梅雨晴れの空の下、初夏の装いを追って

久しぶりに晴れ間に恵まれた、梅雨間の週末。

少々落ち込み気味で遠出をする気にはなれなかったのですが、日差しの眩しさに当てられて、午後のひと時、付近を散歩した際の風景を少々。

夏の入り口、水田と八ヶ岳遠くに八ヶ岳を望む、谷戸の水田より(北杜市小淵沢町本町)。

伸びるイネの穂と南アルプス風にたなびく水田の稲穂も大分伸びてきました(諏訪郡富士見町先達)。

蕎麦の花と初夏の南アルプス僅かではありますが、早生の蕎麦の花が咲き始めています。雪渓残る南アルプスの山々と蕎麦の花のコラボレーションはこの時期だけです(北杜市小淵沢町高野)。

初夏の青空夏空が広がる水田越しに、鳳凰三山と甲斐駒を(北杜市小淵沢町高野)。

まだ若芽の向日葵畑越しに八ヶ岳まだ若芽の県道沿いに広がる向日葵畑。真夏の頃になれば、こんな感じで背の丈ほどに伸びた向日葵の花と、八ヶ岳のコラボレーションが楽しめる事でしょう(諏訪郡富士見町高森)。

八ヶ岳自然文化園の白樺とレンゲツツジ梅雨の季節の花といえば、紫陽花ですが、八ヶ岳の周囲ではレンゲツツジガ梅雨時の花の代表。八ヶ岳の周囲ではそこかしこで楽しむ事が出来ます。

原村の八ヶ岳自然文化園近くに広がる、白樺林に咲くレンゲツツジを。

初夏の空に伸びる白樺梅雨晴れの初夏の空に高く伸びる白樺の木々(諏訪郡原村、八ヶ岳自然文化園裏)。

レンゲツツジ越しに蓼科山ビーナスラインに登ると、レンゲツツジの花たちはピークを迎えています。

レンゲツツジの名所。車山肩にある、伊那丸富士見台駐車場前より、正面に蓼科山を見て。

夕暮れ時、梅雨晴れの池のくるみ夕暮れの霧ヶ峰、池のくるみを望みます。

夏らしい雲が西日を浴びてぷかぷかと浮かんでいます。

気持ちの良い梅雨晴れの午後。高原の気温は20度にも達せず、少し寒いくらいです。再び梅雨空に戻るまでの僅かなひと時を。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中