今月の読本「日本の古代道路」(近江俊秀 角川選書)官道たる駅路を語る背景に映る律令制中央集権国家への憧憬

今月の読本「日本の古代道路」(近江俊秀 角川選書)官道たる駅路を語る背景に映る律令制中央集権国家への憧憬

最近積極的に古代の交通路に関する著作を発表されている著者の最新作。

これまで発表されてきた著作の集大成的な内容を念頭に置いた作品との事もあり、初めて読んでみる事にしました。

日本の古代道路日本の古代道路」(近江俊秀 角川選書)です。

著者は現役の文化庁職員。埋蔵文化財の調査を専門とされている方でもあり、本編にも要所で古代道路発掘成果の紹介が出て来ます。その成果から求められた今回のテーマは「過去から現在に続く駅路とその変遷の物語」。

古代王朝の最盛期に作られ、全国を通じていたと考えられる官道たる駅路について、その利用方法や変遷をいくつかのテーマに基づいて著述していきます。

駅路を実際に使用し、そこで使役されてきた農民や駅子たち。海上との結節点としての駅路。律令制が崩れつつある平安時代に入ってからの駅路のその後と、往来への想い。そして、現代に繋がる駅路の発掘結果と、史跡と現在の交通路との交わり合い。これまでの著者の著述の範囲からテーマを大きく広げて、縄文時代から現代に至るまで幅広い時代背景のもとで、古代道路との関わり合いを述べていきます。

平将門や最澄と徳一といった判りやすいテーマの導入から本題に綺麗に繋いでいく。発掘結果や現地に訪れた心象に基づく紀行文に歴史的著述を織り込んでいく、そのこなれた筆致には非常に好感が持てるのですが、読んでいくとどうしても引っかかる点が出て来ます。

本書では、それぞれのテーマーごとに、地方、そして道路を作る事となる為政者の置かれた立場と、実際にこの駅路とその名残を使ったであろう登場人物たちの物語が語られていきますが、その背景に語られてく視点は常に一定しています。たとえそれが縄文時代の会津と浜通り、日本海側との繋がりでも。坂東を縦横に動き回った平将門の活躍でも。ラグーンと駅路が交わる場所で活躍したであろう郡司たちでも…。交通路を伝わって文化や文明は「中央から地方へ」と一方向的に送り込まれていくという感覚。その感覚と同居する、為政者たる律令制中央集権国家の強力な統制と制度に対する一種の憧憬とも思える描写。そして、その後の律令制崩壊によって失われた律令制度やその高度な構築、管理体制であったと思われる駅路の残滓へ寄せる想い。想いの強さゆえでしょうか、時にその筆致には研究者の方とは思えない、解釈抜きでの指摘を伴った著述がなされていきます。

そのような著述が若干気になっていらっしゃるのでしょうか、時に補正するかの如く、古代律令制と地方支配体制を述べる際には、繰り返し郡司以下の地方行政官たちは中央から派遣される訳ではなく、地方豪族が就任したことを明記していきます。但し、その記述自体が中央から派遣された国司による支配体制確立の前段階としての認識であり、最終的には中央集権体制に収斂する=駅路を通じてという論述に繋がっていきます。

そして、古代道路たる駅路の終焉について、本書では、平将門の進軍ルートと常陸国の駅路の変遷を通じて、交通目的に応じて経路が変わっていく事自体は解説されていますが、なぜ維持されなくなったのか、なぜ駅路制度が終焉してしまったかについては明確に答えてくれません。宇佐八幡の例を取り上げて、朝廷による勅使が続いていたからこそ古代の駅路の跡が今も道筋として使われていると述べるにとどまります。そこには現代と律令時代との歴史的な繋がりを強く希求する一方、その中間に位置する時代がすっぽりと抜けているかのようです。

発掘成果が物語る、あまりにも立派な駅路。そして、それを成し得た古代王朝の律令制中央集権国家に対する著者の想いの強さに、いささか当てられ気味にもなる一冊です。

<おまけ>

本書より僅かに先に刊行されたこちらの一冊は、偶然にも同じ石川県の加茂遺跡から発掘された木簡をテーマに採り上げています。全く同じテーマでありながら、逆の視点から著述される本書を併せてお読みになると、その視点の違いに意外な発見があるかもしれません。実は双方の著者の略歴が非常に似通っている(時期は異なりますが、同じ機関に所属)点でも極めて興味深い2冊です。

本書と同じようなテーマの書籍を本ページよりご紹介。

 

南麓も徐々に雪景色に(初冬の冠雪の移り変わりを)2014.12.8

12月に入って、いよいよ麓でも降雪を迎えるようになりました。

何時の年よりぐっと長かった秋の日々も終わり。周囲の山々も冠雪が窺えるようになってきました。

冠雪した八ヶ岳2014.11.2711月27日の八ヶ岳。山頂部が少しだけ冠雪を始めています。

冠雪した甲斐駒2014.11.27同じく11月27日の甲斐駒。こちらも山頂部から冠雪を迎えています。

冠雪した八ヶ岳2014.12.312月3日の八ヶ岳。雪雲の向こうに冠雪した山並が見えます。

冠雪した甲斐駒2014.12.3同じく12月3日の甲斐駒。尾根筋にも雪雲が掛かって白くなってきました。

雪雲に覆われる八ヶ岳2014.12.5前夜、麓も降雪となった12月5日の八ヶ岳。裾野の方まで白くなっています。

雪雲に覆われる甲斐駒2014.12.5雪雲で真っ白に覆われる、甲斐駒と南アルプスの山々(12/5:小淵沢町、城山公園)。

雪雲を眼前に置いて、上空に広がる青空が望めるのも、山里ならではの眺めです。

冠雪した八ヶ岳2014.12.8週末の降雪ですっかり白くなった12月8日の八ヶ岳。撮影時点(8時)での気温が氷点下を指すようになりました。

冠雪した甲斐駒2014.12.8こちらも立派に雪渓が育ちつつある朝の甲斐駒(12/8)。

既に西麓及び東麓の各地(富士見、原村、茅野 and 清里、野辺山)では積雪となっていますが、温かい南麓はまだ積もる事はありません。

甲斐駒の裾野を白く染め、葉を落とした落葉松が真っ白に色付くのは早くてもクリスマスを過ぎてから。

徐々に冷えてくる凍える朝に、深まる八ヶ岳ブルーの碧空を望みながら。

トヨトミ・レインボーの炎おまけ。いよいよ冬本番という事で、今年も石油ストーブの登場です。

トヨトミ・レインボーの柔らかな虹色の光に癒されながら(BlackBerry passportのHDRカメラテスト)。

 

今月の読本(特別編)「ドキュメント御嶽山大噴火」(山と渓谷社編 ヤマケイ新書)山岳図書専門出版社の良心に裏付けられた、あの時何が起きたかの手掛かりとしての一冊

今月の読本(特別編)「ドキュメント御嶽山大噴火」(山と渓谷社編 ヤマケイ新書)山岳図書専門出版社の良心に裏付けられた、あの時何が起きたかの手掛かりとしての一冊

ドキュメント御嶽山大噴火ヤマケイ新書51024-YS009。

シリーズで刊行される出版物には、大体通し番号が付けられますが、この非常に若い番号にも拘わらず、表題にある様な大きなテーマをシリーズ開始僅か2ヶ月目で手掛け、刊行に漕ぎ着けた版元様並びに編集スタッフに、まずは敬意を表する次第です。

そして、山岳関連図書出版のエキスパートとして、山の文化を活字と写真を以て伝える使命を社是とする出版社として、このようなテーマを速やかに扱って頂けた事を素直に嬉しく思っています。SNSの登場によって、情報が今まで以上にライブ感とスピードを競うようになり、その結果、僅かの時間で情報が消費され、忘れ去られる中にあって、情報、そして人々の記憶が風化する前に生の言葉を活字として記録に残して頂けた事は、今後起きるであろう類似の事例の為にも、極めて貴重な実録となるはずです。

ヤマケイ新書の第2回配本として緊急出版された「ドキュメント御嶽山大噴火」(山と渓谷社編)です。

本書は緊急出版のため、その過半がインタビュー形式の文章で綴られています。また、信州大学の研究陣より寄せられた科学的考察と題される寄稿文(火山噴火、防災、高層気象)も、その時間的制約から実質的には既存の知見に基づく、テレビ等でおなじみの識者へのインタビューを採録したような形に近い書式を採っています(その中でも、今回の噴火が防災上予想されていた範囲であった点はきちんと理解すべきですし、前兆現象が把握されていた中で今回のような被害が防げなかった防災学、減災の限界を直視させられます)。

それだけに、本書は読書を楽しむものでも、読むことによって知的好奇心を満たすための本でもありません。

前述のように、情報と記憶が風化する前に、当事者たちの声を採録し、それを記録することを最優先とした実録と考えたい一冊です。従って、インタビューのフォーマットはほぼ全て揃えられており、遭遇者の心境や現在の境遇を綴る事よりも、実際に起きた事の時系列性や当時の装備、登山経験といった遭遇者のバックボーン、そして避難や救助の状況描写に力点を置いている点からも、極めて記録性を重視した内容となっているといえます。

その上で、多くの遭遇者が「もっとしてあげられる事があった筈」と心境を述べていた事に配慮したのでしょうか、巻末には特別編として災害リスク心理学を専門とする研究者による「サバイバーズ・ギルト」という、聞きなれない言葉を用いた、所謂「生き残り」に対する後悔の念を持たれる方に対する、心理学的な配慮に関する見解が述べられていきます。

本書は、普通の新書本の新刊とは一線を画す一冊。同時に発売された今月号の「山と渓谷」の特集記事と併せて、山岳を愛好するすべての方々への、山に登るという事の極めて危険な一側面を改めて知って頂く事と共に、辛くも生還された方々の貴重な声を正しく記録しておくことを目指した本。あの日、あの時に起きた事を正確に理解し、次に山を目指す人々へ語り継ぐために。

<参考として>

本書の前に刊行されたもう一冊の緊急出版物である「緊急報道写真集2014.9.27 御嶽山噴火」と、数少ない火山としての御嶽山を単独で扱った書籍、今回の噴火に際して迅速な再版が行われた「御嶽山 静かなる活火山」(木股文昭著)。いずれも地元の信濃毎日新聞社刊も併せてご覧頂ければと思います(写真は2010年の初版本で、書店で確認したところ、再販本とは帯と掲載写真が異なっています)。

御嶽山関連書籍

今月の読本「「食」の図書館 鮭の歴史」(ニコラス・ミンク著、大間知知子訳 原書房)天から授かった最高効率の食材は保存の術と共に世界に広がる)

今月の読本「「食」の図書館 鮭の歴史」(ニコラス・ミンク著、大間知知子訳 原書房)天から授かった最高効率の食材は保存の術と共に世界に広がる)

最近非常に増えてきた、食材そのものをテーマにした書籍。

中でも、最近精力的にシリーズを展開しているのが、原書房の「食」の図書館シリーズ。

原著はイギリスのReaktion Books社から刊行されている「Edible」というシリーズ。全51冊に渡るシリーズのうち、これまでにもパンやカレー、お茶、スパイス、ビールにジャガイモと様々なテーマの作品を邦訳として送り出しています(ちなみに原著シリーズには餃子もあったりします)。

今回は、その中からまさかの、そして嬉しい一冊が邦訳として登場しました。

鮭の歴史

鮭の歴史」(ニコラス・ミンク著、大間知知子訳)です。

著者はインディアナに在住し、アラスカのシトカを拠点にして活動する作家兼、環境保護運動家とも捉えられる立場にある人物です。

タラと並んで、洋の東西を問わずに豊富に料理に用いられる珍しい魚であるサーモン。本書はアメリカ人、それも過去にはもっとも多くのサーモンを世界中に送り出していたアラスカを拠点とする著者から見たサーモンの食材としての歴史を紐解いていきます。そして、本書ではターニングポイント毎に最大の魚食民である日本(そしてアイヌ)が関わってきます。

著者の鮭への心象は、実際に多くの鮭類が遡上するアラスカ在住らしい想い。そこに住んでいるだけで、毎年同じ時期なると、必ず川一面に遡上して易々と得る事が出来る最高の栄養源。川を故郷とし、海の豊富な栄養をたっぷりと蓄えて再び川に戻ってきてくれる。これさえあれば、厳冬のアラスカでも、シベリアでも、北大西洋沿岸でも、そしてアイヌの地でも安心して冬を越せる、天からの恵みの魚。

そんな天からの恵みの魚は、ある時期に大量に獲る事が出来るため、獲る事と同時に獲れたサーモンを保存することが求められていきます。そこで、著者は食べる事とはすなわち保存する事であると述べていきます(これは文明の発達が、貯蔵可能な食物と軌を一にする事と同じ理論ですね)。

一度に多く獲れるサーモンの保存方法。塩漬けからオイル漬け、お馴染みの燻製、中には極地ならではの地中に埋めての保存など…。人々は知恵を絞って保存方法を考え、余ったサーモンは交易の産物として広まっていきます。そしてナポレオン戦争を契機に発達を始めた、密封して湯煎することで保存期間を大幅に伸ばす方法。すなわち缶詰の登場の登場によって、サーモンは一躍世界中の食卓に上ることになります。

どんな時でも使えて、どんな辺鄙な場所にも持って行ける。時にディナーの席上で、時にキャンプ、そして戦場で…。あらゆる場所で缶詰のサーモンが活躍していきますが、著者はちょっと大げさに「鮭の缶詰は時代の先端の食べものであり、当時の大きな社会的、政治的な変化に乗り遅れたくないと考える市民は、料理の面では缶詰さえ食べていれば安心していられた」と評していきます。

そこまで書かなくとも、当時の北大西洋、そしてアラスカから世界に送り出され、更に日本もその波に乗って一大缶詰輸出国となった点では、著者が指摘する通り、サーモンは魚食文化という枠を超えて、缶詰と共に、あらゆるレシピを膨らませながら世界中に受け入れられる食材になったといえることになります。

その缶詰としてのサーモンの曲がり角に再び現れるのが、日本。サーモンの次に缶詰として送り出したツナによって、サーモンの缶詰は徐々にシェアを落としていきます。更には、ボツリヌス菌騒ぎ(と、本書では出て来ませんが200カイリ問題も)が止めを刺すように、サーモンの缶詰は斜陽の一途を辿っていきます。

このままでは、サーモンの食材としての歴史が終わってしまうように見えますが、更に大の魚好きである日本がこの窮地を救う事になります。舞台は北太平洋から再び大西洋に移って斜陽を囲っていたノルウェー、更にはサーモン類が本来生息していない筈の南米へと移っていきます。日本人が大好きな生食をサーモンで実現した冷凍輸送と養殖。アラスカをベースとする著者は、キングサーモンの濃厚かつ野性味あふれる歯ごたえこそが最高であると訴えますが、一方で養殖業者と水産加工業者が大規模に開発した、淡泊で脂がのった養殖のアトランティクサーモン(銀鮭も同じでしょうか)が日本人の味覚を捉えたことを冷静に述べていきます。ノルウェーに始まり、世界中を席巻する生食サーモンによって、鮭料理のレシピから缶詰の鮭が消えていきます。

缶詰を主力としていた故に、置き去りにされてしまったアラスカのサーモン。著者はその盛衰と現在起こっている新たな流れ、養殖に対するアンチテーゼとしての「天然産」表示と、更なる加速を掛けるべく認証を待つ「遺伝子組み換えサーモン(認証されれば世界初の動物性遺伝子組み換え食品になる)」に対して、どちらももっと考えるべきだと述べていきます。

本書は食材としてのサーモンを取り扱っているので、漁業自体に否定的な著述を用いることはありません。その上で、最後に述べる著者の言葉は極めて示唆的です。

著者は現在アラスカで進められている遺伝子組み換えサーモン(アクアアドバンテージ・サーモン)に対してこのように述べています。

—引用ここから—

…そう考える人々は、天然鮭の本質と、それが人間にどういう意味を持っているかは、この魚を食べたいという世界的な欲求次第で変わるという事実を見逃している。

この欲求がなければ、鮭の生息地を守ろうとする政治的な意欲や、複雑な科学的問題を解決するために具体的な手段を取る理由もなくなる。そうすれば天然の鮭が持つ文化的な力は、鮭の塩漬け工場がたどったのと同じ道をたどるだろう。鮭を食べたいという欲求があればこそ、地元の海岸から遠く離れた場所で獲れる天然の生鮭の味を知ったときに感じる魔法のような力が生まれるのである。

—引用ここまで—

現在、ウナギの資源保護で問われている問題と全く同じ命題が問われている事に驚きを禁じ得ません。単なる禁漁や、代替資源の開発、完全養殖では、食文化としての漁獲から料理に至る一連の繋がりは途絶えてしまう。自然の恵みを最も効率的に我々に届けてくれる、素敵な魚を何時までも美味しく頂くために。本書は食材としてのサーモンの歴史を語りながら、もう一つの事実を冷静に問いかけてきます。

<おまけ>

本ページより、本書の同じようなテーマを扱った本をご紹介します