実りの秋を探しに(中山道塩尻宿と塩尻の葡萄畑)

秋に入って最初の祝日。お天気は今一歩ですが、家で燻っていても気分が落ち込んでくるので、とにかく出かけてみます。

当てもなく出かける場合に、何時も折り返し点に使うのが塩尻。

塩嶺を越えると、八ヶ岳を吹き下ろす風が、南北に長く伸びる松本平を抜ける風に変わっていくためでしょうか、塩尻の広く伸びる丘陵地帯を淡々と車で走っていると、何となく西日本に入ったような感じを何時も受けます。

塩尻宿本陣跡塩尻に抜ける時は、国道の塩嶺峠を抜けずに、やまびこ公園の横を抜けていくことが多いのですが、塩尻の丘陵地帯に入ると、バイパスを抜けていく国道と違って、中山道の塩尻宿跡に合流します。

塩尻宿400年の横断幕旧街道沿いの土蔵の海鼠壁には塩尻の宿場(現塩尻市内には4箇所の宿場があることになります)開設400年を記念した横断幕が張られています。

笑亀の杉玉土蔵の持ち主は、この地の酒蔵でもある亀笑酒造さんです。

すっかり色づいてしまった杉玉も、あと数か月すると新しいものに取り換えられるのでしょうか。

塩尻宿復元高札場復元された高札場(に、見せかけた掲示板)。

一応、当時の定めの現代語訳が掲げられています。宿場内を散策される方はご参考まで。

塩尻宿、重文小野家住居そして、この宿場最大の見物は、先年修復工事が完了した、国指定重要文化財、小野家住宅です。

残念ながら古びて朽ちそうになっている家屋が多い塩尻宿内ですが、此処だけは何とか美し外観を取り戻して、面目を一新しました。

塩尻宿、重文小野家住居拡大外観のアップを。朱に塗られた連子が美しいです。

落ち着いた雰囲気を醸し出す…と、書きたいところですが、旧道とはいえ現役の中山道(こちらも国道)。交通量が非常に多いために、写真撮影もままなりません。

もう少し落ち着いて観たいのですが…ちょっと無理ですね。

JA塩尻とコンビニで買えるナイアガラ歩道もなく、ひんぱんに通行する大型車を避けながら、宿場内にあるJAの広い駐車場へ(ここくらいしか止める場所無いんですよ、本当に)。

実は併設しているコンビニは農産物販売所を兼ねていて、このシーズンですと近隣で収穫されたぶどうをお手頃価格で入手することが出来ます。

塩尻名物のコンコードとナイアガラの甘い香りが車内を満たします。

平出遺跡と蕎麦畑車が頻繁に通る街道を避けて、西に進路を取ると、視界が一気に開けてきます。

丘陵地帯に蕎麦畑、その向こうには名物のぶどう畑が広がる国指定史跡、平出遺跡です。

平出遺跡の葡萄畑1レタス畑の向こうに、伝統的な棚仕立てと、ワイン用ぶどうで用いられる垣根仕立ての葡萄畑の両方が広がる、平出の葡萄畑。双方が仲良く並んでいます。

辺りには甘い香りが広がります。

平出遺跡の葡萄畑2垣根仕立ての葡萄畑。

平出遺跡の葡萄畑3たわわに実った、ワイン用ブドウの房を。垣根仕立ての場合、地上に極めて近いところに房が付きます。

平出遺跡の葡萄畑4こちらは棚仕立ての葡萄畑。

一房ずつに、丁寧に笠がかけられています。緑の芝に、秋のこぼれ日が差し込んでいます。

平出遺跡の葡萄畑5美しく整えられたぶどう棚。清々しい気持ちにさせてくれます。

収穫まであと半月ほど。天候不順だった今年のシーズンも、ここしばらくは安定した天気になっています。どうか、無事に収穫を迎えられることを、そして美味しいワインになってくれることを祈って。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中