今月の読本「将門伝説の歴史」(樋口州男 吉川弘文館)今も其処に鎮座する、怨霊に込められた変わらぬ想いを

東京は大手町。オフィス街のど真ん中に、周囲から切り離されたような一角があります。

皆様ご存知、平将門の首塚。

正確には古墳の跡らしいのですが、今も語られる祟りの数々と共に怨霊、平将門の伝説は形を変えながらも1000年の時を越えて脈々と関東の地に息づいています。

平将門の首塚位置Google mapで示す、将門の首塚。

でも、平将門の伝説を少しでもご存知の方なら、何故彼が活躍し、そして敗れた下総や常陸ではなく、やや離れた江戸の地にこの首塚が存在することに少しおかしな感じを受けられれるのではないでしょうか(都から首が此処まで飛んできて、力尽きたという伝説を以てしても)。

そして、歴史上唯一の逆賊と呼ばれ、その死後、数々の怨霊伝説を生み出す一方、神田明神の祭神として江戸っ子たちに厚く祀られ、こうして今も大手町の片隅に鎮座し続けるという、大きなギャップを抱える将門の位置づけ。

そんな疑問に対して、丁寧に答えてくれる本が登場しました。

将門伝説の歴史今月の吉川弘文館の歴史文化ライブラリー新刊から「将門伝説の歴史」(樋口州男)のご紹介です。

本書の著者は所謂在野の研究家と呼ばれる系統に近い経歴を有される方で、本書の内容も、著者の前職である都立高校教員時代に始められた公開講座における講演内容からスタートしたことが、あとがきに書かれています。東日本に豊富に残る将門の伝承、伝説。特に著者が教鞭を執られた東京から千葉にかけては、1000年を経てもなお、濃厚にこれらの伝承が伝えられ続けており、多くの記録や伝承に触れられる機会に恵まれていたようです。

その中で、著者は史実に近いであろうと見做される将門記をベースに置いて、その記述と交差する物語の中から虚構と伝承を拾い出していきます。

本書は大きく分けて4つのパートに分かれていて、それぞれの関連性はやや希薄な部分もありますのでばらばらに読む事も可能ですが、伝承の変化を追いかけるという意味では、つまみ食いで読むより、出来れば冒頭から読み始めた方が良いかと思います。

冒頭の将門記で描かれる承平天慶の乱の経緯、将門記の成立過程の検証とその記述から、既に著者のある想いが込められている事が判ります。中央から遠く離れ、対北方戦線の兵站基地としての役割を長く担わされてきた東国。所謂王朝国家体制の確立期に達した時点で、その兵站基地としての役割は、王朝国家から送り込まれる受領による収奪の地へと変わり、その受領と争う軍事貴族崩れの土着勢力も、また王朝国家からの脱落者たちであったはずです。

中央からもたらされる災厄に対して敢然と立ち向かう(ように見える)姿勢を取って各地の紛争を制圧、時には調停し、最後には国衙すらを制圧することで、東国の人民を代表する政権の分離、権限の分割を図ろうと画策した(と、考えられる)将門。彼自身も王家の末裔であり、紛争の相手もいずれも同じような出自を持っていたので、決して彼だけが英雄視される必然性はなかったのかもしれません。

それでも彼の活躍が、その後長く長く語り継がれる理由を著者は見出していきます。新皇宣下の際に象徴的に語られる、菅原道真と八幡神との結びつき。この結び付きに伝説のスタートがあると見做していきます。そこには、当時の東国の受領層における菅家出身者がこの伝承を生み出すのに関わったであろうと述べていきます。そして八幡神への信仰は、源氏がその祭神を求めた結果、そのまま長く続く武家の崇敬へと繋がります。

では、なぜ江戸の地なのか。一般的に考えれば当地を押さえていた江戸氏と、千葉氏、そして秩父党との関わり合いを述べていく事になりますが、著者はその中で後の時宗、遊行二世である他阿弥陀仏(真教上人)が残した真筆との関わり合いから、船運に関わる人々や遠く伊予を本拠地とする河野氏との関連性を示唆していきます。このスケール感の先には、きっと藤原純友との関係も語られるかと思いましたが…、それは流石に飛躍が過ぎたようです(河野氏との関わり合い自体も否定的な見解があるとの事)。

ここで更に、本書のハイライトでもある「なぜ、将門が怨霊となって祀られることになったのか」を著者の自説を交えて語っていきます。その論旨は是非本書をお手に取って読んで頂ければと思いますが、そこには著者の想いと共に、時に数多くの神々を祀る趣旨の一端が垣間見えるようです。

怨霊としての位置付けが定まった将門。その先に語られる時代は、泰平の世の江戸時代から風雲急を告げる幕末へと移っていきます。読物として語られる将門伝説。前太平記や京伝の読本の部分は全体の構成から少し離れた、文芸に織り込まれた将門伝説が語られていきます。そして、戯作者としては京伝の弟子でもある馬琴による、将門伝説に対する将門記を用いた検討を読むと、厳密な校訂者としても知られた馬琴のその性格と共に、読本作者としては強力なライバルでもあった京伝への強い対抗意識が見えて来るようです。更には佐倉惣五郎との結び付きから語られる将門伝説には、その伝説の背景に脈々と伝えられる民衆に寄り添い、権力者に立ち向かうという英雄像が、混乱期を迎えた幕末の世情に見事に受け入れられていったことを(もう片方の思惑も込めて)示していきます。

そして時代は明治維新。怨霊としての将門が立ち向かってきた、逆賊と呼ぶ相手が自らの真正面に乗り込んできて対峙するという新しい時代を迎えた時に、伝説は新たな展開を見せるようになります。

その中で、著者は多くのページを割いて、織田完之の特異な将門雪冤活動を述べる事に注力していきますが、むしろその著述に惹かれるのは、江戸、そして東京に住む人々の中にしっかりと根を下ろし、そしてどのように時代が移り変わろうとも、人々が入れ替わろうとも「自分たちがお祀りするもの」としてこの地に根付いた将門、そしてその根底に深く息づく想いを投影しながら語る点。事あるごとに怨霊としての力を振りかざし、そして信仰の対象から外されてもなお、外から連れてきた祭神よりも篤い崇敬を受け続け、遂には祭神としての地位すらも取り戻すというそれは、伝説の力が秘めた、もう一つの歴史物語。

大きな歴史物語が語られる中で、時として忘れがちになってしまう、歴史とは言い難いかもしれない伝承や伝説、そして怨霊物語。そのような物語の中にしっかりと息づく想いを汲み取っていこうという本書は、歴史はその時代の解釈に合わせて描かれ続け、その都度に書き直されていくという厳然たる事実と、その背後に重ねられた想いを見出していく事への事例を示してくれる一冊かもしれません。

将門伝説歴史と類書たち<おまけ>

本ページでご紹介している、関係する書籍を。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中