くパノラマは諏訪湖を越えて雪で真っ白になったアルプスの山々に繋がっていきます(Lumia1020)。

道の駅南アルプスむらそして、伊那谷に向かった際に必ず寄り道をする道の駅「南アルプスのむら」。今日も名物のクロワッサンを求めるお客さんで一杯です。

道の駅南アルプスのむらのパン残念ながらクロワッサンは予約でいっぱいで購入できず。それでも、お昼ご飯後のタイミングにも関わらず、その他のパンはまだ売っていましたので、お買い上げです。

初冬の美和ダム湖焼きたてのパンを頬張りながら、西日を浴びてエメラルドグリーンに輝く美和ダム湖を(Lumia1020)。

あと半月もすると、一面がうっすらとうぐいす色に染まった氷原へと変わっていきます。

伊那谷より夕暮れの南アルプスお帰りは伊那谷を北上して諏訪湖方面へ。

箕輪付近から眺める夕暮れの南アルプスも山頂部分は雪で覆われています(Lumia1020)。

こちらも、もう少しすると真っ白な山並みを見せるようになります。

初冬の「八ヶ岳ブルー」を愛でながら野辺山天文台へ

New!(2018.8.11) : この10年でミリ波干渉計の運用が終わり、太陽観測が共同研究に移行した国立天文台(野辺山地区、野辺山宇宙電波観測所/太陽電波観測所、現在は野辺山宇宙電波観測所)ですが、遂にその象徴である45m電波望遠鏡による電波天文台としての運用にも大きな制約が掛けられることになったようです。

 

12月に入りました。

1年で最期の月。このページを開始してから、間もなく1周年を迎えます。

何時ものように、お休みの日には八ヶ岳の周りをウロウロしていますが、今日は気分を変えてある場所に。

東沢大橋より初冬の八ヶ岳まずは、めっきり冬らしくなった、八ヶ岳横断道路の東沢大橋(通称、八ヶ岳の赤い橋)から望む八ヶ岳です(Lumia1020)。

落葉してからクリスマス前までの約半月、一大観光地であるここ八ヶ岳において、一年で最も静かな時を迎えています。何時もは車で溢れかえっている東沢大橋の駐車場も、今日は車が一台ずつ出入りする程度。すっかり落葉した山同様に、静けさに包まれています。

初冬の清泉寮より雪を被る富士山少し移動して、清泉寮へ。

富士山が霞の向こうに顔を覗かせています(Lumia1020)。

今日はイベントがあったようで、駐車場には多くの車が止まっていました。今日は暖かかったので、イベント参加者の方々も凍え込むことなく参加されていたようです。

野辺山から初冬の八ヶ岳野辺山から望む、雪を戴いた初冬の八ヶ岳を(Lumia1020)。

牧場の草も、すっかり枯れてしまっています。空は冬の八ヶ岳を象徴する抜けるような「八ヶ岳ブルー」を見せています。

平沢峠から冬の八ヶ岳東麓野辺山を挟んで東側に移動、飯盛山の駐車場から眺める八ヶ岳連峰の峰々です(E420)。

駐車場脇の天狗岩には、思い思いの岩棚でお昼ご飯を食べるハイカーの方々がびっしりと…。

平沢峠から初冬の八ヶ岳アップ八ヶ岳の主峰、赤岳と硫黄岳をアップで(E420:クリックでフルサイズ)。

もう綺麗に雪渓が出来ていますが、冬場のように山肌を覆いかぶさっている訳ではなく、初冬らしく谷筋だけが白くなっています。

麓のスキー場には徐々にですが人工降雪によるゲレンデが造成されつつあります。

野辺山天文台のパラボラ群そして、飯盛山の麓には、本日の目的地、野辺山天文台(正式には国立天文台 野辺山宇宙電波観測所/野辺山太陽電波観測所と謂います)に到着です。

実は、ここに寄るのは八ヶ岳の南麓に移り住むことになった最初の年の夏(最初の休み)以来、実にx年ぶりだったりします。目の前を通過することは結構あるのですが、中に入るのは本当に久しぶりです。

まずは、正面から入るとミリ波干渉計のパラボラ群が迎えてくれます。

奥の方にはここの主役でもある45m電波望遠鏡のパラボラが見えています(Lumia1020)。

野辺山天文台のパラボラ群2ミリ波干渉計のパラボラアンテナ。青空の下、真っ白なパラボラアンテナが映えます(Lumia1020)。

野辺山天文台の45mパラボラ1ミリ波干渉計の脇を暫く歩いていくと、主役である45m電波望遠鏡が正面に見えてきます。青空が眩しいです(Lumia1020)。

野辺山天文台の45mパラボラ3足元まで来ました。圧倒的な質量感が眼前に迫ってきます(Lumia1020)。

野辺山天文台の45mパラボラ245mパラボラをサイドから。パラボラ面の外筐が青空を照らし出して輝いています。

野辺山天文台の45mパラボラ545mパラボラを側面から。シンメトリーな美しさ。傾斜用の水平儀がよく判ります(Lumia1020)

野辺山天文台の45mパラボラ4正面からアップで(Lumia1020)

野辺山天文台の45mパラボラ4アップ傾斜部分のアップをLumia1020のフルサイズ画像からトリミングで【クリックでフルサイズ】

駆動用(いや、ガイド用だなこりゃ)ギヤの歯や軸受の輝き、カバーの質感がはっきり見て取れます。Lumia1020は周辺画質はレンズが小さいので極めて甘いですが、中心部はAPS-Cのデジタル1眼レフをも凌駕する流石の38MPixel。素晴らしい画質です。

野辺山天文台のパラボラ群3天空を指し示すパラボラアンテナたち(Lumia1020)。

少し離れてみても45m電波望遠鏡のパラボラアンテナの存在感は別格です。残念ながら傾斜状態は見られなかったのですが、それでも充分の迫力です。

野辺山天文台のヘリオグラフ群こちらは打って変わって、可愛い80cmパラボラアンテナが実に84台も並ぶ、電波ヘリオグラフです(Lumia1020)。

これだけ並べるとなると、広い敷地が必要な訳です(ちなみに南牧村を含む八ヶ岳の東麓が地デジのエリア外となっているのはこれら電波観測機器への影響を考慮しての事とか…なお敷地内は携帯電話は機内モードにせよと受付で指示されます)

野辺山天文台のパラボラ群と八ヶ岳そして、ミリ波干渉計パラボラ群越しに雪を戴く八ヶ岳を。

冬晴れの青空の美しい日。何時もの観光地からちょっと足を延ばして頂けると、意外な美しさに会えるかもしれませんね。