初夏の霧ヶ峰でレンゲツツジを追って(2015.5.31)

週末になって一気に夏空となった、八ヶ岳南麓。

気温は30℃に迫り、日中は出掛けたくなくなるほどの眩しい日差しが降り注ぎます。

それではと、少しでも涼しい高原に向けて出かけてみます。

水田と南アルプス2田植えの終わった圃場から、朝の南アルプスを望んで(5/27)。

まだ、涼しさを感じさせた今週b中盤の一コマ。

水田と南アルプス1今朝の南アルプスを圃場にて。

くすんだ青空に、沸き立つ雲は既に夏の装い。

初夏の緑日差しを避けて、林間に。

間伐された人工林には適度な日差しが差し込んで、心地よい明るさをもたらしてくれます。

霧ヶ峰のレンゲツツジ2一気に標高を上げて、霧ヶ峰へ。

野焼の延焼から2年。今年もレンゲツツジが花をつける季節が巡ってきました。

霧ヶ峰のレンゲツツジ4遠くに池のくるみを望む道路沿いからレンゲツツジの群落を。

今年は人手による刈込が行われたようで、下草が少し不自然に刈り込まれている様子が判ります。

霧ヶ峰のレンゲツツジ5池のくるみの湿地帯をバックに、刈り込まれた後に花を付けるレンゲツツジの群落。

例年以上に開花の早い今年(例年では6月の2週ごろ)。群落の先にはまだ開花していないレンゲツツジの灌木が広がっています。

野焼の延焼後、大分少なくなったレンゲツツジですが、今年は多くの花を付けそうです。

霧ヶ峰のレンゲツツジ1周囲の群落も続々と花を咲かせ始めています。

霧ヶ峰山頂の鐘そのまま一気に霧ヶ峰の山頂へ。

峰々にかかる雲の様子は既に夏空です。

霧ヶ峰の青空麓の人込みから少し離れた霧ヶ峰の山頂から、北の空を望んで。

何時もであれば、夏空をグライダーが駆ける姿も楽しめるのですが、昨日発生した墜落事故の影響でしょうか、滑走路上にはテイクオフを待つ機体もなく、取材のカメラクルーが行き来していています(後で知ったのですが、滑走路の南側の斜面下に墜落した機体があったようです)。

伊那丸富士見台のレンゲツツジ少し標高を下げて、車山肩、伊那丸富士見台駐車場から蓼科山を正面にレンゲツツジの群落を。

まだ、ちらほらと花を付けている状態ですが、あともう少しで見ごろを迎えそうです。

レンゲツツジと蓼科山、白樺湖霧ヶ峰からぐっと標高を下げて、ビーナスラインの中継地点である大門峠の入口に。

目の前に蓼科山を望む、白樺湖畔のレンゲツツジは既に見ごろを迎えています。

遠くに望む蓼科山もすっかり夏の装いになってきました。

少し風の強い高原の気温は20℃程と、日差しは強いですが気持ちの良い午後のひと時。

6月に入って少し経つと、ちょっと鬱陶しい梅雨を迎えますが、高原に広がる草原は一面緑とレンゲツツジの朱色のコントラストに覆われていきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中