今月の読本「日本の古代道路」(近江俊秀 角川選書)官道たる駅路を語る背景に映る律令制中央集権国家への憧憬

最近積極的に古代の交通路に関する著作を発表されている著者の最新作。

これまで発表されてきた著作の集大成的な内容を念頭に置いた作品との事もあり、初めて読んでみる事にしました。

日本の古代道路日本の古代道路」(近江俊秀 角川選書)です。

著者は現役の文化庁職員。埋蔵文化財の調査を専門とされている方でもあり、本編にも要所で古代道路発掘成果の紹介が出て来ます。その成果から求められた今回のテーマは「過去から現在に続く駅路とその変遷の物語」。

古代王朝の最盛期に作られ、全国を通じていたと考えられる官道たる駅路について、その利用方法や変遷をいくつかのテーマに基づいて著述していきます。

駅路を実際に使用し、そこで使役されてきた農民や駅子たち。海上との結節点としての駅路。律令制が崩れつつある平安時代に入ってからの駅路のその後と、往来への想い。そして、現代に繋がる駅路の発掘結果と、史跡と現在の交通路との交わり合い。これまでの著者の著述の範囲からテーマを大きく広げて、縄文時代から現代に至るまで幅広い時代背景のもとで、古代道路との関わり合いを述べていきます。

平将門や最澄と徳一といった判りやすいテーマの導入から本題に綺麗に繋いでいく。発掘結果や現地に訪れた心象に基づく紀行文に歴史的著述を織り込んでいく、そのこなれた筆致には非常に好感が持てるのですが、読んでいくとどうしても引っかかる点が出て来ます。

本書では、それぞれのテーマーごとに、地方、そして道路を作る事となる為政者の置かれた立場と、実際にこの駅路とその名残を使ったであろう登場人物たちの物語が語られていきますが、その背景に語られてく視点は常に一定しています。たとえそれが縄文時代の会津と浜通り、日本海側との繋がりでも。坂東を縦横に動き回った平将門の活躍でも。ラグーンと駅路が交わる場所で活躍したであろう郡司たちでも…。交通路を伝わって文化や文明は「中央から地方へ」と一方向的に送り込まれていくという感覚。その感覚と同居する、為政者たる律令制中央集権国家の強力な統制と制度に対する一種の憧憬とも思える描写。そして、その後の律令制崩壊によって失われた律令制度やその高度な構築、管理体制であったと思われる駅路の残滓へ寄せる想い。想いの強さゆえでしょうか、時にその筆致には研究者の方とは思えない、解釈抜きでの指摘を伴った著述がなされていきます。

そのような著述が若干気になっていらっしゃるのでしょうか、時に補正するかの如く、古代律令制と地方支配体制を述べる際には、繰り返し郡司以下の地方行政官たちは中央から派遣される訳ではなく、地方豪族が就任したことを明記していきます。但し、その記述自体が中央から派遣された国司による支配体制確立の前段階としての認識であり、最終的には中央集権体制に収斂する=駅路を通じてという論述に繋がっていきます。

そして、古代道路たる駅路の終焉について、本書では、平将門の進軍ルートと常陸国の駅路の変遷を通じて、交通目的に応じて経路が変わっていく事自体は解説されていますが、なぜ維持されなくなったのか、なぜ駅路制度が終焉してしまったかについては明確に答えてくれません。宇佐八幡の例を取り上げて、朝廷による勅使が続いていたからこそ古代の駅路の跡が今も道筋として使われていると述べるにとどまります。そこには現代と律令時代との歴史的な繋がりを強く希求する一方、その中間に位置する時代がすっぽりと抜けているかのようです。

発掘成果が物語る、あまりにも立派な駅路。そして、それを成し得た古代王朝の律令制中央集権国家に対する著者の想いの強さに、いささか当てられ気味にもなる一冊です。

<おまけ>

本書より僅かに先に刊行されたこちらの一冊は、偶然にも同じ石川県の加茂遺跡から発掘された木簡をテーマに採り上げています。全く同じテーマでありながら、逆の視点から著述される本書を併せてお読みになると、その視点の違いに意外な発見があるかもしれません。実は双方の著者の略歴が非常に似通っている(時期は異なりますが、同じ機関に所属)点でも極めて興味深い2冊です。

本書と同じようなテーマの書籍を本ページよりご紹介。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中