燎原の火の如く広がる今年のレンゲツツジ(霧ヶ峰・車山)2015.6.20

数週間前から地元関係者の方々で話題となっていた、今年のビーナスライン沿いのレンゲツツジの開花。

ここ10年来で最も多くの花を咲かせているとのお話を聞いて、少し天候が安定しませんが、土曜日の朝から出掛けてみます。

午前中は日差しがあったので、ちょっと散歩しながら。

撮影は全てLUMIX DMC-GM5と、Lumix G 42.5mm f1.7及びLEICA DG Summilux 15mm f1.7です。

画像をクリックして頂くと、フルサイズ表示に切り替わります。

夏空と八ヶ岳1朝の八ヶ岳。

気持ちの良い青空ですが、やはり雲は多めです。

井戸尻考古館の古代ハス蕾信濃境にある、井戸尻考古館の名物、大賀蓮(古代ハス)。

蕾が大きく膨らんできました。7月に入ると、明け方から午前中にかけて、その美しい花びらが開き始めます。

夏空と八ヶ岳2高い空。複雑な雲が八ヶ岳を覆っています。日差しは眩しいですが、真夏と違って、涼しい風が高原の圃場を吹き抜けていきます。

夏空と八ヶ岳3蓼科方面に近づいていくと、雲はいっそう厚くなっていきます。

夏空と八ヶ岳4緑に染まった水田の向こうに、同じく緑の夏山の装いとなった蓼科山と、横岳を望みます。

此処からは山懐へ一気に入っていきます。

池のくるみのレンゲツツジ1霧ヶ峰、池のくるみに到着。

こちらは、ピークを少し過ぎていて、大分花が少なくなっています(この程度が例年の姿です)。

向かいの山裾は、レンゲツツジの花で赤く染まっています。

池のくるみのレンゲツツジ2山裾に広がる、レンゲツツジの花をアップで。

池のくるみのレンゲツツジ3池のくるみから車山を見上げると、裾野がレンゲツツジで染まっています。

毎年、シーズン中に1度はビーナスラインを通りますが、こんなに赤く染まる車山を見た事がありません。

霧ヶ峰のレンゲツツジ1池のくるみ側から霧ヶ峰に向かって移動します。

どんよりとした雲が垂れ込めてきました。

霧ヶ峰のレンゲツツジ2今にも雨が降り出しそうな空の下、鮮やかなレンゲツツジの花が草原に広がっています。

霧ヶ峰のレンゲツツジ3ビーナスライン沿いまで上がってきました。

旧霧ヶ峰料金所前の園地もレンゲツツジの花で真っ赤に染まっています。

車山肩のレンゲツツジ1車山肩まで上がってきました。駐車場は車でいっぱい。お天気も不安定なので、車山肩から霧ヶ峰に向かって散歩するのは諦めて、少し下がった、何時もの撮影場所へ。

何時もは北アルプスの山々を遠望する方がぽつぽつと車を止められるに過ぎないスペースですが、今日はひっきりなしに車が出入りしていきます。ここからは解説抜きで、今年のレンゲツツジの大群落をお楽しみください。

車山肩のレンゲツツジ2

車山肩のレンゲツツジ3

車山肩のレンゲツツジ4

車山肩のレンゲツツジ6

車山肩のレンゲツツジ5

車山肩のレンゲツツジ7途中雨に降られながら、草原に広がるレンゲツツジの花たちを。

燎原の火の如く広がる車山肩のレンゲツツジは、このシーズンだけ楽しむ事が出来ます。

伊那丸富士見台駐車場のレンゲツツジ1伊那丸富士見台駐車場まで下がってきました。

白樺の木々と共に、レンゲツツジの花々が車山の裾を登っていきます。

伊那丸富士見台駐車場のレンゲツツジ2お約束のレンゲツツジ山。

こちらはピークを越えて、少し萎れた感じになっています。

伊那丸富士見台駐車場から八ヶ岳遠望伊那丸富士見台から蓼科山と八ヶ岳を遠望。

僅かに青空も覗かせていますが、この後、車のワイパーすら効かないくらいの豪雨に。

梅雨時故、なかなかコンディションが良い状態で撮影が出来ないのが残念ですが、それでも溢れるばかりに広がったレンゲツツジを存分に満喫できた週末。

日曜日の今日は、予報通り朝から雨模様です。

 

広告

燎原の火の如く広がる今年のレンゲツツジ(霧ヶ峰・車山)2015.6.20」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中