初夏を思わせる日差しの中、八ヶ岳南麓をひと走り

すっかり暖かくなって、上着を脱ぎたくなるような日差しの週末日曜日。

世間ではゴールデンウィーク最初の週末となっていますが、連休無しの私にとって今年は単なる一週末。

遠出は無理だけど、観光客の皆様をかいくぐりながら、近場をぐるっと一周です。

まずは八ヶ岳の表玄関。韮崎のちょっと北に位置する、標高400m弱の新府の桃畑から。

新府の桃の花と鳳凰三山桃の花のピークはもう過ぎてしまいましたが、遅れて花を咲かせる桃の木を添えて、まだ雪をたっぷり残す南アルプス、鳳凰三山を(E420)。

菜の花畑と八ヶ岳1標高をぐっと上げて、七里岩台地の中腹、長坂町付近まで来ると、所々に桜の花も観ることが出来ます。

一面に花を開かせる、菜の花畑の向こうに八ヶ岳を遠望(Lumia1020)。

菜の花畑と八ヶ岳2南麓側から観ると、八ヶ岳の雪も大分減っています(E420)。

道の駅みなみ清里の鯉のぼり達1ルートを少し東に取って、道の駅みなみ清里に寄り道です。

駐車場はゴールデンウィークとあって、車で一杯。名物の鯉のぼりも強い風に吹かれて園内の空いっぱいに泳いでいます(Lumia1020)。

道の駅みなみ清里の鯉のぼり達2青空に泳ぐ鯉のぼりの群れを(Lumia1020)。

牧場越しに早春の八ヶ岳を遠望1一気に標高を上げて1400mを越えると、気温は高くても風は少し冷たく感じてきます。すっかり雪が無くなって、緑を取り戻した牧場越しに残雪残る八ヶ岳の峰峰を(Lumia1020)。

牧場越しに早春の八ヶ岳を遠望2正面には一切の遮る物は無く、唯々八ヶ岳と正対します(E420)。

空虚ともいえる景色の中、高原を抜ける冷たい風が時折うなりを上げて吹き抜けていきます。

高原の春はまだ少し先。ゴールデンウィークの到来と共に上昇して来るようです。

 

Lumia1020で夜桜三題(手持ちオンリーで信濃境の夜桜を)

New!(2015.4.15):例年恒例の信濃境、高森観音堂で開催される「高森観音堂de桜まつり」。今年は、4/18(土)、4/19(日)の二日間に開催されることが決定しました!振る舞いや、出店、信濃境駅発着で町が主宰するウォーキングツアーも実施されます(今年もこっそり、夜桜ライトアップがあるかも…)。詳しくは富士見町公式ホームページへ。

Lumia1020のカメラは41Mpixelという、その超絶解像度と共に、3段分相当とも謂われる強力な手ぶれ補正が魅力となっています。

そこで、手持ちで勝負!とばかりに夜桜撮影です。画像は全てLumia1020の5Mpixel modeで、もちろん手持ち(純正グリップ付き)です。

大宮神社の夜桜と神輿まずは、某大宮神社でリハーサル中の風景から。カクテルライトに照らしだれた夜桜と神輿を(トリミング済み)。

信濃境駅と夜桜こちらは信濃境駅とライトアップされた夜桜を。撮影予定無かったのですが、貨物列車が入ってきたので、慌てて撮影。切れが無いのは手ぶれのせいです(欄干使ったんですが、焦りすぎました.トリミング済み)。

高森観音堂の夜桜20140426_2そして、夜の信濃境、高森観音堂。今週末もライトアップを実施していました。

高森観音堂の夜桜20140426_3昼間にはなかなか出来ない、高森観音堂の枝垂れ桜の真正面からの撮影も、夜なら独り占めです。

高森観音堂の夜桜20140426_1古木の夜桜は、他とは違う趣が漂います。250年を越えようとする夜桜に対して、たまたま一緒に観ていたご婦人が語った「妖艶」という言葉が実はもっとも合っているのかもしれません。