濃霧、五月晴れ、そして冠雪!(2015.5.21)

4月に続いて、目まぐるしく天候が変わる5月。

それにしてもバリエーションが少々多すぎるようです。

そんな天候の変化を朝のスナップから(撮影はLumia1020です。画像をクリックして頂くとフルサイズの表示になります)。

濃霧の朝1真っ白な霧に包まれた、5/19の朝。

踏切に差し掛かった中央線の列車も霧に沈んで見えにくくなっています。

濃霧の朝2そうこうしているうちに、みるみる霧が濃くなって視程は僅かに30m程。対向車のヘッドライトすら視認が困難なくらいに。小さな圃場の畔すらも霧に消えかかっています。

濃霧の朝3霧の中を延びていく、新緑のあぜ道。少し霧が晴れて来ると、畔の鮮やかさが引き立ちます。

朝の鏡面翌日20日は、朝から風もなく穏やかに晴れ渡りました。

少し濁っているのが残念ですが、鏡面になった圃場には、甲斐駒と南アルプスの山並みが映し出されます。

季節外れの冠雪3天気の良かった昼間から一転、深夜に雷と強風を伴った強い通り雨が過ぎ去った21日の朝。

肌寒さで目覚めた朝は驚いたことに、八ヶ岳が白く冠雪をしています!

5月の後半にここまで雪景色になるのはちょっと記憶にありません。

季節外れの冠雪比較用季節外れの冠雪2念のため、今月13日に撮影した同じ場所のカットを比較として。

田圃の畔をご覧頂ければ判りますが、下が21日の風景です。ちょっと驚きの景色。

季節外れの冠雪1田植えを直前に控えた圃場の向こう、新緑の南アルプスの山々も再び白さを取り戻しています。

季節が逆戻りしてしまったような肌寒い青空。このページを編集している夜半も、外の気温は既に10℃を下回っています。

茜色の夕暮れの圃場1茜色の夕暮れ。長くなった日差しはゆっくりと暮れていきます(5/23)

茜色の夕暮れの圃場2こんな景色、めったに見られるものではありませんが、もう少し普通に季節が巡ってほしいと願わずにはいられない、春のシーズンもそろそろ終わり。高原に広がる圃場での田植えが終わる頃には梅雨を迎えている筈です。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中