晩秋の彩へ(2015.11.1)

11月を迎えて一気に冷え込んできた八ヶ岳南麓。

紅葉も既に終盤、冬の足跡が少しずつ近寄ってくるようです。

紅葉の編笠山へ昇る道紅葉と緑が混じり合う麓から見上げる、八ヶ岳連峰の編笠山。

既に山頂部分の紅葉が終わっているのが判ります。

落葉松の黄葉落葉松林の中に入ると、黄葉する落葉松に囲まれます。

P1060047林道の入口には新たにクマ出没注意の看板が出ているので、いそいそと引き返します。

P1060062落葉松並木。山を抜ける道沿いには気持ちの良い黄金色が続きます。

P1060068森を抜ける林道での一コマ。

ピークを越えた御射鹿池黄葉2何時もの御射鹿池。木々は葉を落とし始めています。

ピークを越えた御射鹿池黄葉3ここは南麓の在所より遥かに高い、標高1500m程。周囲の落葉松の黄葉も既にピークを過ぎて、葉を落とし始めているようです。

ピークを越えた御射鹿池黄葉1抜け殻になってしまった白樺の木が湖面に映る御射鹿池。

もうすぐ、冬のシーズンが到来します。

ピークを越えた御射鹿池黄葉4山を埋め尽くす落葉松が黄色に染まる晩秋。

P1060059c明日には初雪の便りが届くかもとの予報に、少し早い冬の訪れを感じながら。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中