今月の読本「動乱の東国史5鎌倉府と室町幕府」(小国浩寿 吉川弘文館)混迷の室町期東国動向に光を

一昨年から続いていた、吉川弘文館の意欲的な歴史シリーズ「動乱の東国史」。全7巻のうち、6冊までは順次刊行されていたのですが、唯一刊行が遅れていた第5巻が昨年末に漸く刊行。シリーズが完結しました。

東国ファンとしては全巻揃えたいのは山々なのですが、ハードカバーはやはり高い…。前半戦に特化して買い続けたラストが今回ご紹介する一冊「鎌倉府と室町幕府」(小国浩寿 吉川弘文館)です。

鎌倉府と室町幕府中世の東国史において、最もマイナーな時代をカバーすると思われる今回の一冊。具体的には足利尊氏と弟である直義が争った観応の擾乱終結後、鎌倉に置かれた半独立行政府である鎌倉府とその主催者でもある鎌倉公方、そして掣肘役とも捉えられる関東管領の設置から始まり、実質的な半独立行政府としての体裁を失う永享の乱まで(その後も少し記述されています)が扱われています。

カバーしている範囲を見ると、なるほど鎌倉府の事績を取り扱った書籍かと思わせられるのですが、差に非ず。

本書においては、鎌倉府自体が扱われるシーンは決して多くなく、むしろ周辺を跋扈する多彩な御家人、一揆、そして隙あらば鎌倉府の主を狙う奥州の公方たち。周辺だけでもこれだけ多彩なメンバーが登場するだけでもお腹一杯なのですが、このメンバーたちを京から攪乱すべく、歴代将軍達が時に関東管領、時に京都扶持衆、時には奥州の公方たちを扇動するは、鎌倉公方を直接恫喝するはで、登場人物が目まぐるしく入れ変わります。

それもこれも、既刊のシリーズをご覧いただければ判るかと思いますが、根本的には源頼朝が鎌倉に幕府を開いた時からの矛盾を引き継いでいる事がはっきりしてきます。

関八州のうちでも、頼朝の挙兵に協力的だったのは南関東、具体的には相模、武蔵、安房、下総、上総、そして旗揚げの地である伊豆位までで、その他の諸国は頼朝への旗幟を鮮明にしなかった武士たちも大勢いたわけです。

特に、頼朝に頑強に抵抗した常陸の佐竹や、下野の藤姓足利氏の存在など、鎌倉を中心として同心円状に離れていくほどに、御家人たちの統制の足並みはがバラバラになっていきます。更には下野、常陸から北に大きく広がる奥州については、所謂占領地であって、鎌倉末期に至っても執権体制による完全な支配は確立されていなかった状況です。

この足並みの揃わない北関東を間接的に支配する為に、鎌倉幕府開設当初からある程度規模を有した伝統的御家人の存在を認めざるを得ず、その最大勢力が他ならぬ足利氏だった訳です。

その足利氏が京都に幕府を置く事で、パワーバランスの崩れた関東の諸勢力は、南北朝とそれに続く、足利兄弟の争いによる観応の擾乱に巻き込まれ、更なる分裂をきたすことになり、その後も長く、争い続けることになります。

そこには、南北朝期から戦国期にかけての複雑なパワーバランスの極致を見ることができます。朝廷に南北あり。幕府に将軍側近勢力と守護大名勢力あり。そして関東にはそれぞれの出先勢力である関東管領と京都扶持衆、幕府から任命を受ける守護。対抗するのが鎌倉公方と側近勢力。彼の動きに呼応するのは南関東を地盤とする一揆衆と北関東を地盤にする伝統的御家人。

鎌倉時代から続く直轄領的な役割を与えられた為に、小規模な勢力が蟠踞する南関東の勢力と、規模を有した独立勢力が温存された北関東の勢力が、鎌倉の公方側近の勢力(主に南関東の衆)を挟んで綱引きを繰り広げます。

歴代の鎌倉公方は、いずれも東国一円に威令を達せさせるため、北進政策を続けるわけですが、それを掣肘するのが将軍家と連携する関東管領である上杉家。鎌倉公方とは普段は協調路線を取る訳ですが、実際には関東の外郭である伊豆、上野、越後を押さえることで、鎌倉公方の膨張を間接的に抑え込んでいます。更に本来は鎌倉公方の北進を先導すべき奥州の公方たちにも将軍家の懐柔の手が及んでいきます。

そのすべては、当時を表す複雑な多重支配体系が生み出す幻想。鎌倉公方と将軍家は並び立つ存在であるとの想いの発露と掣肘が繰り返されていきます。

このように、室町期の東国は、鎌倉幕府創設時からの東国の南北関係が、形態や主を変えながらも長く継続していった結果生じた、衝突と均衡の歴史である事が判ります。そして、鎌倉を追われた関東足利公方家が何故古河に動座したか。すなわち、小規模勢力が跋扈し、離散集合を繰り返していった南関東の小規模な諸勢力の上位者としての立場から、歴代の鎌倉公方の方針である北進政策を採り、依然として一定の規模を有する伝統的勢力の力を借りながら、奥羽をも指呼に位置する、河川による交易の権益を掌握できる場所に拠点に移したと言えます。

本書では、これらの内容を、歴代鎌倉公方の治績を踏まえながら、複雑極まりない周辺勢力との競合と協調、京との緊張関係を比較引用しつつも、なるべく平易に取り扱う事に注力してます。

鎌倉公方の動向としては、自らの地盤である南関東の直轄地化を指向した掌握過程の検証。戦略地である奥羽の入り口に対しては、送り込んだ公方たちと現地勢力の綱引きの事例を示すことで、鎌倉公方が東国に独自の政治機構を指向していた事を示唆していきます。

京との関係では、関東のパワーバランスに非常に大きな影響を与え続けたため、鎌倉公方を取り扱う内容とほぼ同じ分量で将軍の動向も叙述していきます。それは光と影のように、入れ替わり立ち代わり現れていきます。

この複雑極まりない鎌倉府と中心とした室町期の関東の情勢は、最終的には公方持氏と管領憲実の確執、籤引き将軍義教の挑発に乗る形で崩壊の道を辿る事になるのですが、著者はここで専門分野でもある軍記の研究を通した知見に基づく、一つの提起を行っていきます。

将軍家の後継に名乗り出たり、血判状に見られるような名望家で短気、暴力的なイメージの鎌倉公方足利持氏と、足利学校の再建や領地越後での崇敬、落飾後の放浪(本書では述べられていませんが最後は山口で客死)に見られるような、知的で温和、ナイーブなイメージで語られる関東管領上杉憲実の両者の固定観念的な扱いに疑問を投げかけていきます。

自分の短慮を詫びて、京に対して服従の意思を表し続け、臣下に対して妥協を重ねていく神経質なナルシスト持氏と、頑固で融通が利かず、剃髪までして周囲を困らせた挙句、将軍の叡慮を引き出して、自身の立場を有利にしていく狡猾な戦略家憲実(更に戦になると、刃を交える前に勝敗を決してしまう程の巧者)。

果たして、著者の提起が学会や万人に受け入れられるのかは判りませんが、複雑な人間模様が交差する室町期の東国。これからの研究の推移によって、驚くような人物像や意外な見解が更に出て来るような、奥深さをひしひしと感じさせます。

<おまけ>

広告

今月の読本「動乱の東国史5鎌倉府と室町幕府」(小国浩寿 吉川弘文館)混迷の室町期東国動向に光を」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 今月の読本「カクレキリシタンの実像」(宮崎賢太郎 吉川弘文館)土着した最後の姿を看取るキリスト者としての想い | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

  2. ピンバック: 今月の読本「戦乱の中の情報伝達」(酒井紀美 吉川弘文館)古文書が鮮やかに描き出す中世庄園と荘官のドキュメンタリー | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

  3. ピンバック: 今月の読本「武蔵武士団」(関幸彦編 吉川弘文館)軍記と系図、街道が織りなす武士達のオムニバスストーリー | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

  4. ピンバック: 今月の読本「南朝の真実」(亀田俊和 吉川弘文館)南朝を主軸とした楽しい南北朝人物伝と、もう一つのお話を | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中