雨降りの夏の午後は還る場所へと(嬬恋村バラギ高原と鎌原観音堂)

夏になると必ず訪れたくなる場所。そこは昔過ごした夏休みの想い出が詰まった場所。

高校、大学の学生時代に幾度となく訪れた懐かしい場所。

何時も夕立でずぶ濡れになりながら遊んだり、走ったり、夜になるとロケット花火を投げ合ったり(危ないので止めましょう)、飲んだり朝までしゃべり尽くしたり…。

そんな想い出を探すために、今年もロングドライブでその場所に向かいます。

群馬県嬬恋村。ご存じのように、本当にキャベツと浅間山しかない場所です。

嬬恋村のキャベツ畑遠望キャベツの出荷の為に作られたパノラマラン沿いには、延々とキャベツ畑が広がります。

嬬恋村のキャベツ畑から浅間山遠くに浅間山を望む山肌には、びっしりとキャベツが植えられています。

嬬恋村のキャベツ畑から浅間山を2雨に打たれて瑞々しいキャベツたち。この風景を眺めたくて、夏になると度々嬬恋村を訪れます。

それまで食べるのがあまり好きではなかったキャベツを食べるのが大好きになった場所。

合宿をしていた宿舎で朝に夕に取り放題で出される採れたてのキャベツの美味しさは格別。この場所で、この広々とした空の下でキャベツの柔らかさ、瑞々しさを教えてもらったと思います。

場所こそ違え、今もこうして高原地帯に居を構えている、憧れの原風景がここにあるのかもしれません。

霧に霞むバラキ高原のキャベツ畑そして、ひたすらキャベツの苗が畑に続く台地の上。周囲は霧で真っ白になっています。

嬬恋のキャベツ畑でもどん詰まりのひとつ。集荷場のあるここより上側には一般車が入れる道路はありません。

キャベツ畑の裏手には運動場。そして、谷間には小さな湖とキャンプ場が広がっています。

嬬恋村の西端に位置するバラギ高原。今は無印良品のキャンプ場が出来たり、綺麗なスキー場(二度目の破産も…)もありますが、元々は辺鄙な開拓途上の避暑地、スキー場。ここに来るのは余程の物好きか、さもなければ関係者…。

そんな関係者だった頃を懐かしみながら、今も変わらず地平線まで伸びるキャベツ畑を眺めに来たくなるのです。今の自分をもう一度見つめ直すために。

少し感傷に浸りながらも折角ここまで来たので、もう一か所寄り道です。

嬬恋郷土資料館2吾妻川を挟んで反対側。浅間山の麓、鎌原にある嬬恋村の郷土資料館です。

嬬恋郷土資料館1表の看板にありますように、こちらは浅間山の天明大噴火に関する資料を展示しています。

少々お疲れ気味の建物、展示内容ですが、館内でご覧いただけるCGを組み合わせた天明大噴火の解説ビデオは、火山との共存を訴えている意味で未だ色褪せていません。

鎌原観音堂そして、資料館の裏手には、日本のポンペイとも呼ばれ、浅間山より発した「土石なだれ」によって石段が埋められたことでも有名な鎌原観音堂があります。

鎌原観音堂説明板観音堂にある発掘の模様を示した解説版。詳細と発掘成果の一部は郷土資料館の内部に展示されています。

鎌原観音堂の土石なだれに埋もれた階段大分埋もれてしまっていますが、橋の下には発掘で掘り返した「土石なだれ」で埋まった石段を掘り起こした跡を見ることが出来ます。流れ出した噴出物は6m以上も積もったと謂われています。

嬬恋村から雲海の浅間山今は静かな浅間山。でも、おびただしい破壊力を秘めている山でもあります。火山と寄り添って生きていくことは日本人の宿命。防災の観点を含めて生きた研究素材でもある浅間山とその麓に広がる高原地帯は、表側の軽井沢と違って、観光やお買い物にもあまり恵まれず、見所も少ないのですが、歴史的背景からくる、その素朴さと雄大さから、何故かいつも気になる場所でもあります。

浅間山の噴火地図1:50000お土産で買った、群馬大学の早川由紀夫先生による噴火地図(こちらは1:50000、他に1:25000もあり)。ジオパーク関係の地形図でおなじみの、荻原佐知子さんの手による美しい鳥瞰図の色分けを眺めながら、繰り返される噴火の様子を頭に思い浮かべて(こちらの地図はハザードマップとしては作られていません。あくまでもフィールド解説用です)。

広告
南牧村のちょっと不思議な「日本のおへそ」(市場坂の平面直角座標系第Ⅷ系原点)

南牧村のちょっと不思議な「日本のおへそ」(市場坂の平面直角座標系第Ⅷ系原点)

漸く雨が止んで青空が見え始めた八ヶ岳周辺。

今日は東麓側から北上するのですが、その途中でちょっと気になるポイントに寄ってみます。

市場坂より夏空と男山国道141号線の市場坂。ここから佐久方面に急坂を下ると、海ノ口。この先はその昔、八ヶ岳の噴火によって千曲川がせき止められて湖のようになっていたことから「海」の地名が付いているとも謂われています。谷筋を挟んで正面には鋭く尖った男山が聳えています。

WP_20140816_11_19_35_Pro市場坂から少し野辺山方向に登った先にある「市場」交差点。この交差点を奥に入ると川上村の心臓部、台地の上に広大なレタス畑が広がっています。信号の手前にちょっとした看板が掲げられています。

看板には「平面直角座標系第Ⅷ系原点(日本のおへそ)」という、奇妙な案内が書かれています。すぐ脇に駐車場があるので、車を止めてみます。

第Ⅷ系原点と市場坂史跡1駐車場には「海ノ口馬市場跡」と書かれた、地名の由来を表す石碑が建っています。

第Ⅷ系原点と市場坂史跡2石碑と並んで、若山牧水の歌碑が建てられています。駐車場の奥には芝生の小公園とゲートボール場が広がっています。

第Ⅷ系原点の全景公園の入口に目的の物があるようです。解説を記した石碑と、その左にどうやらその「原点」があるようです。

石碑に書かれた内容を掲載します。

—引用ここから—

「平面直角座標系 第Ⅷ系原点」

経度 東経138度30分0秒0000

緯度 北緯36度0分0秒0000

楕円体である地球上の位置は、経度緯度と平均海面からの高さで表示すると測量法に定められていますが、球面上で長さや面積を計算するには少々複雑な計算が必要です。

そこで、場合によっては義務教育でも習う数学のX座標、Y座標、Z座標を用い、メートル単位の数値を使って平らな紙の上で簡単に距離、方向、高低差、面積などを計算できるようにしていますが、これを「平面直角座標法」と言います。

測量法では、日本を十九の区域に分けてこの平面直角座標系を定めていますが、この地が、長野県、新潟県、山梨県、静岡県が属する第Ⅷ(八)系の公共測量の原点です。

平面直角座標系第Ⅷ原点図示—引用ここまで—

何故、この場所を「おへそ」と称するのか、詳しくは南牧村の解説ページをご覧頂きたいのですが、ちょっとこじつけですよね(笑)。それでも、測地を行う方にとってはとても大切な原点であることには間違いありません。

第Ⅷ系原点1こちらが原点の標識です。水準点とも似ていますが、ちょっと異なるようです。

第Ⅷ系原点2アップでご覧頂くと、本来の原点の横にガラス板で何やら別の記載が張り付けられています。

第Ⅷ系原点拡大何と、東日本震災で原点が動いてしまったことを示すためのモニュメントらしいのですが、赤いクロスマークで描かれた原点表記と現在の原点の移動量が意外なほど大きいのです。標記されている移動量は、

東へ0.257m(96度42分35秒)

上へ0.091m

震源からはるか離れた内陸のこの場所でも、20cm以上も地殻が変動したことになります。

第Ⅷ系原点3現在の標識と、実際の原点の違いを解説する解説板の裏側。巨大地震のすさまじさを実証する貴重な記録です。

第Ⅷ系原点4原点の周囲には「防衛石」と呼ばれる原点を保護する石が配置されていますが、モニュメント的に四隅それぞれに四つの県から運んできた石を用いています。

下:静岡県、河津の海岸

上:新潟県、魚野川中流

右:山梨県、笛吹川中流

左:長野県、千曲川源流

こんなところにも拘りを見せる、自称「日本のおへそ」。でもそんな呼び名をわざわざ付けなくても、充分貴重な場所であることは判ります。

野辺山の夏空比較的判りやすい場所、しかも国道から直接入れる駐車場がありますので、八ヶ岳東麓、八千穂や佐久方面ご旅行の際に、ご興味のある方は是非ご覧頂ければと思います。

あ、出来れば座標表示が出るGPSを持って行かれると楽しいかもしれませんね。

なお、測地系の詳しい話は国土地理院のこちらのページをご参照願います。

254国土地理院の電子地図より、当該場所の座標表示です(画像クリックで国土地理院ページにジャンプします)

<おまけ>

本ページでご紹介している、他の地理関係の場所、施設、話題のご紹介を。