今月の読本「将軍と側近」(福留真紀 新潮新書)老中制をブレーンたる儒者から眺める

纏まった時間が取れる年末は読む側も出版する側にとっても重要な時期。このシーズンになると本屋さんには面白そうな本が多数並ぶので、どれを買おうか迷ってしまいます。

発行部数も、入荷数も限られる新書版の新刊本は、チャンスを失うと二度と入手することが出来ないので優先的に買うのですが、文庫や新書は何処の本屋さんでも、多少タイミングがずれても購入できるので、ついつい後回しに。

今回の一冊も、そんな具合で年始過ぎまで後回しにされてしまった新書からご紹介です。

将軍と側近将軍と側近」(福留真紀 新潮新書)です。

本書の主役は室鳩巣。もうこの名前を出しただけで、読むのを手控えてしまう方も多いかもしれません。

日本史の中でも嫌われ者の代表格である儒学者たち。中でも新井白石は随一の嫌われ者かと思いますが、その新井白石の後釜として(そして、荻生徂徠との間を埋めるように)儒者として登用された室鳩巣。本書はその白石との関わり合いから、自ら儒者として諮問に与る身となった間に集められた書簡集である「兼山秘策」を下敷きに、鳩巣の視点で当時の政治状況を描いていく…という事になっています。

しかしながら、本書の内容は、前述の目論見とはちょっと異なっています。新書では良くあるのですが、本来の内容を読者に理解してもらうために、背景となる知識や組織の説明が必要となり、勢いその説明部分のボリュームが紙面の過半を占めてしまう。本書はそこまでは至りませんが、やはり周辺描写や解説に相応の力を注いでいます。その結果、室鳩巣の業績や人となりは殆ど語られることが無く(冒頭に僅かに4ページ。表題に相反して、室鳩巣の業績を相応に理解している方でないと、本文中の活躍を読んでもちんぷんかんぷんになる筈)、そして読者の中でも本書を敢えて手に取る方であれば最も興味があるであろう「兼山秘策」の内容が、ストーリーの中に散りばめられてしまっており、断片的に語られていくに過ぎません。

本書は、室鳩巣の目から見た江戸の政治といったテーマを掲げていますが、実際には「老中制」の実情を描くために、将軍の側近として使えるブレーン、それも最も批判的(これは良い意味でも)な視点を以て解釈に足りる学識を有する、儒者の視点を用いて描写した本と言ってよいかと思います。

従って、主人公である儒者たちの活躍自体はあまり描かれません。むしろ、元禄から享保期にかけて就任した老中たちの活動を通して、当時の幕府に於ける意思決定機構がどのように動いていたかを眺めていく事になります。所謂側用人政治に対する老中の気概や、反発、そして扈従。老中間の駆け引きや上司である将軍との関係、部下である幕閣とのやり取り。そして、最もやっかいな側用人や御側御用取次との関わり合いなどを取り上げていきます。この辺りの内容は、著者も述べていらっしゃるように、大石学氏や山本博文氏の著作をお読みになっていらっしゃる方であれば、既にご承知の内容も多いかと思います(登場する各老中の人物評も、ほぼ同じです)。

その中で、本書のハイライトとなるのが、室鳩巣の前任である新井白石とパートナーであった間部詮房が関わってくる吉宗の就任と、本人自身が関わることになる、参勤交代緩和に関する諮問のやり取りの部分です。

その中には、吉宗の就任に至る経緯を述べる部分で見せる、幼少将軍登場による大奥の表への影響拡大の阻止、それでも訴える天英院の間部詮房への配慮を願う言葉や、てんてん手毬の歌に対する、ヒゲの奴の話と吉宗の治績で謳われる話との関係への言及など、著者ならではの視点も伺えます。そして、参勤交代緩和に関する議論では、議論の中核を担っているように見えて、実は議論固めのアドバイスを求めているだけで、そこには実は求められない。あくまでもブレーンであって、その範疇を越えられない儒者としての切なさが伝わってきます。

白石とのやり取りでも見受けられる、儒者の想いを代弁する言葉の数々。そこには、ブレーンとしての切実な想い、仕えている上司が信頼し、理解を示してくれている限りは大丈夫という、一種の信頼感(片思い)を脆くも切ないと感じさせる、著者の微妙な視線が垣間見えます。

表題のように将軍の側近である側用人、御側御用取次、そして儒者の物語かと思わせる本書ですが、政権と共に命運を共にしていく彼らたちより、むしろ著者の躍動的な筆致からも窺えるように、ブレーン達には辛辣に評されながらも、奔放に、したたかに、自らの矜持を以て政権交代の荒波を潜り抜けて、時には官僚的に生き抜いていく、老中や幕閣たちに魅せられてしまうのは、ちょっと読み間違えてしまっているのでしょうか。

<おまけ>

本ページで採り上げている、江戸時代の歴史関係の本をご紹介

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中