今月の読本「カクレキリシタンの実像」(宮崎賢太郎 吉川弘文館)土着した最後の姿を看取るキリスト者としての想い

今月の読本「カクレキリシタンの実像」(宮崎賢太郎 吉川弘文館)土着した最後の姿を看取るキリスト者としての想い

日本でキリスト教徒(ローマカトリック、正教、プロテスタント)の人口比率は近年、1%程度の水準で殆ど変化がないとの事ですが、日本の歴史上、もっとも信者の多かった時代は、禁教前の桃山時代とみられており、その総数は人口の3%程度、最大でも76万人程度とみられているようです。

何時の時代でも、日本ではマイノリティなキリスト教ですが、その中でも弾圧と粛清、禁教の時代である江戸時代におけるキリスト教信者は、現在では一般的に「隠れキリシタン」と呼ばれて、弾圧の中、宗教的な生活を守り抜いた一種の奇跡として、特に海外などでは賞賛を以て、捉えられる事が多いようです。

そんな「カクレキリシタン」の今を取材した貴重な一冊が、今回ご紹介する「カクレキリシタンの実像 日本人のキリスト教理解と受容」(宮崎賢太郎 吉川弘文館)です。

カクレキリシタンの実像まず、このマイナーなテーマを一般新書として、極めて安価(2300円)で刊行された、版元の吉川弘文館様の英断に敬意を表したいと思います。歴史文化遺産登録絡みで刊行を決断されたことは、容易に理解できますが、どう考えても決して多くの冊数が望める内容ではない、このような研究書を一般向けに刊行されることは、社内的にも随分と議論があったのかと思います(そのような意味では、本書を日本で一番海から遠い、ここ信州の山里に、しかも新刊棚に表紙を向けて陳列された、いつもお世話になっている、岡谷、笠原書店本店様の選定眼にも感激しています。門外漢なので、読むの結構辛かったですが)。

著者は、長崎のカトリック系大学に奉職するキリスト者(クリスチャン、ローマカトリック信者)であり、正確な宗教的理解に基づいて、現在まで生き残ったカクレキリシタンの宗教的行事の調査を、25年もの長きに渡って行っています。その地道なフィールドワークによって得られた、カクレキリシタンの信仰と、自身の宗教的理解に基づくカトリックとしてのキリスト教の理解との相違について、本書は極めて丁寧に描いていきます。

どのような宗教行事が残っているのか、元となったカトリックの典礼とどこが異なっているのか、司祭もいないまま、だれが400年もの長きに渡って、教義を守って来たのか。

著者は主な調査フィールドであった行月島を中心として、広く長崎地方に広がるカクレキリシタンの皆さんの信仰生活を、出来うる限り広範に収録していっています。年々信者が減少し、厳しい宗教儀礼を維持することが困難になったために、解散を迫られる信者集団が増える中、著者は最後の記録を残すべく、精力的な取材を続けます。

同じカクレキリシタンでも、一浦超えるごとに、オラショも、行事も、信奉する神々の姿も、最も神聖でどの信仰集団でも最後まで継承されてきた聖水の取り扱いも、全く異なっている事に驚かされるとともに、厳しい規制の中で、口伝と記憶に頼る継承の限界を、まざまざと見せつけられます。

そして、海外のメディア等でも奇跡として扱われている、禁教時代を乗り越えて維持されてきた教義について、キリスト者である著者は冷徹な結論を導き出します。

「カクレキリシタンはキリスト者ではない」、と。

厳しい弾圧と、口伝と記憶に頼らざるを得なかった継承の結果、教義が崩れてしまったことを指摘しているのかと思われる方も多いかもしれません。しかしながら、著者は更に検証を加えながら、ザビエル伝承当初から、日本人にはキリスト教の教義が殆ど受容されていなかったと判断していきます。

八百万の神々を信奉する、先祖崇拝を規範とする日本人の信仰観に於いて、多くの神の中の一つとして、習合の一形態として受容されたと理解していきます。それはキリスト者である著者にとっては、非常に厳しい判断だったかと思いますが、キリスト者故の教義理解から判断すると、現在のカクレキリシタンの皆様が堅持してきた教義に否定的な見解を与えざるを得ないという、厳しい眼差しが見えてきます。

彼ら自身が、その習合の中で最も崇高な位置付けを以て堅持してきた、カクレの崇拝儀礼や諸道具、檀家制度の影響で、仏式の葬儀を迫られた故に、編み出した清めの儀式、多くは失われてしまったが、それでも毎週のごとく行われる宗教儀式の意味合い、その全てが本来の意味を失い、形式や式文にこそカトリックの僅かな香りが残っていますが、内容的には完全に日本人の信仰観に合されている事を、繰り返し行われた信者の方へのインタビューで明らかにしてきます。ローマカトリックの典礼の影を引きずった、先祖崇拝を基軸とした未開のアミニズムと。

更には、命を賭して守り抜いてきた信仰自身も、神への信仰ではなく、先祖崇拝を基底とした、先祖より受け継いできた崇高な伝承を後世に伝えることへの使命でしかないと著者は語ります。もはや、ローマカトリックの信者としては、その内容を受容しがたいという想いを重ねて。

キリスト者、特にクリスチャンの方々にとっては、殆ど失望にも近い結論が繰り返されていく本書ですが、その事について、最後に著者は自らの信仰、教会を戒めるような文章で締めくくっています。

それは、ローマカトリックはおろか、キリスト教全体が日本の社会に受け入れられない現状に対する、研究者としての発露。その中で、弾圧を潜り抜けて、本来の教義を失いながらも継承を続けてきたカクレの教義に対する、キリスト者としての羨ましさすら感じさせる想いが見え隠れしていきます。

最後の数ページを使って著者が述べている意見は、決して一般の方々が受容できる見解ではないかもしれません。でも、そこまでの解釈を迫られるほど、日本にキリスト教が受容されない理由が見いだせない、現在の教勢への焦りと、キリスト者としての深い悩みが見え隠れする一冊でした。

<お願いとお詫び>

  • 私自身、キリスト者(クリスチャン、牧徒、信徒)ではありませんので、本ページの記述に対して、宗教的に見た場合、多々の誤謬が含まれていると思われます。あくまでも、葬式檀家でしかない、無宗派の一読者の感想として、寛容に捉えて頂けますよう、お願いする次第です。明白な誤謬があれば、コメント欄等より、ご指摘いただければ幸いです。

<おまけ>

本ページでご紹介している、テーマに関連する内容、他の吉川弘文館様に関連する書籍の感想です

広告
今月の読本「日本の食と酒」(吉田元 講談社学術文庫)三つの名著が誘う日本食の玄関へ

今月の読本「日本の食と酒」(吉田元 講談社学術文庫)三つの名著が誘う日本食の玄関へ

旧著や学術性の高い書籍の復刻、収蔵で高い評価を得続けている講談社学術文庫。昨今、同社の現代新書やライバルであった中公新書が、読者層のライト化や、競合する新書シリーズの大量創刊の影響を受けて、比較的読みやすくて、タイムリーな内容に偏りつつある中、厳然として旧来の姿勢を墨守しようという意気込みが見られる貴重な文庫シリーズです。

そんな、高い矜持を持っている講談社学術文庫ですが、最近、収蔵される作品のラインナップは、作品自体は古くても、なるべくタイムリーなテーマに沿うように意図されてきているような気がします。そんな意識が最も高まった1月のラインナップから、世界文化遺産への登録にタイミングを合わせて収蔵された一冊をご紹介します。

日本の食と酒」(吉田元)です。

日本の食と酒

本書は、表題にありますように日本食、そして日本の発酵食品の金字塔でもある日本酒、そして醤油と味噌についての歴史を著述した3部構成となっています。

それぞれの部には、ある3つの著名な作品が下敷きとして用いられています。

第一部は、室町から戦国末期までの長期にわたって、京都、大阪、そして東海道の様子を記録した貴重な日記である山科家の日記群からみた、当時の公家たちの食生活。

第二部は、同じ時期に奈良興福寺の僧侶の生活や、初期の醸造食品についての豊富な記録を有する、多聞院日記から見る、僧侶の食生活や、醸造手法(諸白化)への考察。

第三部は、日本酒の入門書として、名著中の名著でもある、坂口謹一朗先生の「日本の酒」へのオマージュとしての、日本型発酵食品完成への化学的プロセスの紹介。

一見してみると、歴史書の引用によるする、歴史家や食文化史の研究家の手による、食の歴史の本のように見えます。しかしながら、後半に行くに従って、現在の清酒に至る発酵プロセスの変化についての言及や、味噌、醤油の製造プロセス違いについての考察、特に日本の発酵食品でポイントとなる「火入れ」(低温殺菌)法への詳細な検討が加えられていきます。この部分だけ読むと、発酵醸造学の歴史的経緯を探求する色合いが非常に濃くなっていきますので、単なる食の歴史書かと思いながら読んでいくと、ちょっと様子が異なる事に気が付かれるかと思います。

この違いについては、読了後のあとがきまで、お楽しみに取っておくのが良いかと思いますので、著者のキャリアが為せる業と、だけ言及しておきたいと思います。そして、本書ではその想いが見事に融合した形で、一遍のストーリーとして成立されているのが、読んでいてとても心地よく感じられました。

そう、名著「日本の酒」が発酵・醸造学の見地だけではなく、日本酒の歴史的、文化的(時に経済的な側面も)な面での著述に高い評価が与えられているのと同様に、本書も歴史と背景の両側面を押さえる事が出来る著者だからこそ描くことができた、現代に伝わる日本食の原風景の成立過程を鮮やかに描写していきます。

そもそも、山科家の日記群にしても、多聞院日記にしても、当時の時代背景を検討する上では最高の研究素材。それぞれ単体の研究だけでも膨大な研究成果が発表されていますし、一般向けへの解説書籍も多数刊行されています(同じ講談社学術文庫に収蔵されている、今谷明氏の「戦国時代の貴族―『言継卿記』が描く京都」が描く悲喜こもごもの公家の生活風景は、歴史書を読む楽しさを存分に味わえる好著です。現在絶版なのが非常に惜しい)。

そんな、当時を知る上で第一級の研究資料の中から、「食」に関する部分だけを贅沢にピックアップした本書には、当時の一次資料でしか得られない、固定化されていない状態の、日本食の原風景が見えてきます。特に、著者の故郷であり、奉職の場でもあった京都に関する記述には、地理感を踏まえた丁寧な解説と(市場の往復にすら関銭を取られるのですが、位置関係が判らないと、何処まで買いに行っているのか判りませんよね)、現代の京都の市場で扱われている食材との比較から見た、びっくりするほど豊富な海産物の取り扱いと、少ない野菜の種類(これは、京野菜を売り込もうとしている現在の潮流から見れば、目から鱗の知見です)に驚かされるのですが、著名な研究資料を、こんな贅沢な形で取り扱わなければ、見えてこない事だった筈です。そして、ひらすら呑む、飲む、呑む…。公家同士の交流も、地下や、その複雑な経緯により民衆とも極めて近い関係にあった山科家歴代当主の日記だからこそ見えてくる、リアルな食生活の活写にぐいぐいと引き込まれていきます。そこには、歴史本を読む楽しさのエッセンスが溢れています。

多聞院日記についても同様で、頻繁に酒と肉に溺れてしまう、なまくら坊主達。まあ、いい加減な連中ではあるのですが、自分たちの為に丹精込めて作り上げた多段仕込み、諸白の製造方法が、現在の清酒の醸造方法として、世界的にも確固たる評価を得るようになったと聞いたら、それ見た事か、仏様のご加護のおかげだと、鼻高々に息巻く事でしょう。

そして、清酒の醸造方法にも、醤油や味噌の醸造方法にも頻繁に登場してくる「火入れ」の効能について、著者は専門家としての見解を加えていきます。そこには、日本文化礼賛、日本の技術オリジナリティを強調する一部の方々に対する冷徹な研究者としての眼差しが向けられていきます。それは先進的ではあったけれど、不完全な「技法」であり、「技術」には至っていなかったと。

この点は、実に悩ましいのですが、現在の日本の物作りが大きな曲がり角に来ている理由と全く同じ事を暗示しているのです。器用故に、ある形を作り上げることに対してはもの凄く上手くやりぬけるのですが、そこから原理原則に落とし込むことで、完全なリピータビリティを有することが求められる「技術」に出来ない日本人の悲しいい特性が、結局として明治以降に日本酒が「ローカルなお酒」に留まり続ける原因となった事を、著者は必然として指摘していきます(逆に、醤油は小分けにした陶器の瓶とタールによる密封というオランダ人達のアイデアを採り入れることで、幕末の遣欧使節団が日本食を恋しがる度に、寄港地毎に市場で醤油を調達できるほどに広まっており、現在では世界的に普及する調味料としての地位を占めつつあります)。

日本食が世界遺産に登録されて盛り上がるなか、一部の料理家の方や批評家の方の中には「食材こそ命」との想いから、日本食が世界の食文化の一部となる事に対して、否定的に捉えられているご意見も見受けられます。でも、この本を読んでいくと、日本食の食材、そして決定的なキーパーツとしての、日本の醸造技術の粋を集めた日本酒、醤油、味噌にしても、その成立から現在の姿に辿り着くまで、紆余曲折を繰り返してきている事がはっきりと理解できるかと思います。

我々が現在立っている位置も、歴史的に見ればほんの一瞬。完成されたと謂われる日本食も、日本の発酵食品も、これからもどんどん変化してく事でしょうし、変化し続ける、変化を受容することが、新たな文化を育んでいく。そんな想いを巡らせながら、夜更けに信州味噌を舐めながら、美味しい諏訪の酒が呑める。ささやかなれども、心を豊かにしてくれる風物を届けてくれた、先人たちの食への飽くなき探求心に感謝と敬意を表して一献を捧げるところです。

<おまけ>

本ページでご紹介している、食べ物に関する書籍、話題を