初夏の美ヶ原はレンゲツツジに包まれて(2015.6.28)

<前ページからの続き>

梅雨間とは思えない、抜ける様な青空と遠くに望む北アルプスの雪渓に誘われて一刻ほど…。

辿り着いた先は、正面に北アルプスの峰々を望む美ヶ原。

初夏の美ヶ原2ふつう、八ヶ岳西麓から美ヶ原に向かうのであれば、ビーナスラインを美ヶ原高原美術館方面に向けて走るのでしょうが、目の前に望む景色の足元は松本市街。今日は、武石峠側に廻りこんでみました(番所ヶ原しんどい…)。

手が届きそうなほどの高さに浮かぶ雲間から眩しい光が差し込んできます。

初夏の美ヶ原3振り返って北を望むと、峰々の右端は浅間山。

ほんの少しですが、雲と異なる方向にたなびく噴煙も見えています。

初夏の美ヶ原4周囲はレンゲツツジがそこかしこで花を咲かせています。ピークを過ぎた霧ヶ峰付近より200mほど高い美ヶ原。今が見頃のピークを迎えています。

初夏の美ヶ原1北アルプスをバックに、盛りのレンゲツツジを。

落葉松の緑3ビューポイントからちょっと降りて、緑の落葉松林の中を歩いていきます。高い青空とのコントラストが美しいです。流石に標高が高いので気温は20℃を切っていて、日差しが眩しくても快適に歩く事が出来ます。

落葉松の緑2毎年のように緑の衣を脱ぎかえていく落葉松。枝の先には新緑の色を留めています。

落葉松の緑1落葉松の鮮やかな緑を(Lumix DMC-GM5 + Lumix G 42.5mm f1.7,1/500,f4.5,ISO200)

初夏の美ヶ原12落葉松林を抜けると、一気に視界が開けてきます。

稜線上の向こうに、美ヶ原の主峰、王ヶ頭のアンテナ群を見渡すことができます。

武石峠側から望む、美ヶ原最大のビューポイントです。

初夏の美ヶ原5振り返ると、一面にレンゲツツジの群落が広がっています。暫し、ご堪能を。

初夏の美ヶ原11

初夏の美ヶ原6

初夏の美ヶ原8

初夏の美ヶ原10

初夏の美ヶ原9高い高い青空の下、山の斜面一杯に広がるレンゲツツジの群落。

眩しい午後の日差しに照らされて、濃い朱色の花々が緑の草原に広がります。

初夏の美ヶ原7少し雲が多めながら、日差しが緑の草原を照らし出す、午後の美ヶ原。

レンゲツツジが花を散らす頃には、この草原にも本当の夏がやって来るはずです。

広告

初夏の緑(2015.6.28)

梅雨晴れにも拘わらず、爽やかな風が吹き抜ける6月最後の日曜日。

久しぶりの眩しい日差しを受ける周囲の景色は、夏色の緑に包まれていました。

初夏の緑2ぐんぐん伸びる稲穂が濃い緑を湛える、昼下がりの圃場。

遠くに望む南アルプスの山並みも、すっかり緑に包まれています。

初夏の緑4最後の雪渓を残す、甲斐駒をアップで。

梅雨晴れとはいえ抜ける様な日差しの中、眩しい緑が目に沁みます。

初夏の緑3季節外れの抜ける様な青空が印象的な今日の八ヶ岳。こちらも緑に染まっています。

初夏の緑5少し移動して、茅野市側のエコーライン沿いより阿弥陀岳と横岳。緑の色つきで植生の違いがはっきり判ります。

緑に染まる山々、そして圃場を埋める稲穂たちにとっても梅雨は大事な成長のタイミング。もう暫くは雨降りが望まれる6月の終わり。

初夏の緑6初夏には珍しく、雲間の遠くに北アルプスの雪渓が見えています。これほど抜けが良い状態も本当に珍しい事です(今朝は横浜からも富士山が眺められたほどだそうです)。それでは、もう少し近づいて眺められる場所まで移動してみましょうか。

<次のページに続きます>

梅雨空の午後のひと時に(井戸尻考古館の咲き始めた大賀蓮を)2015.6.26

梅雨らしい空模様の続く6月後半。

気温も少しずつ上がってきて、薄日が出ていると蒸し暑く感じられるようになってきました。

夏蕎麦畑と八ヶ岳普段は秋蕎麦が播かれるはずの畑。今年は早くも夏蕎麦が花を咲かせています。

八ヶ岳から黒い雲が下ってきています。

夏蕎麦の花真っ白な蕎麦の花がそこかしこに花弁を開かせています。

夏蕎麦の花2夏蕎麦の花をアップで(Lumix DMC-GM5 LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/800,f2.8,ISO200,-0.3EVトリミング済み)

井戸尻考古館蓮池休日の午後のお散歩先は、富士見町信濃境にある井戸尻考古館。

史跡となっている考古館の前庭に面する窪地には、水を湛えた蓮池が点在しています。

井戸尻考古館の大賀蓮2此処の名物は、窪地の一番奥に咲く、大賀蓮(古代ハス)。梅雨本番の6月末になって、蕾がほころび始めています。

井戸尻考古館の大賀蓮1ぐるっと池の畔を廻ると、池の中央近くに一輪、花をいっぱいに広げた大賀蓮を見つける事が出来ました。

(Lumix DMC-GM5 LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/800,f5.6,ISO200,エフェクト:ローキー)

このレンズ、時々ドキッとさせられる色を叩出してきます。

井戸尻考古館の大賀蓮3僅か数輪ですが、開花を始めた井戸尻考古館の大賀蓮を(Lumix DMC-GM5 Lumix G 42.5mm f1.7,1/800,f4.5,ISO200,エフェクト:ローキー)

井戸尻考古館の大賀蓮4何時もより少し早く開花を迎えた井戸尻考古館の大賀蓮。ご覧のように、今年はたくさんの蕾を付けていますので、これから7月の上旬までたっぷりと楽しめそうです。お越しの際は、ゆっくりと花を開かせる午前中早い時間帯がおススメです。

井戸尻考古館の白蓮井戸尻考古館前の蓮池。主役の大賀蓮の池の周囲には、それぞれに花を咲かせるスイレンたちの池もあります。こちらは白蓮の池。

井戸尻考古館蓮池のイトトンボ池の周りではトンボたちがそれぞれに縄張り争いのため、盛んに飛び交っています。

そんな中でも、何時も静かなイトトンボをアップで。Lumix G 42.5mm f1.7の最小焦点距離一杯(訳30cm)まで寄せています。

井戸尻考古館蓮池のイトトンボ2トリミングしてアップで(Lumix DMC-GM5 Lumix G 42.5mm f1.7,1/2000,f3.5,ISO200)

井戸尻考古館蓮池のトノサマガエル1蓮池の周りには、お馴染みの住人達が。

井戸尻考古館蓮池のトノサマガエル2昼間はおとなしい、井戸尻考古館蓮池の住人さんでもあるトノサマガエル(ノントリミングです)。

少しの間ですが、モデルを買って出てくれました。頭に藻を載せたままで、ちょっと休憩中。

井戸尻考古館のスイレン池スイレンも池一杯に花を咲かせています。蓮の花に比べると、ちょっと大人しいですが、梅雨空の下で盛んに華を競っています。

井戸尻考古館のスイレン蓮池に咲く、スイレン一輪。

(Lumix DMC-GM5 LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/5000,f1.7,ISO200,エフェクト:ローキー)

絞り開放f1.7の作例として。

スケッチに訪れていた観光客の皆さんを横目に蓮池でのんびりとカメラと戯れる午後のひと時。

冷たい風が吹き始め、真っ黒な雲が八ヶ岳を下り、空からぽつぽつと雨が落ち始めて来たので撤収と相成りましたが、山間地らしく、移動中には青空も遠くに望める午後のひと時。夏至を過ぎた6月末の夕暮れはゆっくりと日が傾いていきます。

夕暮れに彩なす色(Lumix DMC-GM5 LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/100,f2.8,ISO200,-0.3EV)

今月の読本「昭和の刻印」(窪田陽一:著 尾花基:写真 柏書房)その思想と景観は現代から未来へと続く

今月の読本「昭和の刻印」(窪田陽一:著 尾花基:写真 柏書房)その思想と景観は現代から未来へと続く

最近増えてきた、昭和の憧憬を誘い、追憶を語る写真集を兼ねた書籍たち。

追憶を疑似体験する施設という意味では、10年以上前から新横浜で今も頑張っているラーメン博物館辺りが始まりかもしれませんが、少し遅れて来た書籍もずいぶん増えてきたように思えます。

昭和が終わって既に四半世紀。その頃に想いを馳せる、もしくはそのルーツを辿ろうと思う方が多くなっているのかもしれません。

そんな中で刊行された本書は、類書とはちょっと違った切り口で昭和に築かれた景色を描写していきます。

刻印の昭和昭和の刻印」(窪田陽一:著 尾花基:写真 柏書房)です。

本書のフォーマットは、古びた明朝体で埋められた本文と、やや霞んだ仕上がりの写真の組み合わせが印象的な、如何にも懐古的な仕上がりですが、掲載されている写真は2008年以降の撮影であり、昭和の残影を遡及しようという意図は感じられません。また、本文と写真とは密接には絡んでいますが、文中で掲載されている写真を直接言及する部分は少なく(コラム的に「刻印の焦点」と題したショートメッセージが添えられた写真は僅かに5点)、著者の文書のイメージを伝えるためのモチーフとして添えられていると考えた方が良いかと思います。

この手の類書にある様な、昭和の憧憬を誘う書籍(写真集)だと思われて手に取られると、ある意味裏切られる本書。その理由は好事家が手掛けた趣味性の高い作品ではなく、巻末にあるように、業界紙に掲載された連載を再構築して上梓されたものだからです。

その初出は2009年から20111年とちょっと古いのですが、あとがきにあるように再校訂もされており、その内容故に古さは何の問題ではありません。そして、掲載されている写真の選定理由もその原典から察すればおのずと理解できるはずです。

著者は建築工学を専攻し、国内における景観工学の先駆者ともいえる方。羽田空港の再国際化におけるターミナルエリアの再構成やゲートブリッジの景観設計を手掛けた方です。その景観工学のスペシャリストが想い描く昭和の風景。それは自身の原風景と、その変化について、建築へ向けられた当時の時代背景や思想を下敷きに、現在に繋がる風景と未来への想いを語る事。

まるでフランス文学の散文を読んでいるような、歴史と思想と理論がないまぜとなる、ある意味とりとめのない文章にも見えますが、そのエッセイと帯で表している文体や表現の根底には著者の経歴が潜んでいるようです。それは坪内逍遥を師と仰ぎ、彼の後に早稲田の教壇に立った祖父でもあり、翻訳者、戯曲の研究者でもあった島村民蔵の影響を濃厚に受けているようです。

昨今の研究者の方が書かれた一般向けの書籍にある様な、要領を弁えた簡潔な文章とは異なり、ある意味混沌としている文章かもしれませんが、その言及する範囲は極めて広範で、建築の周囲で敷居を区切る様な事はありませんし、その結果として本書に於いて建築物自体を語る事は決して多くないようです。むしろ、その建築物たちが構築されたことによって変化を来した景観への想いを中心に述べていきます。登場する建築物たちがなぜそのような形で現れて来たのか。語られる景観としての空間は戦後とは限らず、関東大震災直後にまで遡る場合もありますが、当時の様子と著者の原風景を交えた物語は、本書を手に取るであろう、もう少し年代の下がった読者層に対して、興味深い知見を与えてくれるとともに、成長の曲がり角を大きく超えてしまった現在の我々に、もう一度過去のいきさつを思い返すことを求めてきます。

成長期に建築に求められた役割と、その中でも景観や人々の暮らしへ根ざした想い。それを上回るように加速度的に進んだ成長に合わせるが如く用意された建築物たちが景観や人々に与えた影響を、景観工学の視点を越えて著者の想いを重ねて述べていきます。そして、景観に建築が与える影響の大きさとその時間軸の長さは、昭和という時代を越えて、現在の生活にまで営々と引き継がれていきます。

景観への責任を有する建築学者としての矜持。その想いは著者の最新の作品でもあるゲードブリッジに対しての想いを綴る文章にも語られています。

-引用ここから-

技術者が芸術家のような行為をしていいのだろうか、という疑問を呈する人々がいる。では問おう。世界のどこにもない形をしている橋を実現できる技術者が同朋にいて、新しい技術開発を生み出しつつ、本当に実現できたという事実に、果たして意義はないのか、と。

-引用ここまで-

高度成長期の急激な景観の変化を間を目の当たりにしながら成長し、その一方的な変化に疑問を抱きつつも、今や後進に委ねる立場となった先駆者の想いが込められたた本書。今度は読者の皆様がこの本の写真から、そしてこの本を片手にフィールドで、その景観に、そして新たに生まれ来る建築物という景観物にもう一度想いを馳せて見ては如何でしょうか。そこには、きっと設計者や製作者たちの想いと、時代の息吹がしっかりと込められている筈です。そこに生活し続けている人々の想いと共に。

美ヶ原、王ヶ頭の電波塔と美しの塔

美ヶ原王ヶ頭美ヶ原に林立する電波塔の数々はテレビの時代と言われた20世紀の落とし子たち。アナログからデジタル、VHFからUHFに変われども、今も王ヶ頭の山頂を占有し、時代を発信し続けるこれらも、昭和の刻印でしょうか。本書でも霧ヶ峰側の写真が出て来ますが、当時としては極めて先駆的であった景観、環境論争の末に、夢破れて、二度と繋がる事のない、閑散としたビーナスラインの松本側延伸部と併せて。

梅雨間の夏蕎麦畑(2015.6.23)

梅雨らしい、晴れ間と雨降りが繰り返す日々。

でも、ちょっと降り過ぎでしょうという、スコールのような雨はご勘弁してほしい所。

熱帯化したとかいろいろ言われますが、何事もほどほどなのが有難いです。

梅雨間の蕎麦畑1そんな梅雨の晴れ間の朝。ここ数年目立つようになってきた、圃場の夏蕎麦の花が満開を迎えたようです。

緑に染まった水田の中に浮かぶように点在する白い夏蕎麦の畑。秋蕎麦畑のように圃場を埋め尽くすが如く、全面に迫ってくる迫力はありませんが、そんな中でも少し湿った空の色との組み合わせも悪くありません。梅雨間の夏蕎麦畑2小さな可愛らしい蕎麦の花を(Lumix DMC-GM5 + LEICA DG 15mm f1.7,1/4000,f2.8,ISO200,トリミング済み)

夕暮れ、再びの豪雨に見舞われて倒れてはしまわないかと少し心配しながら。

蕎麦といったら秋という旧来のイメージも少しずつ崩れつつあるようですが、それでも一雨毎に夏が近づいて来るようです。

 

燎原の火の如く広がる今年のレンゲツツジ(霧ヶ峰・車山)2015.6.20

数週間前から地元関係者の方々で話題となっていた、今年のビーナスライン沿いのレンゲツツジの開花。

ここ10年来で最も多くの花を咲かせているとのお話を聞いて、少し天候が安定しませんが、土曜日の朝から出掛けてみます。

午前中は日差しがあったので、ちょっと散歩しながら。

撮影は全てLUMIX DMC-GM5と、Lumix G 42.5mm f1.7及びLEICA DG Summilux 15mm f1.7です。

画像をクリックして頂くと、フルサイズ表示に切り替わります。

夏空と八ヶ岳1朝の八ヶ岳。

気持ちの良い青空ですが、やはり雲は多めです。

井戸尻考古館の古代ハス蕾信濃境にある、井戸尻考古館の名物、大賀蓮(古代ハス)。

蕾が大きく膨らんできました。7月に入ると、明け方から午前中にかけて、その美しい花びらが開き始めます。

夏空と八ヶ岳2高い空。複雑な雲が八ヶ岳を覆っています。日差しは眩しいですが、真夏と違って、涼しい風が高原の圃場を吹き抜けていきます。

夏空と八ヶ岳3蓼科方面に近づいていくと、雲はいっそう厚くなっていきます。

夏空と八ヶ岳4緑に染まった水田の向こうに、同じく緑の夏山の装いとなった蓼科山と、横岳を望みます。

此処からは山懐へ一気に入っていきます。

池のくるみのレンゲツツジ1霧ヶ峰、池のくるみに到着。

こちらは、ピークを少し過ぎていて、大分花が少なくなっています(この程度が例年の姿です)。

向かいの山裾は、レンゲツツジの花で赤く染まっています。

池のくるみのレンゲツツジ2山裾に広がる、レンゲツツジの花をアップで。

池のくるみのレンゲツツジ3池のくるみから車山を見上げると、裾野がレンゲツツジで染まっています。

毎年、シーズン中に1度はビーナスラインを通りますが、こんなに赤く染まる車山を見た事がありません。

霧ヶ峰のレンゲツツジ1池のくるみ側から霧ヶ峰に向かって移動します。

どんよりとした雲が垂れ込めてきました。

霧ヶ峰のレンゲツツジ2今にも雨が降り出しそうな空の下、鮮やかなレンゲツツジの花が草原に広がっています。

霧ヶ峰のレンゲツツジ3ビーナスライン沿いまで上がってきました。

旧霧ヶ峰料金所前の園地もレンゲツツジの花で真っ赤に染まっています。

車山肩のレンゲツツジ1車山肩まで上がってきました。駐車場は車でいっぱい。お天気も不安定なので、車山肩から霧ヶ峰に向かって散歩するのは諦めて、少し下がった、何時もの撮影場所へ。

何時もは北アルプスの山々を遠望する方がぽつぽつと車を止められるに過ぎないスペースですが、今日はひっきりなしに車が出入りしていきます。ここからは解説抜きで、今年のレンゲツツジの大群落をお楽しみください。

車山肩のレンゲツツジ2

車山肩のレンゲツツジ3

車山肩のレンゲツツジ4

車山肩のレンゲツツジ6

車山肩のレンゲツツジ5

車山肩のレンゲツツジ7途中雨に降られながら、草原に広がるレンゲツツジの花たちを。

燎原の火の如く広がる車山肩のレンゲツツジは、このシーズンだけ楽しむ事が出来ます。

伊那丸富士見台駐車場のレンゲツツジ1伊那丸富士見台駐車場まで下がってきました。

白樺の木々と共に、レンゲツツジの花々が車山の裾を登っていきます。

伊那丸富士見台駐車場のレンゲツツジ2お約束のレンゲツツジ山。

こちらはピークを越えて、少し萎れた感じになっています。

伊那丸富士見台駐車場から八ヶ岳遠望伊那丸富士見台から蓼科山と八ヶ岳を遠望。

僅かに青空も覗かせていますが、この後、車のワイパーすら効かないくらいの豪雨に。

梅雨時故、なかなかコンディションが良い状態で撮影が出来ないのが残念ですが、それでも溢れるばかりに広がったレンゲツツジを存分に満喫できた週末。

日曜日の今日は、予報通り朝から雨模様です。

 

梅雨の夕暮れは情緒的(LUMIX DMC-GM5 + LUMIX G 42.5mm f1.7)

P1040151LUMIX DMC-GM5 + LUMIX G 42.5mm f1.7(クリックでフルサイズ)

(1/200,f2.8,ISO200,WB:曇天,効果:OFF,スタイル:自然,コントラスト:+1/-2,JPEG撮って出し)

はっきりしない日曜の天気。レンゲツツジの撮影は諦めて、自宅で少し読書に打ち込みます。

夕飯の食材を買いに出掛けたショッピングモールの駐車場。

店を出た空は、黄金色をベースに複雑な色合いを見せていました。

少しエフェクトを掛け気味のGM5を嗜めながらの1枚。これでもちょっと効果出し過ぎなのですが…。

明日の天気はどうでしょうか。