今月の読本「セルデンの中国地図」(ティモシー・ブルック 藤井美佐子:訳 太田出版)訳書の魅力が存分に詰まった、東洋で作られた地図を介して東西文化の歴史地理学の幕が上がる

今月の読本「セルデンの中国地図」(ティモシー・ブルック 藤井美佐子:訳 太田出版)訳書の魅力が存分に詰まった、東洋で作られた地図を介して東西文化の歴史地理学の幕が上がる

豊富な訳書のラインナップを誇る、太田出版。

中でも、現在シリーズとして刊行を続けている「ヒストリカル・スタディーズ」には、地理や歴史が好きな方には興味深いテーマを扱った作品が多くラインナップされています。新刊本として面陳されやすいこともあって、比較的目にすることも多いこのシリーズは、読みやすい内容の作品が多いのですが、今回は価格面を含めて少々歯ごたえのある一冊のご紹介です。

セルデンの中国地図セルデンの中国地図」(ティモシー・ブルック 藤井美佐子:訳 太田出版)です。

既に表題の「セルデン」という単語でまごついてしまうこの一冊。16世紀末から17世紀初頭にかけてイギリスで活躍した法律家にして政治家。海洋法や航海に関する歴史に詳しい方、またはオランダの東インド会社の貿易史にご興味のある方なら聞いたことがある名前かもしれません。オランダの自由貿易推進の根拠として論考された、グロティウスの「自由海論」に対抗するように用意された、現在の航海法の基礎ともいえる「閉鎖海論」(国土に隣接する海域においては、海洋航行に於いても国家による管轄権が認められるという、領海法の基礎となった考え方)を提唱した当時のイギリス(訳者の正確な表記に従うと、イングランド)を代表する法律家です。

彼の遺言によりオックスフォードのボドリアン図書館に収められた17世紀初頭に作られたとみられる中国地図。2011年に行われた修復作業の結果、美しい姿を取り戻したこの地図を巡る物語を、同じオックスフォードで教授を務め、現在はカナダのブリティッシュ・コロンビア大学で東アジア史の教鞭を執る著者が描いていきます。

著者が最初にこの地図に興味を抱いたのは、セルデンの著作である「閉鎖海論」の理論的傍証、即ちオランダの東インド(香辛諸島)における、自由貿易の根拠としてのかの地の占有性の有無を検証するための素材として見做していたようです(ちなみに現代のそれに対しては、きっちりと釘をさしていますので、あしからず)。その延長として、冒頭では著者の体験に基づいた地図にまつわる国際関係の話が続きますが、本書の中盤を待たずして、早くもその考えは崩れてしまいます。その代りに著者が引き込まれていったのは、この地図の成立と、ボドリアンに収められるまでのストーリーそのものへの興味。

漢字で地名が書かれ、中国大陸を中央に置いた地図は明らかに東アジアの何処かで作成されたもの。しかしながら、その図法は当時の東アジアで一般的であった図法とはかなり異なり、海図に用いられる方位線が書き込まれ、コンパスローズの代わりに羅針盤、そして縮尺スケールまで描かれるヨーロッパ的なもの。最も特徴的な点は、アカプルコへ至るルートへの注記と、カルカッタと思われる点で途切れる地図のその先に至る、アデン、ドファール、ホルムズまでの航程が方位と日数で記されている、明らかにヨーロッパ方面への航海を意識した標記。そして、驚くほどに正確に描かれた航路に対して、かなりあやふやな陸上の表記。

本書の後半では、これらの記述の秘密について、著者の調査結果(まだまだ知りえない事が沢山あると述べていますが)と見解が述べられていますが、その結果は本書を彩るほんの一部分に過ぎません。

本書の最大の魅力は、その結果に至るまでの著者のアプローチ。単に地図の記述の謎を解くだけであれば、これだけの著述は必要ではなかったはず。それでも、著者は描かれた事の本質に迫るために、余りに迂遠とも思えるアプローチを仕掛けていきます。

其処には、入手者であるセルデン自身の物語だけでなく、親友であったベン・ジョンソンと彼の仮面劇に秘められた、イギリス特有の洒脱と皮肉の物語が語られていきます。そして、彼の東洋の文物に対する収集(東洋学の始まりといってもいいかもしれません)に興味を持って、当時の文壇に花を添えたパーチャスの「パーチャス廻国記」と、ジョン・スピードやメルカトルといった地図製作者たちの物語も散りばめられていきます。その記述は、16世紀末のスチュワート朝イギリス史、更には文化史をある程度理解している事を読者に求めてきます。

セルデンの研究上の遺産を引きついだ、ポドリアン図書館の初代館長であるトマス・ハイドと、数奇な運命の末に彼の元にやって来た中国人の沈福宗。セルデン地図の上で、彼らが交わしたであろう言葉が、ヨーロッパにおける東洋学の息吹を見せ始めますが、彼が研究を纏める頃には、時代の変遷による文化の多様性を相対化するための東洋史から、パーチャスに見られるような所謂東洋趣味の波に呑まれていく悲哀さすら述べていきます。

ヨーロッパをベースに著述している本であれば、此処までの著述で終わっていたかもしれませんが、著者は東洋史の専門家。セルデン地図の内容を追うその筆致は、ヨーロッパを飛び出して同時期、更にはそれ以前の東洋における航海史を跋渉する世界に漕ぎ出していきます。当時のあやふやなヨーロッパ諸語と中国語表記の変換の先にある、羅針盤の動きをベースに中国語で著述された航海録を読み解くことで、この地図に描かれた東アジア、東南アジアの航路が極めて正確であった事を、それこそ推理小説のように突き止めていきます。更には、これらの中国語書籍の成立した理由と、その著作の根底にある官僚制(科挙)や、文化の担い手としての重厚な士人層への眼差しが語られていきます。著者の研究者としての視野の広さは、本書を単なる地図をテーマにした地理史に留めることなく、東西の文化、思想が共演する文化史へと大きく広げていきます。

ヨーロッパを飛び出した地図を巡る物語は、更に紙の地図と書籍を飛び出して、東アジアを巡る航海と地図の物語へと進路を取っていきます。羅針盤の方位記述の読み解きや媽祖や火長といった中国由来の民俗学的な航海術を語りながら、イギリス東インド会社の貿易についての物語が編み込まれていきます。

ウィリアム・アダムスと平戸と徳川将軍という、我々にとっても馴染みのお話も語られていきますが、メインは中国、そして東南アジア貿易(北洋航路だけでは貿易が成り立たない事をはっきりと明記しています。オランダが長くアジアで貿易を続けられたのも、南方の物資拠点を抑えていたことによる、アジア航路内における南北貿易を成立させられたが故)。平戸をベースにしたイギリス東インド会社の交易における中国ルート開拓にまつわる悲喜こもごもの物語と、スペインそしてオランダとの香辛諸島での貿易競合の物語も語られていきますが、この部分は少し前後と脈絡なく登場してきます。実は、セルデン地図の最後の謎に迫る重要な秘密がここに隠されているのですが、その答えは本書をお読み頂いて、納得して頂ければと思います。

イギリスと中国の文化が交差する本書。それは歴史と文化を地勢の上で語るという地理学の本質が、それこそ大陸を越えて、ダイナミックに展開していきます。片方の知識だけでは決して読み解けない、文化の交差点としてのセルデン地図の特異性と、秘められたストーリーが存分に語られていきます。イギリス、そしてヨーロッパで刊行される作品におけるセオリーに従った、豊富な文化的、歴史的バックボーンに基づいて本題を解き明かしていく記述は、ちょっと迂遠な感じもするかもしれませんが、著者の驚異的な知識力、学術成果を丁寧な翻訳によって誘ってくれる、知的探究の面白さが存分に味わえる、訳本ならではの面白さが詰まった一冊。

イギリスの作品らしい、強烈な皮肉を込めた序文のヴァルトミューゼラーの「アメリカ」が初めて記述された地図と、海南島事件に関する話題から始まり、王子ジローとセルデンの墓所の物語(このオチには、更に何かを伏してるのですが、私の知識力では追い付きません)で終わる本書。著者の熱心な研究成果に耳を傾けながら、ある意味営々と築き上げてきた慣例法を規範に持つイギリスという国のしたたかな思考法の上に立つ、少し醒めた歴史感をじっくりと味わうかのような一冊です。

<おまけ>

本ページでご紹介している、本書に関連する書籍を。

広告
名残雪の朝に(2015.4.8)

名残雪の朝に(2015.4.8)

天気の優れない4月。

今朝は遂に雪が降り出してしまいました。

名残雪の朝1標高が高い、ここ八ヶ岳南麓。4月に雪が降る事は珍しくなく、時にはGW直前まで降る事があります。

しかしながら、これだけ暖かくなってからの雪は珍しいと言えます。

名残雪の朝,城山公園の枝垂桜2先週開花を迎えた、小淵沢町にある城山公園の枝垂桜。

今朝は雪が降りしきっています。

名残雪の朝,城山公園の枝垂桜5天気が良ければ遠望できる甲斐駒と南アルプスの山々も、今日は雪雲の向こう。

枝垂桜もちょっと寂しそうです。

名残雪の朝,城山公園の枝垂桜3雪を被る枝垂桜の花の房。ソメイヨシノより開花の早い枝垂桜は、既に葉桜になりつつあります。

名残雪の朝,城山公園の枝垂桜4名残雪の朝,城山公園の枝垂桜1雪が降るとはいえ、そこは4月。

みぞれ交じりの湿った雪が降りかかった桜の花は、まるでシャーベットのよう。

こんな天気には相応しいかなと、久しぶりにイルカのなごり雪を聞きながら、ちょっとしんみりしてしまう朝の一コマ。

なかなか本格的な春を迎える事が出来ない、今年のシーズンです。

 

天気のすぐれない週末に桜の開花を待ちわびながら(蕾膨らむ信濃境の桜達2015.4.5)

今週も雨に見舞われた日曜日。

週末の雨で桜が散り始めたとの声も聞こえる中、漸く足元まで桜が開花し始めた此処、八ヶ岳南麓ですが、一段標高の高い八ヶ岳西麓の様子を見に、雨の中を信濃境へ向けて車を走らせます。

霧雨の中、開花前の鼎談桜1標高1000mを目前にした、信濃境の県境部。

まずは一番標高の低い、鼎談桜を観に行きます。こちらの桜は、標高とは裏腹にこの界隈では最も開花が遅い事で有名な桜。通常ですとGW前半に漸く見ごろを迎えます。

霧雨の中、開花前の鼎談桜2固い蕾が付き始めた鼎談桜。

鼎談桜前の梅側に植えられた梅の木はそろそろ満開。

小雨が降る中、春の香りを届けてくれます。

霧雨の中、開花前の田端の枝垂桜3少し標高を上げて、田端の集落の中にある、開花を待つ枝垂桜。

2本の枝垂桜と、コブシの木が重なるようにして枝を伸ばしています。

霧雨の中、開花前の田端の枝垂桜2雨が小降りになって、雲海の向こうに、南アルプスの山並みが見渡せます。

一週間前と比べると、蕾も随分大きくなってきました。

霧雨の中、開花前の田端の枝垂桜とコブシの花寄り添うように枝を伸ばすコブシの木には白い花が咲き始めています。

上手くタイミングが揃うと、コブシの花と、枝垂桜の花のコラボレーションが見られるのですが、今年はちょっとコブシの開花の方が早かったようです。霧雨の中、開花前の田端の枝垂桜1右側にコブシの白い花を添えた、田端の枝垂桜の全景。

枝垂桜の枝も、ほのかな桃色に染まってきました。

霧雨の中、開花前の葛窪の枝垂桜1標高1000m丁度。

周囲の桜の中でも高い場所に一人佇む、開花前の葛窪の枝垂桜。

あいにくの空模様。更に雨が激しくなり、遠くに見えていた南アルプスも雲の中に沈んでしまいました。

霧雨の中、開花前の葛窪の枝垂桜2それでも、春を待ちわびる花の蕾は少しずつ膨らみ続けています。

暖かい雨の降る日曜日の午後。

来週は花の便りが届けられるようになるでしょうか。

 

今月の読本「アホウドリを追った日本人」(平岡昭利 岩波新書)玉置半右衛門とアホウドリを絶滅寸前に追い詰めた、南洋を巡る梟雄達への告発の書

今月の読本「アホウドリを追った日本人」(平岡昭利 岩波新書)玉置半右衛門とアホウドリを絶滅寸前に追い詰めた、南洋を巡る梟雄達への告発の書

戦前、第一次大戦による信託統治領として獲得した南洋諸島を始め、多くの日本人が太平洋の島々に進出していました。

現代を暮している我々からすると、南の島といったらバカンスか、それともカツオやマグロの遠洋漁業といった非日常の世界といったところでしょうか。本書は、そんな普段イメージすることすら希薄となっている日本の南、広大な太平洋に散らばる島々へ、戦前の日本人が押し寄せた理由の一つを教えてくれる本です。

アホウドリを追った日本人アホウドリを追った日本人」(平岡昭利 岩波新書)です。

本書を貫くストーリーの主役であり、続々と出ているフォロワーの始祖である、玉置半右衛門。あまり馴染みのない名前かもしれませんが、離島や南洋の島々に興味がある方なら決して外せない人物。

幕末の八丈島に生まれ、鳥島と大東島を開拓し、アホウドリと製糖で巨万の富を築きあげた、一代の梟雄。

本書は、その玉置半右衛門と、彼に連なる人々が南洋の島々に刻み込んだ物語を語っていきます。その目的は、南洋の島々にそれこそ溢れるばかりに生息していたアホウドリを絶滅の淵に追いやった事に対する告発。

彼と、水谷新六のような冒険的商人と、彼らに支援を与えた榎本武明の移民政策、彼らとの繋がりを得た、三井物産や、服部時計店(あのセイコーです)といった政商、更には日本初の農学博士でもある恒藤規隆といった面々が、アホウドリや海鳥たちの羽毛、はく製、そして彼らの残した糞が生み出すリン鉱石を巡って、人も住めないような劣悪な小島一つ一つさえ争うように争奪戦を繰り広げていきます。

物語は玉置の出生地である八丈島から始まって、鳥島、小笠原、南鳥島といった東京の南に連なる島々から、南北大東島、尖閣諸島、そして現在でも恒藤規隆が興したラサ工業が全島一括で私有するラサ島(沖大東島、現在は無人島)といった沖縄周辺の島々に広がっていきます。更に、現在の日本の領土の外に位置する南沙諸島や、マリアナ諸島、ミッドウェイ島や挙句の果てには、当時ですらアメリカの施政権が及び始めていた北ハワイ諸島にまで足を延ばして、海鳥の捕獲(密猟)が進められた物語が語られます。

この辺りの話まで来ると、当時の軍部の南方政策との関わり合いも描かれるようになり、第一次大戦中の秋山真之の南進論とカモフラージュの感すらある民業によるこれらの開拓、ドイツが持ち込んだリン鉱施設の接収から、第一次大戦後の南洋庁成立による国策による南方政策への転換への道筋も述べられていきます。

島々へのアプローチも、最初は冒険談的な物語が語られますが、次第に計画性を持った収奪や計画的?な漂流と座礁による無人島での海鳥の捕獲と積み出し、軍艦を用いた測量と占有の宣言、更には当時南洋に残っていた、存在疑念島(E.Dと地図には記載されます)の発見報告やこれらに対する開拓申請といった、詐欺師そのものの活動すら見られます(類書にある島の真偽を検討している論説に対して、作り話の根拠を検討していると、呆れるような発言をなさっている点は、本書が正に南洋を獲物とした山師たちへの告発の書であることを物語っているようです)。

そして、そのほぼ全ての島々で、海鳥たちの凄惨な撲殺、収奪が行われてきたことを、著者は静かな怒りを込めて述べていきます。その行為による統計上の数値は本書をご覧頂きたいと思いますが、本書を読むと、如何に膨大な海鳥たちを、易々と死滅させていったのかという点に戦慄すら覚えます。但し、巨利を得た山師たちの成果の多くが、外貨獲得という国策としての殖産興業の一環であった事は忘れてはならないと思います。

既に日本人の興味を引く事すら少なくなった、巻頭カラーを飾る美しいアホウドリの姿は極限までの捕殺により、もはや僅かとなり、表土を失って穴だらけの何も使えない土地となってしまったリン鉱石の採掘跡が残る南洋の島々。最後に著者は自らが名づけた「バード・ラッシュ」として、その地に多くの日本人が行き交っていた風景、その根源を、ただ貧しさからの脱出であると、感慨を込めて述べるに過ぎません。

膨大な収奪の上に、巨万の富と名声をを得た梟雄達に対する静かなる憤懣と、欺瞞への憤りを語る一方で、実際としての南洋の島々に渡っていった人々の物語が語られない事への些かばかりの残念さも感じながら、このタイミングで本書を上梓された事への想いを巡らせているところです。

アホウドリを追った日本人と類書たち本書をお読みになって、少々記述が不足している、もしくは若干見受けられる、著者固有の見解で描かれる部分を補完してくれる書籍たちを参考にご紹介。

殖産興業として、同じように南洋における海洋資源の獲得を目指して実際に乗り出していった、沖縄出身の方々の最後となるであろう生の記録を集め、その延長としての今に繋がる南洋との繋がりの物語を重ねた「かつお節と日本人」(宮内泰介、藤林泰 岩波新書)。外貨獲得の花形としての、シルク、羽毛と並ぶもう一つの高級服飾品として。日本に於ける真珠漁と養殖成功への物語、そして南洋も巻き込みながら世界を巡る高級宝飾品市場のダイナミックさを後半で詳述する「真珠の世界史」(山田篤美 中公新書)。本書のバックボーンとして理解しておきたい、南洋の島々を巡る人々の動きや存在疑念島の発生と消滅、島の領有に至る経緯を総括的に記した「地図から消えた島々」(長谷川亮一 吉川弘文館・歴史文化ライブラリー)多くの登場人物がオーバーラップしますが、こちらは領土としての島を巡る物語が主体です。

<おまけ>

本ページでご紹介している、関連する書籍を。

枝垂桜の開花を迎えた八ヶ岳南麓にもいよいよ春が(2015.4.2)

咲き始めた城山公園の枝垂桜と甲斐駒1標高800mの八ヶ岳南麓。

地上より2週間ばかり遅いのですが、いよいよ春の訪れを告げる桜の開花が始まりました。

開花を始めた城山公園の枝垂桜と甲斐駒2こちらは甲斐駒を向こうに望む、北杜市小淵沢町の城山公園。

ソメイヨシノはまだ開花していませんが、一足早く枝垂桜が開花を始めました。

今週末から来週にかけて、標高を徐々に上げながら、ほかの桜たちも開花を迎える事でしょう。

 

今月の読本「馬と人の江戸時代」(兼平賢治  吉川弘文館)南部という郷土を舞台に馬、獣そして人々の物語を集めて

今月の読本「馬と人の江戸時代」(兼平賢治 吉川弘文館)南部という郷土を舞台に馬、獣そして人々の物語を集めて

何時も新刊を楽しみにしている吉川弘文館さんの歴史文化ライブラリー。

通巻400冊を来月に控えた3月の新刊から、シリーズに相応しいテーマを扱った、ちょっと気になる一冊をご紹介(本当はもう一冊の方を買うつもりだったのですが、次のタイミングで…)。

馬と人の江戸時代馬と人の江戸時代」(兼平賢治  吉川弘文館歴史文化ライブラリー)です。

岩手県出身で、東北大学で博士課程を修めた著者が選んだテーマは、故郷を代表する名産であった南部馬。

既に純血種は絶えており、現在では決して馬の生産が盛んな場所ではなくなってしまいましたが、それでもチャグチャグ馬コや、南部曲屋で知られるように、馬と人との繋がりが非常に強かった土地。著者は愛着ある地元の馬産の歴史を追う事で、近世、そして近代の馬と人との繋がり合いを描いていきます。

本書は大きく分けて2部に構成が分かれます。前半は徳川幕府による馬産制度と徳川綱吉の生類憐みの令、そして徳川吉宗の馬産振興を通じた幕府による馬を通じた統制を描いてきます。その中でも著者が着目するのはもちろん南部馬。仙台馬、そして南部馬の流通や幕府の買い上げに関する取引について丁寧な解説が述べられていきます。

優秀な戦闘道具としての馬から、天下泰平と戦国の気風を改めるための愛護精神による保護政策(所謂筋延ばしの規制)、そして弛緩した気風を再度改めるための馬産の見直しと、幕府御牧の再編成。そのいずれのシーンにも優秀な種牡馬として南部馬が登場していきます。その体格の大きさと、虚勢をしなくても穏やかな性格(冬の間も放牧をすると荒れてくるなどという、ちょっと面白いお話も)が好まれて全国に普及したであろう南部馬の流通をその中核に位置した幕府の政策から検討を加えます。

研究者らしく、藩と幕府に於ける馬産政策を系統立てて語る前半に対して、南部を舞台に其処に住む人々と南部馬の関わり合いを描いていく中盤以降、その筆致は少々雰囲気を変えていきます。

中盤以降の構成は、一応章立てで書かれていますが、その内容は特段に章ごとに区別されるものではなく、馬に関わる話題に関してかなりの広範囲のテーマが網羅的に描かれていきます。描かれる内容も、武家の組織や取引から、牡馬(駒)と雌馬(駄)の扱い、農耕馬としての農民とのかかわり、更には馬に限らず南部という土地で馬と関わって生きる人々や獣たち、更には彼らが暮らす環境にまで筆致は広がっていきます。

明治以前には耕馬としての活用が例外である点を関東以北の深耕田に見出す。火災の記録から農民の平均的な馬の所有数、そして馬の所有数と農民の所得階層の比較検討を行う。更には、一緒に飼われていたであろう牛の利用法や牛乳への言及、そして皮や毛といった材料としての活用(武具、細工)や流通、職人に関する話題へとテーマを推し広げていきます。

ややテーマが散漫となる後半、その中でも少し重点を置いて描かれるのが、食肉としての馬(桜肉)。著者はその契機と普及の過程を、江戸中期以降に頻発した飢饉における食糧事情、そして飼料すら食事に廻す必要性から餌を与える事も叶わず、処分するくらいなら食するという判断があった、その繰り返しが近代以降の肉食への抵抗感を既に引き下げていたのではないかという、興味深い見解を示していきます。

更には、広大な牧草地を要する放牧に伴う環境への負荷とそれに抗するように現れる狼たちと人間との抗争。その反動として現れる他の獣たちの増加、そして駆除といった、現在の中山間地での微妙な話題にま言及する点は、歴史文化ライブラリーの一冊としては検討の及ぶ範疇なのかもしれませんが、歴史書の領域としては少々逸脱するところもあるようです。

馬を中心に置きながら、広範なテーマを描く本書。著者があとがきで少し言及していますが、その想いは馬を通じて、郷土でもある南部という土地そのものを描こうとしているかのようにも思えます。

そして、既に在来種としての血脈が失われてしまった南部馬。その原因を、江戸時代以前には生息すらしていなかったにも拘わらず、現在の馬産の中心である、広大な牧草地が広がる北海道への南部馬の種牡馬と しての進出による馬産地としての地位の逆転と、明治以降の品種改良において、それこそ在来種でもっとも体格が良く、性格も温和だった南部馬が優先的に利用された結果ではなかったかと指摘 します。

歴史文化ライブラリーらしい楽しさがあり、更には歴史書としての既存の枠すら超えようとする本書。著者の研究分野とはちょっと離れてしまうのかもしれませんが、今度は郷土南部を中心に置いた、馬と南部の人々の物語の本が読みたくなる、そんな想いを持った一冊でした。

木曽馬の里と木曽馬たち7南部馬は絶えてしまいましたが、本州最後の在来馬と考えられる、木曽馬を(まだ噴火前の、開田高原木曽馬の里にて2014.05)

<おまけ>

本ページでご紹介している似たようなテーマの話題を。