春の彼岸に八ヶ岳西麓をゆっくりと

>御射鹿池の四季の彩りはこちらにて。

強風が吹き荒れ、吹雪となった昨日から一転、小春日和となった春の連休二日目。

まだ冬の面影を残す、彼岸の午後に八ヶ岳西麓を歩きます。

画像をクリックして頂くとフルサイズの表示になります。

春先の夕暮れ・立沢から南アルプス遠望立沢の圃場から南アルプスの山々を望みます。昨日も降った雪の影響で鳳凰三山も甲斐駒も真っ白です。

春先の夕暮れ・初春の入笠山水面を打つような輝きを見せる圃場の先には入笠山。シーズンも終盤を迎えた富士見パノラマスキー場のコースが西日を浴びて輝いています。

春先の夕暮れ・八ヶ岳中央実践農業大学校 八ヶ岳中央実践農業大学校の牛舎の外には春の日差しを浴びてのんびり日光浴をする牛たち。遠くに真っ白に雪化粧した南八ヶ岳の山々が聳えています。美濃戸から下ってきた路線バスには、満足そうな笑みを湛えた登山客の皆さんがいっぱいに乗っていました。

春先の夕暮れ・雪原越しに北八ヶ岳と霧ヶ峰真っ白な雪が残る牧草地の先に北八ヶ岳の山々と霧ヶ峰を。

春先の夕暮れ・南八ヶ岳全景麓に降りて、玉川の圃場地帯から南八ヶ岳の山々を全景で。

青空の下、粉砂糖をまぶしたように真っ白な雪化粧をした八ヶ岳を望むことが出来ます。

春先の夕暮れ・御射鹿池夕暮れを迎え始めた、奥蓼科、御射鹿池。すっかり落葉した落葉松の下に広がる雪景色をバックに白く凍った池が広がります。

春先の夕暮れ・御射鹿池3既に水温む彼岸。池の中央部まで解け始めています。

春先の夕暮れ・御射鹿池2解け始めた池の水面に雪化粧した斜面から夕日を浴びた落葉松の影が伸びていきます。

春先の夕暮れ・茜に染まる八ヶ岳夕暮れを迎えて茜色に染まる八ヶ岳の峰々を。麓はいえ標高1000mを軽く超える高原地帯の畑には、まだ雪が多く残っています。

春先の夕暮れ・茜に染まる八ヶ岳2茜に染まる八ヶ岳をアップで(Olympus E420)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中