杖突峠の裏庭で秋色を満喫(千代田湖-松倉集落-旧藤沢小学校-日影入林道-もみじ湖)

八ヶ岳の冠雪を眺めに反対側の杖突峠まで登ってきましたが、まだ昼下がり。もう少し先に歩みを進めます。

(写真を大量に掲載していますので、表示が遅くなる場合があります)

【各画像はクリックして頂くと、フルサイズでご覧いただけます】

紅葉の杖突峠から諏訪湖方面①杖突峠から望む、諏訪湖と美ヶ原方面の山並み。

山を下る落葉松の黄葉が、湖のすぐ近くまで降りてきています。

千代田湖の落葉松黄葉20141103_2②杖突峠から山中に入って暫くすると、千代田湖へ。

湖畔は落葉松の黄葉に囲まれます。

千代田湖の落葉松黄葉20141103_1シーズン中はキャンプ客が多く訪れる千代田湖ですが、既にシーズンオフ。静かな湖畔です。

千代田湖の落葉松黄葉20141103_3湖畔に立つ、落葉を待つ落葉松と、既に綺麗に葉を落とした白樺を。

千代田湖の落葉松黄葉20141103_4落葉前の最後の輝きを魅せる、千代田湖の落葉松。

松倉集落の落葉松黄葉20141103_2③千代田湖を後にして、高遠方向に下っていきます。

国立高遠少年の家があるため、湖畔から繋がる林道を抜けると、深い山中にも関わらず2車線の快適な道路が続きます。

松倉集落の落葉松黄葉20141103_1周囲は見渡す限り、落葉松の黄葉に囲まれます。

松倉集落の落葉松黄葉20141103_3少しずつ谷筋を下ってくると、谷戸に小さな畑が見えてきます。

杖突峠から高遠まで続く杖突街道でも、もっとも峠に近い集落のひとつ、松倉集落です。

松倉集落の落葉松黄葉20141103_4④小さな山村にも秋が訪れています。

松倉集落の落葉松黄葉20141103_5こんもりと植林された山も、色とりどりに紅葉をしています。

松倉集落の落葉松黄葉20141103_6空の色は少し蒼さを深めているようです。冬の訪れまであと少し。

旧藤沢小学校のモミジ紅葉20141103_5⑤杖突街道まで降りて、少し高遠方向に移動すると、街道から分かれた道沿いに、忘れられたような小さな運動場と校舎が見えてきます。現在は集会場として使われている、旧藤沢小学校です。

旧藤沢小学校のモミジ紅葉20141103_2今は誰も歩くことのない、街道から校庭へと続く石積みの階段の両脇には美しいモミジの紅葉を眺める事が出来ます。

旧藤沢小学校のモミジ紅葉20141103_3主を失った後も、忘れなることなく色付くモミジの紅葉。

旧藤沢小学校のモミジ紅葉20141103_1校門をくぐって、振り返るとモミジのアーチが出来上がっています。

既に落葉したモミジの落ち葉が足元に広がります。

旧藤沢小学校のモミジ紅葉20141103_4鮮やかなモミジの紅葉が彩る、旧藤沢小学校。誰もいない静かな場所です。

日影入林道の落葉松黄葉20141103_3⑥杖突街道を跨いて、落葉松に囲まれる山中を一気に貫く日影入林道を抜けて更に西に進みます。

日影入林道の落葉松黄葉20141103_1午後の日差しを受けた落葉松林が黄金色に輝きます。

日影入林道の落葉松黄葉20141103_4

日影入林道の落葉松黄葉20141103_2黄金色の落葉松のアーチを抜けて、谷筋の道を一気に駆け下ります。

箕輪ダムの紅葉20141103_1⑦もみじ湖の別名を持つ、箕輪ダム。

湖畔のモミジは紅葉の真っ盛り。最上流部で行われているもみじ祭りのため、多数の車が登ってきています。

箕輪ダムの紅葉20141103_2⑧湖畔のモミジを。細いアプローチルートは大混雑。大型バスが上がって来ると、その都度渋滞が出来てしまいます。

箕輪ダムの紅葉20141103_3日影入の名に相応しく、谷筋の日暮れは早く、3時を前に既に周囲は薄暗くなってきます。

西日を浴びるモミジの紅葉を。

山里まで下りてきた紅葉は今が本番。深まる紅葉は更に都会へと秋を伝えていきます。

箕輪ダム界隈map杖突峠からスタートする本日のコースガイドを。

千代田湖及び箕輪ダム付近は、一部狭い個所がありますので運転には十分ご注意ください。

広告

八ヶ岳には少し遅い冬の足音が(冠雪を迎えた八ヶ岳の峰々を2014/11/3)

何時もの年であれば10月中に冠雪を迎える八ヶ岳ですが、今年は少々遅れ気味。

それでも、昨晩の急激な冷え込みと八ヶ岳颪が吹いた朝。今年も冠雪を迎えました。

落葉松の黄葉と冠雪した八ヶ岳20141103_6八ヶ岳西麓の入口。富士見町の先達から望む今朝の八ヶ岳。

網笠山の向こう側が真っ白に冠雪しています。

落葉松の黄葉と冠雪した八ヶ岳20141103_3西へ進路を取りながら立沢まで移動します。

網笠山は冠雪をしていませんが、左側に雪を戴く山並みが見えてきました。

紅葉の入笠山遠望立沢の圃場から入笠山側を望みます。

こちらは穏やかに晴れ渡っています。正面に見える富士見パノラマスキー場は、昨晩から夜間照明のテストが始まっています。

もう少しすると人工降雪機が動き出して、落葉松林の中に白いバーンが眺められるようになります。

落葉松の黄葉と冠雪した八ヶ岳20141103_4原村側に廻りこむと、真っ白に冠雪した八ヶ岳の主峰、赤岳がはっきり見えてきます(原村、中新田)。

落葉松の黄葉と冠雪した八ヶ岳20141103_2横岳を従えて、赤岳を正面に見る、八ヶ岳エコーラインに繋がる農道から(茅野市泉野)。

落葉松の黄葉と冠雪した八ヶ岳20141103_1硫黄岳の方も白く冠雪しています。

落葉松の黄葉と冠雪した八ヶ岳20141103_5麓の落葉松黄葉と赤岳、権現岳のコンビネーションを。晩秋と初冬が交わります。

杖突峠から冠雪した八ヶ岳を20141103一気に反対側の杖突峠まで登って、冠雪した八ヶ岳連峰を俯瞰で。

落葉松の黄葉と白い雪を戴く八ヶ岳のコラボレーションが楽しめるのは11月いっぱい。

今シーズン、何回こんなシーンを望む事が出来るでしょうか。