碧空の覗く静かな霧ヶ峰(2015.2.15)

粉雪舞う御射鹿池から麓に降りると、少し日差しが戻ってきました。

これならばと、もう少し足を延ばしてみます。

霧ヶ峰の雪原とSX4麓を迂回して、池のくるみ側から霧ヶ峰に上がって来ると、碧空が覗き始めました。

ビーナスライン通行止め看板20150215ビーナスラインは報道等で伝えられているように、車山付近で雪崩が発生したため、通行止めになっています。

雪崩でビーナスラインが通行止めになったという事はあまり聞いたことがありません。

雪の多い今年の状況を象徴しているかのようです。

注記(2015.2.25):現在の通行止め区間は、車山スキー場から富士見平駐車場間に短縮しています。

茅野から白樺湖、大門峠方面経由で車山スキー場までと、諏訪から霧ヶ峰経由で車山肩及び富士見平駐車場までは通行可能です(写真の通り圧雪路ですので、滑り止め装備は必須です)。

現在の通行止め区間は、再び雪崩の発生する恐れがあるため、依然として開通の目途は立っていません。雪崩の現場状況並びに最新の通行情報は諏訪建設事務所の注目情報をご確認ください。最新の通行禁止区間のマップは、長野県統合型地理情報システム(GIS)「信州くらしのマップ・交通規制情報」から確認出来ます。

碧空と雪原の霧ヶ峰通行止めのせいで、周辺の道路は殆ど車が通りません。

静かな雪原で聞こえてくるのは、僅かに遠く霧ヶ峰スキー場から聞こえてくるFMの音。

暫し青空と雪原を楽しみます【これより下の画像は、クリックして頂くとフルサイズで表示されます】

碧空と樹氷2碧空と雪原の落葉松1碧空と樹氷3碧空と樹氷冬の碧空の下、樹氷の白さが映ります。

霧ヶ峰の雪原と八ヶ岳遠望今日はビーナスライン経由で向かう事の出来ない、八ヶ岳の峰々を霧ヶ峰から遠望。

雪原の池のくるみすっかり碧空の戻ってきた、池のくるみからの遠望を。

夕暮れの圃場と雪の八ヶ岳麓に降りてくると、碧空が広がっていました。

まだ雲が残る八ヶ岳のパノラマを。

雪原の圃場と夕暮れの八ヶ岳2雲が晴れつつある、八ヶ岳の主峰、赤岳を望んで。

雪原と夕焼けの八ヶ岳連峰夕暮れ。雪原となった圃場の先に夕焼けを受けた八ヶ岳の峰々が輝きます。

晴れ間の覗いてくれた冬の午後。その分、夜になると再び冷え込んできました。

日暮れはすっかり遅くなりましたが、冬の寒さは今しばらく続くようです。

広告

小雪舞う冬の御射鹿池(2015.2.15)

冬の週末。

天気の良かった土曜日とは打って変わって、曇天の日曜日。

冬の碧空は望めませんが、その分しっとりとした風景が楽しめるはずと、いつもの場所に出掛けてみます。

雪の御射鹿池アプローチアプローチは圧雪路。SX4の直結四駆を駆使しても、ハンドルが度々とられます。

慎重なハンドルさばきが求められますが、楽々と下ってくるのはFRの筈のタクシーの群れに、路線バスが何台も!流石に地元のプロは慣れてます。

雪の御射鹿池1奥蓼科の御射鹿池に到着です。

空はどんより、時々雪が舞ってきます【ここより下の画像はクリックして頂くと、フルサイズで表示されます】

雪の御射鹿池3池の周りにはスノーシューで歩いた跡が残っているため、辛うじて湖畔近くまで寄る事が出来ます。

雪の御射鹿池8周囲の山々も雪で真っ白になっています。

雪の御射鹿池2撮影中、吹雪いてきた風で湖面の雪が巻き上げられていきます。

雪の御射鹿池5湖畔の木々は真っ白に雪化粧しています。

雪の御射鹿池6雪の御射鹿池4暫し、美し樹氷に見入ります。窪地にある湖畔では風は強くありませんが、足元からしんしんと冷え込んできます。

雪の御射鹿池7県道脇から御射鹿池を遠望。

温泉から下ってくる車がひっきりなしに通りますが、天気が悪いせいか、池に足を向ける人はごく僅か。

久しぶりに御射鹿池をじっくりと満喫できた、午後のひと時。