今月の読本「魔法の夜 竜宮ホテル」(村山早紀 徳間文庫)今度は私が伝えてあげる

New!(2016.2.15):竜宮ホテルシーズの最新刊「竜宮ホテル 水仙の夢」が刊行さました。

こちらにちょこっと紹介も書いています。

 

<本文此処から>

年末から続けていた村山早紀さんの著作シリーズも最後の一冊。

先に纏めのページを上げてしまいましたが、単巻としての感想も残しておこうかなと。

2011年に刊行された「竜宮ホテル」の続編。実際には2013年に徳間文庫に再収蔵された同作の続編として刊行された「魔法の夜 竜宮ホテル」のご紹介です。

竜宮ホテルシリーズ2冊本作は、クリスマスに関わる短編二編とエピローグが収められていて、一応、各編ごとに楽しむこともできるようになっていますが、やはりここは前作「竜宮ホテル」を読まれた後でご覧いただければと思います。

前作は、著者のシリーズ作品ではお馴染みの「風早の街」に建つ、竜宮ホテルの住人の一人となった主人公で小説家の響呼が、ホテルに住む不思議な住人との触れ合いを通して、自分自身の存在を見出していくお話となっています。

2013年の再収蔵時に追加された短編では、すっかり竜宮ホテルの住人の一人として馴染んでいる響呼と同居する、彼女を慕う妖怪の少女、ひなぎくの物語がモノローグとして語られていきますが、本作はこの追加短編を受ける形で、クリスマスシーズンをテーマにした物語が綴られています。本作でも、ひなぎく、そして響呼のモノローグが交差しながら物語は進んでいきます。

今回のゲストは元サーカスのピエロにして魔術師の佐伯老人と、ホテルのコーヒーハウスのアルバイトでもあり、ストリートミュージシャンでもある愛理ですが、二人に心を寄せる新しい登場人物や、響呼を竜宮ホテルに住むように誘った張本人でもある寅彦のお話も出てきます。

前作では、自分自身の居場所に不安を持ちながら、他人と接することが少なかった響呼ですが、本作ではまだまだ頼りないところを見せながらも、ひなぎくやゲストたちを見守る側の立場としての役割も演じていきます。

自分の能力に懐疑的て、自らを否定するように、自分の能力も否定してきた響呼が、自ら進んでその能力を発揮しようと動き出します。その目的は、自分の為ではなく、自分を必要としてくれる、自分を想ってくれる大切な人の為に。

本作はファンタジーなので、想ってくれている人が「人」であるとは限りませんが、それでも寄り添い、支え合う人がいることの大切さに改めて光を当てていきます。

そうしていくことで、響呼自身だけではなく、物語に登場してくるゲストたちの想いも少しずつ解き放たれていきます(登場人物の背景などに、同時期に書き下ろされた「ルリユール」の影響も見られますよね)。

逃げないこと、一瞬を大事にすること、時には演じ続けることで誰かの想いに応えること、それでも伝えたい気持ちを伝える事。

まだ、本当の意味で自らを解き放てたわけではない響呼を更に促すように、ちょっと厳しめな著者はこう語らせます

「知らないこと、気付かないことも罪だから」

響呼がもつもう一つの力「本を書く」は著者のものでもあります。物語のエピローグで、その想いをこう述べていきます(長文引用すみません)

—引用ここから—

人間は、魔法を使えないかもしれない。けれどきっと、ささやかな願いや、美しい祈りを未来に伝えて行くことは出来る。

遠い時の果てで、私たちの祈りは、未来の誰かを寒さから救い、その涙を乾かし、ふたたび微笑みを取り戻すための力になれるのかも知れない。

言葉は、傷を覆う薬になり、凍える体をふんわりと包む、優しい羽毛になるのかも知れない。

わたしの残したささやかな物語を、遠い未来の荒廃した日本で、日比木くんが喜び、その心の支えにしたように。

(言葉は、宇宙に残る・・・・・・)

だからわたしたちは祈る。そっと空に、星に願い事を託すのだ。

空を見上げて。星が灯るように輝く、この地上から。

街—わたしたちが生きる、大切なこの場所から。

—引用ここまで—

クリスマスをテーマにした作品らしい、想いの伝え方ですが、一方で著者がシリーズとして書き続けている「風早の街」への想いの一端をもここで伝えてくれています。

大切な場所、大切な人と一緒に。

<おまけ>

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中