「花子とアン」で脚光を浴びる蔵座敷を訪ねて(韮崎市民俗資料館と蔵座敷)

New!(2014.10.17):「花子とアン」のロケで使用されたオープンセットがこの度、韮崎市民俗資料館の敷地近くに移築されることになりました。10/18(土)にオープニングセレモニーが開催されます。詳しくは韮崎市観光協会の公式サイトまで

現在放映中のNHK朝の連続ドラマ「花子とアン」。山梨出身の翻訳家、村岡花子を主人公にしたドラマですが、好評を以て迎えられているようです。ドラマの中で山梨時代が取り上げられるのは僅かだったようですが、その中でも印象的に扱われていた村の教会のシーンでロケに使われた建物が、意外な脚光を浴びているとの話題を聞きつけて、韮崎に降りた序にちょっと寄ってみることにしました。

韮崎市民俗資料館・外観

お目当ての建物は、七里岩ライン(山梨・長野県道17号、茅野北杜韮崎線)の旧七里岩ループの脇にひっそりと建つ、韮崎市民俗資料館の敷地内に建っています。普段は全く寄らない場所ですが、流石にロケにあやかった案内看板が、七里岩ラインの交差点から資料館の入口まで立てられています。まずは、資料館の入口で受け付けを済ませましょう(入場は無料です)。

韮崎市民俗資料館・丸ポスト

敷地の中には、流石に民俗資料館らしく円柱型の郵便ポストが保存されています。こういうワンポイントは嬉しいですね。

韮崎市民俗資料館内部1

民俗資料館の内部です。縄文から近世まで幅広い時代の出土品、収蔵品が収められています。収蔵品は韮崎市内に限らず、周辺の旧町村で発掘、収集されたものも含まれています。

韮崎市民俗資料館内部2

こちらは近世の収蔵物の展示コーナー。民家の一部を移築して内部を展示スペースとしています。民具だけではなく、レトロ趣味の方にはたまらない蓄音機や計算機といった収蔵物もちらほら見受けられます。

韮崎市民俗資料館御朱印籠

御朱印籠(朱印状を運ぶためにわざわざしつらえられる担ぎ籠)なんていう、珍しい収蔵物も展示されています。

韮崎市民俗資料館花子とアン特別展示内容1

資料館の内部では「花子とアン」のロケを記念した特別展が催されています。入場無料となっていますので、ロケ場所だけではなく、こちらも是非ご覧頂きたいところです。

韮崎市民俗資料館花子とアン特別展示内容2

当時の女学生の学習に関する資料を展示するスペース。なかなか興味深い記述が観られます(詳細は是非展示をご覧ください)。

韮崎市民俗資料館花子とアン特別展示内容3

当時の婚礼に用いた祝いの品や女性の身の回りの道具を集めたコーナー。

韮崎市民俗資料館花子とアン特別展示内容4

女性たちの遊び道具や日常の嗜好品も展示されています(煙管と煙草で驚いてはいけません、女性の喫煙は当たり前の時代です)。

韮崎市民俗資料館・韮崎の水車由来書き

少しレトロな展示物に浸った後は、資料館の裏手に保存されている巨大な木造水車を観てみましょう。臼数18、一度に十俵の精米が出来たという県下最大を誇る木製水車の遺構です。昭和30年まで現役で使われた事が由来書きに示されています。

韮崎市民俗資料館・韮崎の水車。水車と杵つき

10本の杵がずらっと並ぶ、壮観な眺めです。

韮崎市民俗資料館・韮崎の水車。杵つき軸

杵を押し上げる軸車と軸受。軸受は流石に金属製ですが、軸車と歯車はすべて木製です。

韮崎市民俗資料館・韮崎の水車木製歯車

木製歯車の組み合わせ。これだけの木製歯車の組み合わせが間近に眺められる場所は中々ありません。意外と歯車が華奢な事が判ります。木造建築同様、木製道具は直し、取り替えながら使い続ける物でしょうから、当然かもしれません。

韮崎市民俗資料館・韮崎の水車木製歯車の車軸

大歯車から磨り臼に繋がる伝達軸の歯車。こちらも金属の使用は最小限です。歯車の歯が木片を打ち込んで作られているのが判るでしょうか。傷んだ歯は抜き取って交換したであろうことが判ります。

韮崎市民俗資料館・蔵屋敷外観4

更に裏庭を登っていくと、庭のもみじの緑に迎えられて、木製の門の先に蔵が見えてきます。入口にはロケ場所の案内表示が出ています。

韮崎市民俗資料館・蔵屋敷外観1

正面に廻りこんでみましょう。こちらが韮崎市の文化財、旧小野家の蔵座敷です。ドラマの中では教会として使われていますが、建物自体は元々韮崎本町通りにあったそうで、当地の名士で、富士身延鉄道会社(現在のJR身延線)の創設者でもある、酒造業を営んでいた小野金六の生家でした。

韮崎市民俗資料館・蔵屋敷外観2

一階が座敷、二階が土蔵造りという珍しい「蔵座敷」という建築形式を採っています。重厚な扉が付く2階の部分と、瓦の庇の先にガラス戸が入る軽快な1階の組み合わせが面白いです。

韮崎市民俗資料館・蔵屋敷外観3

側面に廻っても、重厚な2階の造りを支える太い梁と土蔵造りの側壁の白い壁が印象的です。

週末は学芸員の方が内部の座敷に常駐されており、お招きに甘えて座敷の中に入らせて頂きます。

<ご案内>

現在、蔵座敷は週末は9:00~16:30の間、建物を開放。学芸員さんが座敷に常駐しており、内部を案内して頂けます。平日は閉められていますが、民俗資料館の受付で申し出てもらえれば、学芸員さんが同伴して開放してくださるそうです。

崎市民俗資料館・蔵屋敷内部1-2

座敷の先には小さな庭が整えられています。二間、十二畳ほどと小さな座敷ですが、ほのかな明かりの中、違い棚を有する床の間と、連子格子の飾り戸がこの座敷の格の高さを示しています。当時の皇室の方が滞在するという栄誉に浴した事もある、由緒ある座敷です。

韮崎市民俗資料館・蔵屋敷内部2欄間

蔵にしては充分に高い天井と、欄間には見事な透かし彫りが施されています。学芸員さんのお話では、左の竹、右の梅に、四隅に施された松葉の彫を併せて、松竹梅を表しているとのことです。欄間の上を突き抜けるようにまっすぐに前後に伸びる天井の梁も美しいです。

韮崎市民俗資料館・蔵屋敷内部3展示資料

小野金六の銅像と略歴。韮崎市街の散策ガイドも用意されています。

韮崎市民俗資料館・蔵屋敷内部1

少しトーンを落として庭先を眺めながら。蔵特有の薄暗さはありますが、落ち着きのある空間でもあります。

あいにくの天気にも関わらず訪問されるお客様がちょっと途絶えたところで、学芸員さんにお話を聞いてみました。

・今回の訪問される方の増加には本当に驚いています。普段は静かなのですが、放送開始から3000人を超える方々がお見えになった。教育委員会の中では放映期間中に訪問される方が5000人くらい来られるといいなと話しています

・訪問される方は県内でも韮崎以外、県外の方が多く、市内の方が少ないようです。しかし、県外に出ていった方が帰省した際に寄ってもらえる事もあります

・設備面の事もいろいろあり、民俗資料館を含めて無料公開の水準ですが(ご謙遜)、これを機会に皆さんに知ってもらえると嬉しいと思っています

・「花子とアン」のロケ地に選ばれたのは、やまなしフィルムコミッションの紹介。フィルムコミッションの方々からは、今後もほかのロケに紹介できそうだとのお話をいただきました

・ロケ地として訪問して頂けるのは大変嬉しいが、建物の由来や持ち主であった小野金六の事、韮崎の街の事も併せて知ってもらえると嬉しいですね

・市内には古い建物がまだ多く残っていますので、これらを含めた散策なども楽しんでいただけると思います

韮崎市民俗資料館・中庭から南アルプスの山々

民俗資料館の前庭から望む、雨雲に煙る甘利山と南アルプスの山並み。

普段はひっそりとしている小さな地域資料館が一躍脚光を浴びている状況はとても喜ばしい事ですが、学芸員さんも仰っていたように「来年以降に繋げる」努力が必要となってくるかもしれませんね。

かなりお疲れ気味の施設を見渡すと、貴重な文物を維持することの大切さについて、改めて考えさせられるところです。

<おまけ>

本ページで取り上げている、同じようなテーマのご紹介

広告

「花子とアン」で脚光を浴びる蔵座敷を訪ねて(韮崎市民俗資料館と蔵座敷)」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 今月の読本「ヒゲのウヰスキー誕生す」(川又一英 新潮文庫)「マッサン」の原譜にしてニッカ創業80周年を記念して新装なった、日本初のウイスキー継承への伏線を描く物語 | 八ヶ岳の南麓

  2. ピンバック: 今月の読本「奇妙なアメリカ 神と正義のミュージアム」(矢口祐人 新潮選書)多様性をテンプレート化する狭間で | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

  3. ピンバック: 文学と自然が織りなす高原の小さなミュージアムで静かな夏休みを(富士見町・高原のミュージアムと自然写真家、西村豊さんの写真展) | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

  4. ピンバック: 北アルプスにまつわる自然と人の営みを集めて(大町山岳博物館と4つの分野を跨ぐ特徴的な展示を) | 八ヶ岳の南麓を彷徨って

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中