八ヶ岳南麓の桜達(八ヶ岳を望む熱那神社と桜の老木)

八ヶ岳南麓から七里岩を下って降りて、再び登ってきたお散歩も、最終コース。

高根町にある、歴史ある神社である熱那神社に寄ります。

熱那神社と桜の老木立派な社殿と、見事な枝振りを魅せる桜の老木(E420)。

いずれも、北杜市の文化財に指定される由緒あるものたちです。

熱那神社自体は、正確に歴史をたどれる範囲でも新羅三郎から続く、歴代の甲斐武田氏の庇護を受けていたことを確認されている古い由緒を持つ神社です。

その脇に立つ桜の老木も、江戸後期に建て替えられた社殿とほぼ同時期に植えられたと考えられ、樹齢200年以上を誇る立派な老木です。

小さな集落の裏にひっそりと建つ熱那神社ですが、江戸時代までは周囲の総鎮守として崇敬を集めていた場所。現在でも地元の方の手によって神楽が奉納される心の拠り所となっている鎮守様です。桜の老木も、その趨勢をじっと見守ってきたことでしょう。

熱那神社の桜2神社脇の車道より(Lumia1020)。

熱那神社の桜8見事な咲き誇り振りです(Lumia1020)。

熱那神社の桜4境内側より(E420)。

亜綱神社の桜3樹齢200年を超えているとは思えない、樹勢。見事に咲き誇っています(E420)。

熱那神社の桜7たわたに花をつける。エドヒガンの一種だと言われていますが、正確には判らないそうです(E420)。

熱那神社の桜5老木に咲く、可憐な桜の花。奥にはまだ咲き始めの桜並木が続きます(E420)。

牧草地と早春の八ヶ岳熱那神社の脇には八ヶ岳が望める牧草地があります。牧草地の先に植えられた正面の桜の木々はまだ咲き始めです(E420)。

牧草地と雪をいただく八ヶ岳アップ牧草地越しに夕日を受ける八ヶ岳を(E420)。

春の夕暮れと甲斐駒春らしい夕暮れを迎える南アルプスの山々。空には幾筋もの雲が山に向けて伸びていきます(Lumia1020)。

春まだ早い夕暮れの水田どっぷりと西の山々に日が落ちていきます。静かな夕暮れ、早くも水の張られた水田には西日と空に伸びる筋雲が写ります(E420)。

広告

八ヶ岳南麓の桜達(台の下はもう春模様)

城山公園から更に山を下っていくと、春爛漫。もう初夏の装いです。

鳳凰三山と桜の花を城山公園近くの道端から、咲き始めた桜越しに鳳凰三山を(Lumia1020)。

尾白川から甲斐駒と南アルプス七里岩を下って、白州側に移動。大武川沿いにはもう新緑が見えています(Lumia1020)。

尾白川から八ヶ岳大武川に掛かる橋から八ヶ岳を遠望。朝晩の冷え込みが厳しいおかげで、八ヶ岳ブルーがまだ楽しめます(Lumia1020)。

穴山の桜と菜の花韮崎まで降りてくると、春満開。穴山郵便局前の桜の木に菜の花を添えて(Lumia1020)。

桃畑と鳳凰三山八ヶ岳南麓の山奥は、まだ桜も咲いていませんが、ほんの数十分車で下ると、もう桃の花も満開です。長坂町、若神子新町より甲斐駒と鳳凰三山をバックにして(Lumia1020)。

桃の花と茅ヶ岳満開の桃の花を。遠くには茅ヶ岳が望めます(Lumia1020)。

長坂町蓮成寺の桜2再び七里岩を登っていきます。古い宿場町の住職も居ないお寺の入り口には、立派な枝垂れ桜が咲いています(Lumia1020)。

長坂町蓮成寺の桜3桜の木の脇には、日蓮上人五百年遠忌を奉賀する石碑が建っています(長坂町渋沢、蓮成寺)。

この桜も同じ頃植えられたのでしょうか。そうすると、幕末頃から100年以上も、この忘れられつつある宿場で毎春花を咲かせ続けてきたことになります。

ソメイヨシノと違い長命を誇る桜達を見る度に、静かに佇む彼らの中に、その歴史の流れを思わずにはいられません(Lumia1020)。

八ヶ岳南麓の桜達(ちょっと標高下げて城山公園の枝垂れ桜)

八ヶ岳南麓の桜の開花までもう少し。

ちょっと待ちきれないので、山梨側に下って開花している場所までお散歩です。

まずは、観光協会さんのホームページの情報で開花を確認した、小淵沢町の城山公園に。

城山公園の桜と甲斐駒駐車場に入ると、真正面に甲斐駒を囲むように枝垂れ桜が迎えてくれます(E420)。

城山公園の桜と甲斐駒アップ3桜の花をアップで(E420)。

城山公園の桜と甲斐駒アップ奥の甲斐駒側にピントを送ります(E420)。

城山公園の桜と甲斐駒Nokia RefocusNokia Refocusの機能を使って、合成画像で全面焦点状態を(Lumia1020)

城山公園から甲斐駒と鳳凰三山公園の奥に入ると、甲斐駒と鳳凰三山が一望できます。流石に戦国期の山城跡。抜群の眺望です(E420)。

城山公園から甲斐駒アップまだ雪をたっぷりと残す甲斐駒をアップで(E420)。

城山公園の桜城山公園の斜面には、たくさんの桜が植えられてます。遊歩道を歩きながら(E420)。

城山公園の桜アップ2桜の花をアップで(E420)。

城山公園の桜越しに八ヶ岳城山公園の入り口を振り返ると、遠くに八ヶ岳を望むことが出来ます(Lumia1020)。

城山公園の桜と甲斐駒城山公園の枝垂れ桜は今が見頃。夜の冷え込みが厳しいので、しばらくその姿を楽しめそうです(E420)。

 

今年の八ヶ岳南麓の桜は遅れ気味(2014.4.11)

豪雪に見舞われた冬を越えて、ようやく春めいてきた八ヶ岳南麓。

寒暖の差が激しく、ここ数日は再びストーブを引っ張り出さなければならないほど冷え込んでいるせいもあって、今年の桜はきわめて遅れ気味です。そんな訳で、まだ開花も迎えていない桜の木々たちですが、雰囲気だけでも(写真はすべてLumia1020の5Mpixelモードで撮影してます。画像をクリックしていただくとフルサイズ表示になります)。

神田の枝垂れ桜20140408_1八ヶ岳南麓、小淵沢町にある枝垂れ桜の銘木、神田の桜です(2014.4.8)。

バックは八ヶ岳。最近樹勢が弱まっており、八ヶ岳颪を避けるために保護ネットが張られています(普段は西の甲斐駒側、正面もネットで覆われますが、開花シーズンだけは取り外されています)。

神田の枝垂れ桜20140408_2蕾が膨らんだ神田の桜のアップ(2014.4.8)。本日(2014.4.11)昨年より2週間ほど遅れて、開花しました。

神田の枝垂れ桜20140408_3バックに甲斐駒を入れて、神田の桜を(2014.4.8)。最近は桜の銘木として知られるようになりました神田の桜。シーズン中は多くの観光客の皆様を迎えるようになり、周囲は通行規制されます。どうか誘導に従って楽しんでいただけますよう、お願いいたします。

田端の枝垂れ桜20140411桜の老木がそこかしこに見られる、諏訪郡富士見町、信濃境の桜達より、甲斐駒をバックに今朝の田端の枝垂れ桜を(2014.4.11)。昨年は充分見頃を迎えていましたが、今年はまだ開花前です。

葛窪の枝垂れ桜20140411_1そして、同じく信濃境、葛窪の枝垂れ桜も。こちらも開花前の状態です(2014.4.11)。

葛窪の枝垂れ桜20140411_2葛窪の枝垂れ桜をアップで。ソメイヨシノと違って長命を誇るこの桜。老木らしい風格と、風雪に耐えてきた厳しさを感じさせます。花をつけた姿は、正に花咲か爺さんの世界です(昨年の満開シーンはこちらで)。

なお、写真の被写界深度が浅いのはLumia1020の制約(パンフォーカス)です。

春空と南アルプスまだ水の引き込まれていない、乾いた圃場越しに南アルプスの山々を。

春らしい、霞んだ空の色と、南アルプスへ向けてたなびく雲が印象的です。

火の見櫓と八ヶ岳をバックに桜の木を20140411八ヶ岳南麓の某所より、火の見櫓に寄り添うように植えられた桜の木と、すっかり雪の減った八ヶ岳を(2014.4.11)。

そろそろ開花を迎えそうなこの週末。冬の装いを残しながらも、もう間もなく春を迎える八ヶ岳南麓をちょっとお散歩してみては如何でしょうか。