今月の読本「魚で始まる世界史」(越智敏之 平凡社新書)キリスト教とシェークスピアを軸に描く、イングランドと二つの大衆魚の物語

食べ物の歴史や風物を扱った本は、どれも楽しいのですが、特に海産物好きにとっては魚を扱った本は正に「好物」。

今回はそんな好物の一冊をご紹介。この手の書籍の著者としては異色中の異色といっていいのではないでしょうか、英文学、特にシェークスピア研究家の方による、ヨーロッパ、いや西洋全般のおける大衆魚の代表格である二つの魚をテーマに置いた「魚で始まる世界史」(越智敏之 平凡社新書)です。

魚で始まる世界史

最近の新書ブームで色々な出版社さんが新書(文庫)を出されていますが、その中では後発の平凡社新書。大先輩の講談社現代新書が最近採りつつある、専門性より読みやすさを重視したテーマ選定と編集、ちくま学芸文庫に見られるようなちょっと哲学的(または西洋文化的)なテーマを併せ持つこの新書シリーズ。

本書もその例に漏れず、単純に漁業や魚にまつわる文化史を語ろうという内容ではありません。

歴史的著述の側面に著者の専門分野であるシェークスピアや演劇のエッセンスをふんだんに取り入れて、それらの舞台演出装置として二つの代表的な大衆魚をテーマに採り上げようという、一般的な歴史書とも文化史とも違う、著者独自の視点による歴史著述が展開されます。

従って、本書では日本の漁業については一文たりとも触れられませんし、現在問題となっている北大西洋での彼らの資源枯渇の話も一切出てきません。そのような意味で本書の表題にある「世界史」という表現は、所謂西洋文明的な観点での世界史、それも取り扱われるのはアメリカ独立戦争期までの時代に限定されます。更に突き詰めていくと、1,2章で取り扱われる宗教的な魚食の意味合いの解説を除けば、その殆どは英国史(イングランド史及びニューイングランド入植史)を軸にした記述である事に理解が必要です。

そのような前提を理解したうえで本書を読み進めてみると、なるほどこの二つの大衆魚が与えた社会的インパクトの大きさと、最終的に新世界(アメリカ大陸)への進出のドライビングフォース、独立戦争まで続く一連の歴史の流れにこれらを綺麗にはめ込んでいく、著者の鮮やかな筆致は見事なものがあります。

キリスト教と断食に関わる「温かい食べ物(肉食)」と「冷たい食べ物(魚食)」などというテーマは、日本で読まれる魚を扱った本ではまず出てこない内容ですし、それがイギリスでの経済問題にまで発展するという展開は、ヨーロッパ中世史をあまり知らない私などから見れば驚きの連続。そこにハンザ同盟のニシン流通路掌握や、オランダのニシン市場の制圧(品質には疎いイングランド人の特性がこの時代にも)といった経済的な話を絡めつつも歴史的な流れを叙述していきますが、その扱われ方も、市民による「貶され方」も、あくまでも視点はシェークスピアの国、イングランドを中心に記述していきます。

貧者の食料の代表であったニシンとタラ。どちらも保存性の極めて高いタンパク源であったのと同時に、「海が湧きたつほど」とも形容された沿岸に大挙して押し寄せて産卵する習性から、大量捕獲が可能であった数少ない魚類である彼らが、肉類中心の食生活と思われがちな、ヨーロッパの中世史の底辺を支える貴重な食料であったことが本書を通じて理解できると思います。

そして舞台は「新大陸」に移っていくわけですが、この大冒険旅行を成立させるために最も重要な食料であったのが他でもない、赤道を腐らずに渡る事が出来た動物タンパク源である干しダラ(いわゆる棒ダラと塩ダラ)だったことになります。二つの魚たちのおかげで、西ヨーロッパ史の世界史化ともいえる大航海時代、更には大英帝国の世界への扉が開かれたことになります。

タラによって切り開かれた海路の先に広がる、新大陸における膨大なタラの資源は、新大陸への新たな移民の波を生み、プランテーションへの食料供給という三角貿易による膨大な利益と、奴隷という名の大きな大きな負の遺産を後に生み出す結果となります。そして、ここで再び見せる島国イングランド漁民たちの(荒っぽい)特性が、これまでも複雑な思いを抱きながら有してきた「自由の海の自由な漁業」の思想を更に育み、その先に広がる「力による自由貿易」すなわち、アメリカ合衆国の成立に繋がると著者は看破していきます。

マサチューセッツ州下院議会に掲げられているタラの像が独立の精神の今に伝えるように、漁師たちの独立心と自由溢れる冒険心、そしてそれを後押しする流通システムこそ、現在の世界を網羅する自由主義経済活動の原点なのかもしれません。

<おまけ>

その1.本書でも取り扱われている、ニューイングランドの今の風物と当時の雰囲気を繋ぐ興味深い紀行文を扱った一冊をご紹介

その2.本ページで扱っている他の魚類、食べ物の話題の書籍を

広告

今月の読本「魚で始まる世界史」(越智敏之 平凡社新書)キリスト教とシェークスピアを軸に描く、イングランドと二つの大衆魚の物語」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 今月の読本「ヒゲのウヰスキー誕生す」(川又一英 新潮文庫)「マッサン」の原譜にしてニッカ創業80周年を記念して新装なった、日本初のウイスキー継承への伏線を描く物語 | 八ヶ岳の南麓

  2. ピンバック: 今月の読本「奇妙なアメリカ 神と正義のミュージアム」(矢口祐人 新潮選書)多様性をテンプレート化する狭間で | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

  3. ピンバック: 今月の読本「イチョウ 奇跡の2億年史」(ピーター・クレイン/矢野真知子訳 河出書房新社)人の手によって世界中に広められた最古の樹木と日本の深い関わりを | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

  4. ピンバック: 今月の読本「イチョウ 奇跡の2億年史」(ピーター・クレイン/矢野真千子訳 河出書房新社)人の手によって世界中に広められた最古の樹木と日本の深い関わりを | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中