大雪の後で(積雪50cm越えの八ヶ岳西麓より)

昨年の積雪を上回る大雪となった昨日。

50cmを超える積雪は、流石に除雪にも一苦労でしたが、今日の気温は氷点下とはならず、天気も回復したため、急速に融けてくれました。

除雪の済んだ道路も、アスファルトが顔を覗かせるようになってくれたので、生活物資を補充に車を走らせます(以下、撮影は全てLumia1020、出力は5Mpixel modeです)。

大雪の後で1富士見町、小六から眺める八ヶ岳。

気温が高いせいでしょうか、それほど雪が積もっては見えません。

もちろん、畑の中は真っ白です。

大雪の後で2八ヶ岳側から、南アルプスの釜無川源流の谷を望みます。

山の上には、まだ雪雲がへばりついています。

大雪の後で3富士見町を越えて、原村まで進むと、気温は氷点下に。雪も大部残っています。

八ヶ岳実践大学校へのアプローチルートから、雪を被った木々と八ヶ岳を。

大雪の後で4車が余り入り込まない道路には、雪がまだ残っています。

木々には昨日降った雪で綺麗にデコレーションされています。

大雪の後で5大雪の後で6大雪の後で7雪を戴く山麓の森の風景を。

大雪の後で8何時もの場所から、八ヶ岳を正面に眺めて。

空にはぷかぷかと雲が浮かんでいます。気温は氷点下ですが、日の光のありがたさ。除雪された路面はアスファルトが見えるようになっています。

大雪の後で9真っ白な雪原となった圃場越しに、蓼科山と霧ヶ峰を(茅野市泉野)。

大雪の後で10こちらも、圃場越しに八ヶ岳の山々を望みますが、真正面は2車線の農道。

除雪が済んでいない道路はこの通り、圃場との境界も判らない状態です(茅野市泉野)。

大雪の後で11夕暮れが差し掛かり、暗くなり始めた西の山並。淡い空の色と、墨絵のような山の景色が印象的です(富士見町先能)。

大雪の後で12道の駅「信州蔦木宿」から望む山並み。白と黒の美しいコントラストが現れています。

大雪の後で13夕暮れを迎えた八ヶ岳を、富士見町葛窪の交差点より。こちらも雪原の向こうに、淡い空の色が広がります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中