実りの秋を探しに(中山道塩尻宿と塩尻の葡萄畑)

実りの秋を探しに(中山道塩尻宿と塩尻の葡萄畑)

秋に入って最初の祝日。お天気は今一歩ですが、家で燻っていても気分が落ち込んでくるので、とにかく出かけてみます。

当てもなく出かける場合に、何時も折り返し点に使うのが塩尻。

塩嶺を越えると、八ヶ岳を吹き下ろす風が、南北に長く伸びる松本平を抜ける風に変わっていくためでしょうか、塩尻の広く伸びる丘陵地帯を淡々と車で走っていると、何となく西日本に入ったような感じを何時も受けます。

塩尻宿本陣跡塩尻に抜ける時は、国道の塩嶺峠を抜けずに、やまびこ公園の横を抜けていくことが多いのですが、塩尻の丘陵地帯に入ると、バイパスを抜けていく国道と違って、中山道の塩尻宿跡に合流します。

塩尻宿400年の横断幕旧街道沿いの土蔵の海鼠壁には塩尻の宿場(現塩尻市内には4箇所の宿場があることになります)開設400年を記念した横断幕が張られています。

笑亀の杉玉土蔵の持ち主は、この地の酒蔵でもある笑亀酒造さんです。

すっかり色づいてしまった杉玉も、あと数か月すると新しいものに取り換えられるのでしょうか。

塩尻宿復元高札場復元された高札場(に、見せかけた掲示板)。

一応、当時の定めの現代語訳が掲げられています。宿場内を散策される方はご参考まで。

塩尻宿、重文小野家住居そして、この宿場最大の見物は、先年修復工事が完了した、国指定重要文化財、小野家住宅です。

残念ながら古びて朽ちそうになっている家屋が多い塩尻宿内ですが、此処だけは何とか美し外観を取り戻して、面目を一新しました。

塩尻宿、重文小野家住居拡大外観のアップを。朱に塗られた連子が美しいです。

落ち着いた雰囲気を醸し出す…と、書きたいところですが、旧道とはいえ現役の中山道(こちらも国道)。交通量が非常に多いために、写真撮影もままなりません。

もう少し落ち着いて観たいのですが…ちょっと無理ですね。

JA塩尻とコンビニで買えるナイアガラ歩道もなく、ひんぱんに通行する大型車を避けながら、宿場内にあるJAの広い駐車場へ(ここくらいしか止める場所無いんですよ、本当に)。

実は併設しているコンビニは農産物販売所を兼ねていて、このシーズンですと近隣で収穫されたぶどうをお手頃価格で入手することが出来ます。

塩尻名物のコンコードとナイアガラの甘い香りが車内を満たします。

平出遺跡と蕎麦畑車が頻繁に通る街道を避けて、西に進路を取ると、視界が一気に開けてきます。

丘陵地帯に蕎麦畑、その向こうには名物のぶどう畑が広がる国指定史跡、平出遺跡です。

平出遺跡の葡萄畑1レタス畑の向こうに、伝統的な棚仕立てと、ワイン用ぶどうで用いられる垣根仕立ての葡萄畑の両方が広がる、平出の葡萄畑。双方が仲良く並んでいます。

辺りには甘い香りが広がります。

平出遺跡の葡萄畑2垣根仕立ての葡萄畑。

平出遺跡の葡萄畑3たわわに実った、ワイン用ブドウの房を。垣根仕立ての場合、地上に極めて近いところに房が付きます。

平出遺跡の葡萄畑4こちらは棚仕立ての葡萄畑。

一房ずつに、丁寧に笠がかけられています。緑の芝に、秋のこぼれ日が差し込んでいます。

平出遺跡の葡萄畑5美しく整えられたぶどう棚。清々しい気持ちにさせてくれます。

収穫まであと半月ほど。天候不順だった今年のシーズンも、ここしばらくは安定した天気になっています。どうか、無事に収穫を迎えられることを、そして美味しいワインになってくれることを祈って。

秋の連休は心地の良い日差しの中で(2014/9/13)

9月に入ると秋の祝日シーズンに突入。

今週末は三連休。これまでの崩れ気味の天候を取り返すかのように、良いお天気に恵まれました。

蕎麦の花と甲斐駒遠く甲斐駒を望む圃場に咲く、蕎麦の花を(諏訪郡富士見町先達)。

黄金色の稲穂と南アルプス南アルプスの山並みが伸びる谷筋に、黄金色に色付いた広々とした圃場が広がります。遠くには蕎麦畑も広がります(諏訪郡富士見町先達)。

コスモスと八ヶ岳圃場の一角にはコスモスが植えられています。コスモスと蕎麦畑越しに、ちょっと夏っぽい雲がかかるクリアーな八ヶ岳を望みます(諏訪郡富士見町先達)

黄金色の稲穂の群れ圃場に降りると、たわわに実った稲穂を見ることが出来ます。西日を浴びて眩しく輝きます(諏訪郡富士見町立沢)。

稲穂と八ヶ岳たわわに実る稲穂と八ヶ岳を(諏訪郡富士見町立沢)

八ヶ岳と稲穂の群れ黄金色の稲穂の向こうに蕎麦畑と八ヶ岳を望んで。あと半月もすると、山も色付いてきます(諏訪郡富士見町立沢)。

稲穂の海遠く、車山を望む圃場の夕暮れ。まるで稲穂の海に浮かんでいるようです(茅野市泉野、八ヶ岳エコーライン)。

夕暮れの八ヶ岳と蕎麦畑夕闇迫る八ヶ岳と蕎麦畑。

クリアーな空が徐々に色付き始めていきます(諏訪郡富士見町葛窪)。

黄金色の夕暮れ西日を浴びる圃場の稲穂は、空の輝きを受け止めて黄金色に輝いていきます。

実りの秋の彩が広がります(諏訪郡富士見町先達)。

秋の夕暮れ、諏訪湖夕暮れを迎えた諏訪湖にて。夏至の頃には霧ヶ峰に沈む夕日も、秋分頃には天竜川側に沈んでいきます。

時間はまだ6時前。秋の深まりは急ぎ足でやってきます。

小淵沢駅発着のバス時刻表・小海線臨時列車のご案内(2014年版~2020年版)

小淵沢駅発着のバス時刻表・小海線臨時列車のご案内(2014年版~2020年版)

[更新情報:2020.7.5]

紅葉する男山の麓を登る小海線のハイブリット列車「こうみ」(2019.11.2)


ご案内:

  • 例年「小淵沢駅-甲斐大泉駅小淵沢駅-清里駅」間のバスルートの検索で本ページをご覧になる方がいらっしゃいますが、ページ下部マップの通り、市民バス並びに観光周遊バスのいずれも、小淵沢駅から小海線の各駅へ向かうバス路線はありません
  • 小海線各駅へバスをご利用の方は長坂駅よりの発着となります。詳しくは北杜市のホームページ
  • 夏季期間を中心に運行される「清里ピクニックバス」は清里駅の発着となります。小淵沢駅までは運行されませんのでご注意ください
    • 清里駅-甲斐大泉駅-八ヶ岳牧場-清里駅(大泉周遊ルート)
    • 清里駅-サンメドウズ-清里駅(北部周遊ルート)
    • 清里駅-国道141号線方面-丘の公園-清里駅(南部周遊ルート)
  • 中村キース・ヘリング美術館へのバスルートをお探しで本ページをご覧になられる方がいらっしゃいますが、2020年4月から該当する路線バスはオンデマンドバス(事前登録者のみ利用可能)に変更となりました。お越しの際はタクシーをご利用ください
  • 2020年4月の市民バス路線再編により、小淵沢駅から七里岩ライン(県道17号線)南側エリアを経由するバスルートが廃止されました。以下の施設へバスをご利用の際は、長坂駅から市民バス「3号車:西線」(南回りルート:長坂駅-白州-横手-武川-日野春駅)をご利用願います
    • 北杜市郷土資料館
    • 清春芸術村/清春白樺美術館
    • アフリカンアートミュージアム
    • 清春 旅と空想の美術館
  • 小淵沢駅から発着していた八ヶ岳リゾートアウトレットの無料送迎バスは2018年10月末を以て運行終了となりました
  • 小淵沢駅から甲斐大泉駅方面に運行されていた八ヶ岳高原リゾートバスは2017年に運行を終了しています

小淵沢-甲斐小泉-甲斐大泉-清里-野辺山間で運行される、小海線の臨時列車「八ヶ岳高原列車」は7/4(土)から運行開始です

    • 7月 : 4~5,11~12,18~19,23~26(土曜、日曜、祝日運行)
    • 8月 : 1~31(毎日運行)
    • 9月 : 5~6,12~13,19~22,26~27(土曜、日曜、祝日運行)

臨時快速列車HIGH RAIL号は7/23(木・祝日)から運行予定です


小海線接続時刻のご案内

<あさ9時以降の小淵沢駅から小海線への接続時刻表です>

  • 9:19 野辺山行(1号) あずさ1号(8:53着)から接続
  • 10:07 小諸行 あずさ5号(9:53着)から接続
  • 10:42 HIGH RAIL 1号 (臨)あずさ75号(10:29着)、(臨)あずさ73号(10:12着)から接続

  • 11:25 野辺山行(3号) (臨)あずさ75号(10:29着)から接続
  • 11:58 小諸行 あずさ13号(11:52着)から接続
  • 13:11 野辺山行(5号) (臨)あずさ87号(12:57着),(臨)あずさ77号(12:13着)から接続
  • 13:33 小諸行 あずさ19号(13:25着)から接続
  • 15:00 小諸行「ハイブリット こうみ」 あずさ25号(14:53着)、(臨)あずさ91号(14:19着)から接続

  • 16:25 小諸行 あずさ29号(15:49着)、(臨)あずさ93号(16:07着)から接続
  • 18:01 小諸行 (特急の接続はありません)
  • 18:17 HIGH RAIL 星空号 (特急の接続はありません)

  • 20:02 小諸行 あずさ33号(19:53着)、あずさ43号(19:32着)から接続
  • 21:34 小海行(最終) あずさ49号(20:59着)から接続

小淵沢-野辺山-小諸間で運行される、リゾート快速「HIGH RAIL1375」運行予定はこちら(JR東日本長野支社)をご確認ください。


発着バスのご案内(画像は駅を降りて左側(新宿寄り)、バスターミナルです)

●バスターミナルから発着する路線

サントリー白州蒸留所(小淵沢駅-白州方面)

3月中旬から12月までの土曜日曜祝日、GWと夏休み期間中は毎日運行)工場見学休止中のため運行されていません。現時点で見学再開の予定は出ていません。

②大泉方面ホテル直行バス(予約制)

ダイヤモンド八ヶ岳美術館ソサエティ(全便予約制)

セラビィリゾート/ネオオリエンタルリゾート/わんわんパラダイス(全便予約制)

リゾナーレ八ヶ岳(小淵沢駅-リゾナーレ直行)

毎時1~3本、毎日運行です

●新宿側ロータリー内から発着する路線

2020年4月から大幅に路線変更となり、運行ルートが二つに分割されました。ご利用の際は行き先を確認してご乗車ください

1号車(東西線) : 小淵沢駅-(七里岩ライン経由)-長坂駅-きららシティ-高根総合支所

2号車(北線) : スパティオこぶちざわ-小淵沢駅-(大泉方面経由)-ひまわり市場-きららシティ-長坂駅

GW及び夏休み期間中の指定日、9~10月の土曜休祝日に運行です

小淵沢-白州シャトルバス

<本文此処から>

大都会とまではいきませんが、シーズン中は実は意外とバスも運行していますので列車でお越しの方には便利にご利用いただけるのではないでしょうか。

なお、観光向け運行路線が大多数ですので、シーズンによって運休、休止期間が設けられています。リンクを用意しましたので、詳しくは各運行機関様のホームページを必ず参照願います。

のりば① : サントリー白州蒸留所無料シャトルバス : 小淵沢駅-白州蒸留所(隣接するシャトレーゼの工場見学に行かれる方は自家用車、タクシーをご利用ください)現在工場見学休止中のため、運行されていません

  • 9:20
  • 10:00
  • 10:55
  • 11:35
  • 13:15
  • 14:00
  • 15:10
  • 15:50(見学時間延長時のみ運行)

使用車両は観光バスタイプ(提携観光会社)となります。

のりば② : ダイヤモンド八ヶ岳美術館ソサエティ(ホテル直行バス)

  • 14:00(予約制)
  • 15:00(予約制)
  • 16:05(予約制)

使用車両は専用マイクロバスとなります。

のりば② : セラヴィリゾート泉郷方面直行バス : 小淵沢駅 – ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原-わんわんパラダイス

  • 12:00(予約制)
  • 15:10(予約制)

使用車両は専用ワンボックスとなります。

のりば③ : リゾナーレ八ヶ岳直行バス

  • 時刻表はホームページをご確認ください(1時間当たり1~3本、季節によって異なります)

使用車両は専用マイクロバスとなります。

<季節運行リゾートバス>

八ヶ岳鉢巻周遊リゾートバス”八ッピー号” : 小淵沢駅-富士見高原-おっこと亭-八ヶ岳美術館-自然文化園-やつがたけ自由農園原村店(期間限定、4/27~5/6、7/20,21,27,28,8/1~8/26の毎日と8/31~10/20までの土曜休祝日に運行)2020年度は運行されません

  • 10:10
  • 12:25
  • 15:25

小淵沢駅-小淵沢インター入口-ホテル風か(八ヶ岳リゾートアウトレット入口)-スパティオ小淵沢(道の駅こぶちざわ)-富士見高原別荘地「と」地区入口-富士見高原ペンションビレッジ-富士見高原花の里-八峯苑 鹿の湯-そば処 おっこと亭-八ヶ岳・カントリーキッチン-八ヶ岳美術館(原村第1ペンションビレッジ)-八ヶ岳自然文化園(原村第2ペンションビレッジ)-もみの湯・樅の木荘-たてしな自由農園原村店

八ヶ岳鉢巻周遊リゾートバス停留所一覧

八ヶ岳鉢巻周遊バス路線図使用車両は路線バスタイプ(山梨交通)となります。

<北杜市民バス>

2020年4月より、これまでの運行形態が変更となり、幹線系統とオンデマンド(事前登録者のみ利用可能)系統の二つに分割され、運行経路も大幅に見直されました。一般の方は「幹線系統」のみ利用可能です。

・1号車 : 東西線

小淵沢駅-(七里岩ライン経由)-長坂駅-甲陽病院-きららシティ-高根総合支所

  • 8:00
  • 9:40
  • 13:15
  • 15:45

・2号車 : 北線

小淵沢駅-(大泉方面経由)-ひまわり市場前-きららシティ-甲陽病院-長坂駅

  • 8:15
  • 9:55
  • 13:19
  • 16:15(土曜休祝日運休)

小淵沢駅-道の駅こぶちざわ-スパティオこぶちざわ

  • 9:30
  • 11:37
  • 15:30
  • 17:39(土曜休祝日運休)

使用車両は小型路線バスタイプとなります。

北杜市民バス[幹線系統]北部方面(通院・買い物便)路線図(2020.04)

小淵沢駅発着の一般乗車可能幹線バス、リゾートバス路線図(地理院地図使用)

初秋の御射鹿池はちょっとにぎやか(湖畔のトンボと蝶たちと)2014/9/7

>御射鹿池の四季の彩りはこちらにて。

今やすっかり有名になってしまった奥蓼科、御射鹿池。

週末になると季節を問わず、近隣はもとより、遠く県外からも多くの団体客が押し寄せる人気スポットになっています。

鏡のような水面が美しい御射鹿池ですが、初秋のこのシーズンはもうひとつ、ちょっとしたお楽しみがあります。

【各画像をクリックして頂くとフルサイズで表示されます】

初秋の御射鹿池2初秋の御射鹿池。真夏には濃い色を湛えていた木々は少しずつですが色褪せていきます。

御射鹿池のトンボ1湖畔の枝でポーズを取るトンボ。ここは赤トンボたちの夏の避暑地なのです。

御射鹿池のトンボ2湖畔の欄干からこちらを覗き込んでいる赤トンボ。まだ色づき始めていないようです。

御射鹿池のトンボ4欄干の柱で休んでいる、もう真っ赤に色づいた赤トンボとまだ色づく前のトンボ。

湖畔のあちらこちらに飛んでいますが、こんな具合で目の前で撮影していても、全く動じる様子はありません。

御射鹿池のトンボ3御射鹿池をバックにポーズを決めてくれた赤トンボ。

尻尾が真っ赤に色付く頃には、刈り入れの始まる里の田圃に向けて旅立っていきます。

御射鹿池のチョウ4そして、湖畔には蝶たちも蜜を求めて舞い降りてきます。

御射鹿池のチョウ5カメラを向けてもそれほど驚かず、ひたすらに蜜を吸い続けています。

御射鹿池のチョウ2トンボを撮影していたら、膝の上に一羽の蝶が止まってきました。

御射鹿池のチョウ1羽を広げると、少し傷つき、疲れているようです。飛び立つまでの僅かな間ですが、レンズの前でポーズを取ってくれました。

御射鹿池のチョウ3残り少ない花のシーズン。一生懸命に生きる蝶たちが湖畔を舞います。

初秋の御射鹿池1御射鹿池というと、どうしてもこんなシーンに目を奪われがちですが、静かに、ほんの少し目線を下に向けてもらうと、素敵な景色が潜んでいるようです。

 

夏色の残る空の下、エコーライン沿いに秋を探して(2014/9/7)

二日連続で天気の良い週末なんて何時以来だろうか。

昨夜の雨で更に磨かれたような日差しの差し込む9月最初の日曜日の午後。

あまり遠くに出かけられないけれど、秋の色合いを探して八ヶ岳の西麓を縦貫するエコーラインを抜けていきます【画像をクリックして頂くとフルサイズで表示されます】。

池生神社の蕎麦畑花が咲きそろい始めた信濃境、池生神社の蕎麦畑。満開まではあともう少し時間が必要なようです。

乙事の蕎麦畑から八ヶ岳を遠望八ヶ岳も今日は夏色模様。蕎麦の花と空に浮かぶ雲の白いコントラストが映えます(諏訪郡富士見町乙事)。

夏と秋の混ざり合う色重く、穂を垂れ始めた稲穂の群れの向こうには、往く夏を懐かしむように入道雲が広がります(諏訪郡富士見町乙事)。

色づく泉野の圃場大泉山の谷筋に伸びる圃場を望んで。実りの秋を迎えた田圃に浅黄色の稲穂の群れが広がります(茅野市泉野)。

エコーライン沿いに圃場を遠望浅黄色の圃場の中には、所々に蕎麦の白い花畑が広がります。

刈り入れ前の僅かな期間だけ眺めることが出来るコントラスト(茅野市泉野)。

光芒と蕎麦畑2日が西に傾き始めると、入笠山に掛かる雲間から光芒が眺められました。白い蕎麦の花に光芒から漏れた午後の日差しが降り注ぎます(諏訪郡富士見町落合)。

光芒と蕎麦畑夏のように沸き立つ雲間に、午後の日差しが複雑に影を伸ばしていきます。

蒼く、広く伸びる秋空が望める頃になると、真っ白な蕎麦の畑も、浅黄色から黄金色に移り変わる田圃も刈り入れの時を迎えます。