初冬を迎えた八ヶ岳南麓の午後

東京の方は秋本番を迎えて、月末の3連休が楽しみな状況かとは思いますが、八ヶ岳南麓の標高1000mを目前にした当地では既に冬の心地。朝晩の暖房が欠かせない状況になっています。

初冠雪の甲斐駒20141114先日、甲府で初冠雪を記録した甲斐駒ケ岳。

八ヶ岳の南麓側から望むと、麓の紅葉とうっすらと白くなった山頂付近のコントラストを楽しむ事が出来ます(2014.11.14)

雪を戴く初冬の八ヶ岳一方、八ヶ岳は既に真っ白に冠雪をしています。

薄曇りの中、つい数週間前まで落葉松の黄葉で染まっていた編笠山の裾野も、今日は枯れた冬色を見せています。麓の落葉松も、落葉した木の方が目立つようになってきました。例年より早めの冬の装いです。

紅葉する里山少し早目の冬の到来に、慌てて冬支度(洗車とスタッドレスの交換)を行っているうちに、空はどんよりと曇り空に。

午後からの遠出は諦めて、里山をてくてくとします。

谷筋から望む、名もなき丘を染める紅葉する木々。

落葉した木と、今がピークの紅葉した木々が入り混じっていきます。

甲斐駒と山麓の紅葉黄葉の末期を迎えて、色を濃くする落葉松の木々の向こうに、雪渓を作る甲斐駒が見えています。

甲斐駒と山麓の紅葉2遠く甲斐駒を望む信濃境の谷戸。

乏しい夕暮れの日差しに落葉松の黄葉がぼんやりと浮かびます。

夕暮れと落葉松の黄葉山並にびっしりと植えられた落葉松の黄葉。

尾根筋だけが黄色く映ります。

終わりつつある黄葉の山谷筋まで降りると、黄葉を留める落葉松の木々も麓の部分ばかり。既に落葉の時期に入っています。

塩沢温泉と紅葉の山々釜無川の川沿いまで降りて、塩沢温泉へ渡る橋沿いから。

塩沢温泉の紅葉僅かに残る紅葉する木々。

この木々たちも、来週にはすべて葉を散らせてしまいそうです。

塩沢温泉から入笠山遠望釜無川の谷筋から、遠く入笠山を望みます。

既に人工降雪機が稼働中のゲレンデ部分だけ、曇り空の中に白く浮かび上がっています。

コースオープンまであと3週間ほど。急ピッチでコース作りが進んでいるようです。

山並の黄葉と夕暮れの富士山釜無川の谷筋から夕暮れの富士山を望みます。

すっかり色を濃くした山々は既に冬模様。

あともう少しすると、里にも初雪の便りが届きそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中