新緑の八ヶ岳東麓(躑躅にはちょっと早い八千穂高原)2015.5.24

日差しが戻ってきた日曜日。

仕事を抱えたままで、出かけるのに躊躇する状況ではありますが、閉じこもって片付かない仕事を前にして悶々としているくらいならと、ちょっと出かけてしまいます。

曇天八ヶ岳八ヶ岳東麓、野辺山の牧場から望む八ヶ岳は、まだ雪渓が残っています。

牧場の緑も大分濃くなってきました。

レタス畑から八ヶ岳を遠望1遠くに八ヶ岳を望む、レタス畑より。

春に植えられた苗が、大分大きくなってきました。午後の畑仕事をするべく、農家の方が麓の海尻側から続々と上がってきます。

レタス畑から八ヶ岳を遠望2レタス畑越しに赤岳と横岳を。

八千穂高原の少し早い白樺1一旦谷筋に下った後は、再び標高を上げて八千穂高原へ。

白樺林は緑に染まっています。

八千穂高原の少し早い白樺3名物のレンゲツツジの開花はあと少しといったところ。

白樺林越しに、八千穂レイクの湖面が望めます。

八千穂高原の少し早い白樺2白樺の小路。

今日は殆ど人影を見かけませんでしたが、来週になれば観光客の皆さんで、いっぱいになる筈です。

八千穂高原の少し早い白樺4白樺林の向こう、緑の白樺に白い花が添えられます。

白樺とヤマナシの花白樺林の奥、白い花と白樺のコントラストを。

八千穂高原の新緑1標高1500mを越える八千穂レイク。

白樺林の隣に広がる園地の落葉松もまだ新緑の雰囲気を残しています。

八千穂高原の新緑2折り重なる緑のコントラストに花を添えて。

八千穂高原の新緑3八千穂レイクの湖畔も清々しい緑に覆われています。

次の週末には静かな八千穂高原に年に2回訪れる観光のピーク、日本最大の白樺群生林に映える、レンゲツツジが見ごろを迎えるはずです。

梅雨の合間に八ヶ岳を彩る、レンゲツツジと新緑が織りなす景色を是非ご覧に来ていただければと。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中