妹尾武さん久しぶりのサントラはちょっと懐かしい日本映画テイスト入りで(いなり、こんこん、恋いろは。オリジナルサウンドトラック)

妹尾武さん久しぶりのサントラはちょっと懐かしい日本映画テイスト入りで(いなり、こんこん、恋いろは。オリジナルサウンドトラック)

ピアニストの妹尾武さんは、作曲家としても数々のアーティストに楽曲を提供していますが、もう一つ、映画やドラマ、アニメーションのサウンドトラックも手掛けていらっしゃいます。

作品数は少ないのですが、落ち着きのある、ちょっとほっとさせられれるサウンドトラックは、提供したアニメーションに限らず、多くのテレビ番組(特に旅行関係が多いのでしょうか)のバックに用いられていますので、ノンクレジットとはいえ、皆さんも一度はお聞きになったことがあるかもしれません。

そんな妹尾武さんが、5年ぶりに手掛けられたサウンドトラックが、今回ご紹介する一枚です。

いなり、こんこん、恋いろは。オリジナルサウンドトラック1今年の1~3月シーズンに放映されていたアニメーション作品「いなり、こんこん、恋いろは」のサウンドトラックです。

アニメに登場するキャラクターを差し置いて、CDのジャケットでピアノを弾いている妹尾さんを前面に出している、この手のアルバムとしては極めて珍しい構成のジャケットですね。

そして、帯も作品のタイトルは小さめに、妹尾さんのお名前が目立つように書かれています。

それもこれも、このサウンドトラックが実に力を入れて作られた証拠。

ライナーノーツを見れば一目瞭然。通常であればこのようなアニメーション作品(いわゆる深夜アニメの類)のサウンドトラックは、予算や製作期間の制約から打ち込み主体で、参加するアーティストも極めて限られるのが普通ですが、今回のアルバムはなんと、全曲スタジオ録音。しかも一部の曲はオーケストラスタッフまで参加する豪華な製作体制が敷かれています。

アニメーション作品のサウンドトラックを手掛ける会社のうち、本作も手掛けるフライングドッグ(旧ビクター音楽産業)は特にサウンドに拘りを持って制作されていますが、それでもこのような製作体制が敷けたのも、前作(ARIAシリーズ、Choro club feat.Senoo名義)が異例なほどの人気を博したことがあっての事。今回のサウンドプロデュースを手掛けるのもARIAシリーズと同じプロデューサーさんです。

いなり、こんこん、恋いろは。オリジナルサウンドトラック2かわいいライナーノーツとCDのレーベルを。題名通り、キツネのイラストがあしらわれています。

そんな豪華なサウンドが楽しめる本作ですが、テイストは前作のARIAとはちょっと異なります。

メインテーマ(No.03 いつも、こころに、青い空。)の最初のフレーズを聞いて、はっ、とされた方はご明察。ああ、そのまま続くと、某名作中の名作の日本映画(xさん…笑)が始まってしまいそうな、ちょっと懐かしさを感じさせる楽曲が多くみられます(ライナーノーツに服部良一、吉田正、山本直純各氏へのオマージュであることを述べていらっしゃいます)。

前半の多くはそんな懐かしさの漂う楽曲や、コケティッシュな楽曲続きますが(No.05 いなり、はんなり、京ぶらり、No.06 フシミナデシコ七変化)、中には緊張感を漂わせる美しい旋律の曲(No.09 Adagio for Strings,Op.1 -御魂-)があったり、和風音楽とオーケストラサウンドをミックスしてデジタルサウンド風に作りこまれた曲(No.10,11 KYOTO no.43)があったりと、サントラらしく、本来の目的であるアニメーション作品に寄り添うために作られた楽曲も豊富に取り入れられています。

そして、後半に向かうとARIAシリーズのサウンドトラックにも通じる、緩やかで、流れるようなメロディの曲が出てきます(No.16 君想う、星屑の空。、No.19 春色のワルツ、そしてNo.18 あの日の君を忘れないはご本人のピアノ独演で)。夕暮れ時や夜をイメージさせるこれらの楽曲を聞いていると、ちょっとほっとした気分にさせられます。

そして、17曲目の桑島法子さんがボーカルを務める「誰よりも大切な人へ」は妹尾さんが作編曲をすべて一人で手掛けられています。桑島さんのきりっとしたボーカルに妹尾さん演奏するメローなピアノとストリングスが響きあう、美しい一曲に仕上がっています(歌詞カードの下にも注目で)。

ボーカル曲の後はメローな楽曲が続きますが、どれも少し和風なテイストを醸し出しているところが心地よいですね。

最後(No.24 あの日の君を忘れない)は劇場映画のエンディングかと見まごうほどのスケール感のある、包み込むようなラストにふさわしい一曲。

美しい京都の風景(伏見稲荷をイメージして製作されています)に重なるように奏でられるこのサントラは、前作ARIAシリーズ同様に映像と音楽の素晴らしいコラボレーションを見せてくれています。そんな素敵な作品は何時でも楽しみたい、でもアニメーションの方はモニターの前でなければ楽しめませんが、音楽はいつでも楽しめるもの。

ちょっと心を休めたいとき、田舎道を車でのんびり走っているときに何時までも聞いていたい、そんな作品です。

ちなみに最もお気に入りの一曲は、虫の鳴き声の余韻が美しいNo.21 夏祭り、夢花火でしょうか。

ARIAのサウンドトラックたち前作ARIAシリーズのサウンドトラック達。

なんだかんだで、ピアノコレクション(2枚)を含めて、ほぼすべて買い揃えてしまいました(苦笑)。

今でも車で長距離を移動するときのBGMとして欠かせない、愛すべき作品です。

 

広告

よく晴れた五月の風景を(田植えを待つ水田と落葉松の新緑、まだ春浅い池のくるみへ)

ゴールデンウィークも終わった5月の週末。

ゴールデンウィーク中はお天気が安定しませんでしたが、ここに来て五月晴れがみられるようになりました。

ちょっと不調を抱えながらも、五月晴れの空の下、週末のお散歩です(画像をクリックして頂くとフルサイズで表示されます)。

水田に映る甲斐駒と鳳凰三山140509朝の水田越しに映る、南アルプスの山々と甲斐駒、そして鳳凰三山(Lumia1020)。

風のない、田植え前の朝しか狙えない貴重なタイミングで撮影することが出来ました。

水田越しに甲斐駒少し離れた、諏訪郡富士見町側より。水田越しに甲斐駒と鳳凰三山が遠く望めます(Lumia1020)。

長野側に入ると、普段は見えない、雪渓で飾られた仙丈ケ岳も顔を見せてくれます。

水田越しに八ヶ岳畔にびっしりと花を咲かせるタンポポ越しに八ヶ岳を(Lumia1020)。

標高1000mを超えてくる圃場の農耕シーズンは、地上より遥かに限られます。この後大急ぎで田植えが始まることでしょう。

新緑の観音平から富士山を標高をぐんと上げて、1600mを超える観音平へ。

このシーズンでも気温が下がれば、霞ながらも遠くに富士山を望むことができます(Lumia1020)。

観音平から新緑と甲斐駒同じく観音平から、午後の日差しを浴びる南アルプスの山々を(Lumia1020)。

展望台下の植え替えられた落葉松の若木は瑞々しい新緑を湛えています。

観音平の新緑の落葉松4少し、新緑の落葉松林の中に入ってみたいと思います(Lumia1020)。

観音平の新緑の落葉松3午後の日差しの中、落葉松林を歩きます(E420)。

観音平の新緑の落葉松2若い芽を付けた落葉松の木を見つけました(E420)。

観音平の新緑の落葉松1落葉松の若芽を(E420)。

まだ春早い夕暮れの池のくるみと八ヶ岳3夕暮れ。霧ヶ峰の裏側、池のくるみはまだ新緑に乏しいままです(Lumia1020)。

遠くに富士山を望むことができるのは、空気がクリアーな証拠。梅雨に入る6月からはこの眺めは望めなくなってしまいます。

まだ春早い夕暮れの池のくるみと八ヶ岳1池のくるみの湿原と八ヶ岳を遠望(E420)。

昨年の野焼き延焼によって、この付近もほとんど丸坊主の裸地となってしまったのですが、1年経つと、このように草原の風景を取り戻しています。ただ、今年もレンゲツツジは見れそうにありません。

夕暮れとグライダー1夕暮れとなって少し青さの抜けた空に、グライダー舞っています(Lumia1020)。

夕暮れとグライダー2夕暮れの中、霧ヶ峰滑空場に着陸するグライダーを(Lumia1020)。

頭上でランディングが始まったので、慌てて撮影した一枚。

穏やかな夕暮れ。初夏を通り越して夏を思わせるほどに気温の上がった八ヶ岳南麓ですが、山の上は涼しく気持ちの良い風が吹き抜けていきます。

こんな穏やかな天気もあと僅か。田植えの始まりとともに、梅雨のシーズンがもうすぐはじまります。