今月の読本「グッド・フライト、グッド・ナイト(原題:SKYFARING)」(マーク・ヴァンフォーナッカー:著 岡本由香子:訳 早川書房)飛ぶ事への憧れを叶えた三本線さんがそっと奏でる、空へと誘う美しい詩。

今月の読本「グッド・フライト、グッド・ナイト(原題:SKYFARING)」(マーク・ヴァンフォーナッカー:著 岡本由香子:訳 早川書房)飛ぶ事への憧れを叶えた三本線さんがそっと奏でる、空へと誘う美しい詩。

2/24午後、羽田空港国際線ターミナル。

ひと月と空けずに再びの海外出張。フライトまでの待ち時間に飛び込んだ改造社書店さんの中をウロウロしながら、やっぱりブックスフジさんとは品揃えが違って普通の本屋さんだよなぁ等と思いつつ、めぼしい本もなくお店を出ようとした瞬間に、その本が目に入ってきたのでした。

ちょうど発売日を迎えてカウンター横の壁に飾られていた一冊の本。いくら空港にある本屋さんだからってちょっと推し方間違ってない?と思いながら頁をめくり始めて30秒後、ニコニコしながらレジカウンターに本を置く私がいたのでした。この本はこれまでのパイロット本、フライト本とは全く違う、楽しい本だとの確信を得ながら。

WP_20160224_15_06_28_Proターミナルラウンジでゲートオープンを待つ間に。あっ、映っているのは乗ったフライトとは違う機体です。

現役のBA(ブリティッシュ・エアウェイズ)のB747-400パイロットが綴るその本は、唯の一枚の写真もありませんが、まるで旅の最中、たまたま隣り合わせた機内の窓際の席に座る著者が語りだすかのように、空への想いを静かに、ゆっくりと描いていきます。

skyfaring今回ご紹介するのは、本ページでは珍しい一冊「グッド・フライト、グッド・ナイト(原題:SKYFARING)」(マーク・ヴァンフォーナッカー:著 岡本由香子:訳 早川書房)です。

まず、驚かされるのは著者が極めて若いという事でしょうか。多くのパイロットの方が手掛けられる作品は、リタイヤ後であったり、現役でも機長として既に管理職クラスにまでキャリアを積み重ねた方が、地上勤務とフライトの合間に書かれる(時にはプロの作家に転向する)といった例が殆どであったと思います。そこに描かれるのは、自身のキャリアを淡々と述べる回顧録や往年のグレートパイロットの荒唐無稽な話であったり、自身のフライトを追体験させる迫真の記録であったり、専門用語を駆使して空の安全への警鐘やフライトの厳しさをを綴る、ちょっと教訓じみた内容が詰め込まれた、マニアにはたまらないですが一般の読書好きの方にはちょっとお勧めしにくい本が大多数だと思います(普段はご紹介しませんが、空もヒコーキも大好きなので、この手の本は見かける度に買って読んでいます)。

ところが、本書ではこれらの記述が殆ど出て来ません。それどころか、著者のキャリアは民間のフライトスクール出身でパイロットはサードキャリアとなる、フライト中は右のシートが指定席の所謂三本線さん(ファーストオフィサー、古い言葉でいえばコ・パイ、副操縦士)と極めて異色なのです。総飛行時間は流石に国際線パイロットらしく、9000時間弱と中堅クラスのキャリアを有していらっしゃいますが、B747-400が2機種目(初めはA320)、今後機長昇格訓練に入るのか否かもここでは語られません。

更に、子供の頃からの空への憧れ、飛ぶ事への想いから、現在の世界を旅するパイロットしての生活(BAの国際線ともなると、流石に大英帝国の残滓もあって北極圏から南極すれすれまで全世界をカバーします)へ至る経緯を、離陸から着陸までのストーリーに仕立てて語る構成は、数多あるパイロット本の中では決して珍しい事ではありません。しかしながらその筆致は極めて特徴的です。

SNSで翻訳者の方からご紹介を頂きましたが、かなり難解な原文(著者の父親は牧師でヨーロッパからアフリカ、南米と移り住み、ソーシャルワーカーをしていた母にボストンで巡り合って腰を落ち着けたという強烈な国際派、本人もアフリカでのインターンを打ち切ってアメリカに戻ってコンサルタント、フライトスクール、そしてロンドンでパイロットと)のイメージをなるべく崩さないように丁寧に丁寧に翻訳された本書は、著者の生い立ちやフライト中の想いから、フライトのテクニカルな話題、そして天文や気象の話へと緩やかに、お互いの話題をシームレスに移ろっていきます。時に、散りばめられた内容がかなり専門的かつ、マニアック過ぎる(誰が空域名称(日本を表するのは福岡センター….嗚呼、其処で来るか)、VOR/NDBやウェイポイントの名付けパズルを解いたり、VOR/NDB伝いに旅をするシーンを空想するのかと…(苦笑))拘りを見せてしまいますが、その筆致は「薀蓄を振り回す」ようなものではなく、淡々と、でも少し笑みを浮かべながら述べていく姿が手に取るように判るのです。

豊かに語られる、パイロットへ進む彼の人生の足並みと、パイロットへの背中を押してくれた、今は体験できないフライト中のコックピットに訪問した際に交わされた言葉の数々。今も地上で、そしてHF/VHFの向こうから聞こえてくる、気の置けないフライトスクール同期面々との大切な絆。優しく見守ってくれた、今なお愛してやまない両親との深い繋がりの物語。憧れが日常へと移り変わった現在の日々の心象。フライト毎に異なる景色や街、押し寄せる空間と時差の波(これらを表して、プレイス・ラグと呼んでいます)に揉まれながらも、未だ褪せることは無い、いやもっと強くなる空への想いを、こちらも淡々と語っていきます。

憧れの原点ともなった、フライト中のキャビン窓側からの眺め、そしてフライト中に客室で感じるちょっとしたシチュエーションにも、パイロットになった今だから判る心象を込めて。シェードを閉めて、読書やパーソナルTVに没頭している間にも音速に近い速度で移り往く、その飽きる事のない空と大地の景色の美しさ(でも大陸横断のフライトはコックピットでもちょっと飽きるようですね)、正確な天文と気まぐれな気象現象が起こす、キャビンの窓を彩る幻想的な風景にほんの少し気が付いて欲しいという、想いを重ねて述べていきます。

眼前に広がる白い雪の山々、緑の大地。寒々とした海辺から陽射しが燦々と降り注ぐ、成層圏という名の大洋に乗り出し、再び陸地を迎える嬉しさ。茫々たるアフリカの大地を南北に渡る想い。そして、雲の森が陸地から立ち昇る中を抜けていく南アジアの空。客室の窓から憧れ続けたその景色を、今はコックピットから望める光悦。昼と夜が水平線で交わり続ける太陽を追いかけて西へ向かうフライトと、漆黒の向こうに太陽を迎えに飛ぶ東へのフライト。真っ暗な夜のフライトでも、宇宙と交わる空の色は刻々と移り変わり、時には流れ星やオーロラが迎えてくれる。

サン=テグジュペリが「夜間飛行」で描きだした、フライトという行為の心象と風景描写への強い想いと、そのオマージュである事がはっきりと判る、美しい訳文で語られる美しい空の姿を伝える言葉の数々。まるで往年の「ジェットストリーム」を本で読んでいるかのように、言葉の中から、移り変わる世界と空への憧れ、美しい空への想いが溢れ出していきます。そして、何時も心に残る故郷、ボストンからニューイングランドに向けた大西洋への道と、父の故郷であるドナウを行き交うヨーロッパの空、最後はやはりドーバーを渡ると迎えてくれるロンドンの街並みへと心寄せる筆致には、人はどんなに遠くへ旅立っても、やはり故郷、住んでいるところへの想いを募らせるものだという事を改めて思い出させてくれます。

WP_20160203_10_37_04_Pro南アジアのハブ空港から1時間少しのインターアイランドフライト中に撮影した一枚。著者が言う様に、やはり翼が入っている写真の方がしっくりくる事を本書で再認識させられたのと同時に、この直後に大きくバンクを取って地上少し上から森のように林立する雲たちの写真を撮り損ねた事に後悔しつつ。同じ景色への驚き、その中を縫うように降下していくパイロットたちのフライトを綴った著者の想いに少し嬉しくなりました。バンクを取る時に繰り広げられる窓からのダイナミックな風景の変化、降下中、離陸直後や着陸寸前のフレアを掛けた際の独特の浮揚感への想いを述べる段では頷くことしきり。こんな客室の窓際目線で描かれたパイロット本、今までありませんでした。

そして、著者がイギリス在住と聞くと、きついユーモアにうんざりさせられるのではないかと懸念する向きもあるかもしれませんが、主にニューヨーク・タイムズに寄稿したエッセイを再編成したと思われる本書には、そんな「ひねくれた」表現は全くというほど出て来ません。むしろ、日本にホームステイをした事もある、今も年に何回か訪れる日本行きのフライト(既にB747-400の東京便は無くなってしまったので過去形で…)の際には、怪しくなりつつある日本語をキャビンアテンダントに修正してもらったメモを片手に、キャビンアナウンスをすることを定例にするほどに日本の事も好いて下さっている著者の筆致は、ニューイングランドの気候が育み、世界の空の行き来する方らしい無国籍で少しウェットな心象を綴る詩作とも思えてくる内容です。

元ネタは早川書房さんからと同じですね…。

ひとつのフライトが最後を迎えると、電波高度計のマシンボイスがカウントダウンを始め、着陸の決断を迫るボイスがコックピットに響く頃、もう一つの物語は都心の森に囲まれた神社の鳥居を潜ってラストを迎えます。ロンドンに置き去りにされた半身と、プレイス・ラグに苛まれながら、成田から極東の島国に広がる世界一の大都市に同僚たちと歩き出すもう一つの自分との語り合いは、たっぷり取られた本書のページが尽きてもまだまだ続くようです。

P1060493長距離の国際線フライト中、通路側のシートに座ってじっくりと読みながら。たぶん、この本をテーマにしたラジオドラマ、朗読を聴きながら窓際のシートに座って移ろう空の色を追いかけていたら、ちょっと退屈になるフライトもきっと素敵になるだろうな等と、考えながら読んだ一冊。

P1060403空と地上と人が交わる場、空港という空間が与えてくれた、嬉しい巡り合わせに感謝しつつ。

 

広告
iPhoneフェイクの中華スマホは独自機能で自己主張をする(oppoの最新モデルF1を海外で買ってみる)

iPhoneフェイクの中華スマホは独自機能で自己主張をする(oppoの最新モデルF1を海外で買ってみる)

New!(2018.1.17) : 下記のように日経にリークされていましたが、oppoより正式に日本展開がアナウンスされました。まずは公式twitterが開設されています。世界4位となったその実力、試してみる価値はあるかもしれませんよ。

New!(2018.1.6) : かねてより噂のあった、oppoの日本進出がいよいよ決定したようです。

一部の報道では1/31に発表会を開催するとの情報も流れていますが、既に2年前に掲載しました下記の内容をご覧頂ければ判りますように、旧バージョンとなるColor OS2.0の時点で、日本語表示とIMEが完全に装備されていましたので、準備万端での登場となりそうです。現時点ではどのモデルが出てくるか判りませんが、得意のミドルハイ(3~5万円台)は競合も多く、特に日本だとセルフィーだけでは差別化は難しいかもしれませんね。

 

<本文此処から>

立て続けの出張の日々。

私にとっては当たり前のSIMフリースマホ(携帯時代からだからなぁ…)使用も、遥かに多くの海外滞在日数をカウントする同僚にとっては、会社から与えられた携帯がある限り彼岸の話のようでした…が、やはり個人のメールのやり取りや休日の散策に便利なMapが使えないのはかなり困るらしく、次の出張で一緒に買いに行くのを付き合って欲しいとの打診が。

今なら、国内で低価格のSIMフリースマホが結構出回って来たのでそれでも良かったのでしょうが、出国後ではどうにもならず、プリペイドSIMも併せて現地調達に挑戦です。

WP_20160124_18_14_44_Pro南アジアの某国(って、既に前回ご紹介済みですね)のリゾート地。中心部を少し離れたショッピングモールの1階は小さなショップからメーカーのショールームまで揃う、小さな電脳街の趣を持っています。

既に前回の下見で、あちらで入手できるモデル、しかも保守や日本語化に手間を掛けたくない(何せほとんど素人の方に使ってもらわなければいけない)、更にお手頃価格となると選択できるメーカーは限られてきます。ちなみに比較的メジャーなブランドでは

・Sumsung : シンガポール版は日本語が入っていますが、某国版はなし。アプデすれば追加されるとの話もあります

・ASUS : 日本語ロケールあり(Zen Phone2)、但し取り扱い店舗は少ない

・Lenovo : 日本語ロケールなし

・Huawei : 一部のモデルでは日本語ロケールが標準で入っています(P8Liteで確認済み、廉価なモデルには入っていません)

・Vivo : 日本語ロケールなし、日本語UIを入れるのはかなりハードルが高い筈

そんな中で、全モデルで日本語ロケールを標準でサポートしている希少なブランドがoppo。Vivoと並んで今最も積極的に販売を展開しているブランドで、そこらじゅうに緑の看板が目立ちます(何と、空港の出発ロビー入口全部を緑色の看板で埋め尽くすほどの勢い)。

そんな勢いに押された訳でもないのですが、同僚の背中を押しつつ何故か自分も一台買ってしまった次第なのです(しかも初めてのAndroid)。

WP_20160228_13_50_10_Proショップの全景。こちらは街一番のショッピングセンター内に設けられた、出来たてほやほやのoppo公式ショールーム。隣にiStudio(Appleのオフィシャルショップ)、その隣にSumsungのオフィシャルショップが並ぶというロケーションでガチで攻めています。

WP_20160228_19_37_53_Proそして、何故か日本人がoppoを3台も並べて南国の夕飯を楽しむというという珍妙な景色が(夕飯の中華料理屋のテーブルにて)。更にはプリペイドSIMのサービスメニュー表示を現地語表記から英語表記に切り替えるためにタイガービールを煽りながら格闘するツアコン馬鹿が約一名…。

左からRM398(11,000円位)で何とQuad-Coreという、3G専用のJoy3(冬眠番号にして日本から持ち込んだiPhoneのルーター代わりに使うという、新任赴任者君)と、LTEでRM698(2万円弱)というお手頃価格のNeo5s(初めてのSIMフリー、そしてプリペイドSIMの便利さに驚いている同僚さん)、そして私のF1です。

WP_20160305_00_35_19_Pro2こちらがそのOPPO F1。今年の始めにリリースが始まった、これまでのR7Liteに代わるミッドレンジを受け持つoppoの最新モデル。

WP_20160305_00_36_55_Pro2ご覧の通りに、見事なiPoneフェイクのデザイン。でも、質感は悪くありません。

WP_20160305_00_47_49_Pro化粧箱と付属品一式。

1Aの電流を確保するUSBチャージャーを含めて、白で統一された化粧箱、取説、付属品も品よく纏められており、チープさは全くありません。

最大のウリは、流石にカメラに拘るoppoらしく「Selfie Expert」と謳われた内側カメラに800万画素という、他社にあまり例を見ない驕ったスペックと、画面の液晶を白く表示して反射板代わりに使うScreen Flash、止めに3段階の美白モードを備えて徹底的にターゲットを狙い込んだスペックも潔い、本来は女性向け専用モデルといった一台です(美白モードはあまりに衝撃的な、モデルを立てるのも憚る凄い効果です)。

Screenshot_2016-03-05-00-58-47-59カメラへの拘りは、1300万画素のメインカメラ側にも独自の Pure Image 2.0+と呼ばれる処理エンジンを搭載している点にも現れています。豊富な撮影オプションと共に、HDR、RAW保存やエキスパートモードと呼ばれるWB/ISO/露出をマニュアルで補正、しかもfocusとAE Lockを画面内で任意に移動できるという優れた機能が備えられています(画面例では四角いfocusフレームを中央に置き、丸いAEフレームを輝度ピークの位置に動かしています)。

IMG20160305001808IMG20160305001716オプションのスーパーマクロを使った例(上が標準、下が適用)。印刷のドットがくっきりと浮かび上がってきています。

IMG20160305005151スーパーマクロで撮影したヤマネ君。画像をクリックするとフルサイズ表示になります。

風景とかはややfocusが安定しない傾向がありますが、モニターで見る程度であれば接写は中々の性能です。これだけですと女性向けのカメラだけ驕った廉価版モデルと見做されがちですが、そこはR5という薄さ5mmを切る世界最薄モデルを送り出した事でも知られる実 装技術を有するoppoの中核を担うモデルだけあって、薄さ7.25mmのボディにIPS液晶とGorilla glass4をいち早く採用。ハードウェアスペックも、もう一つの独自技術である高速充電技術のVOOC搭載を見送り、液晶解像度こそ1280×720と少し低く、内臓Flahメモリーも16Gbyteと価格相応です が、3GbyteのメインメモリーとオクタコアのSnapdragonを驕る事で、DHR撮影でも全くもたつくことない驚くほどスムーズな動作が得られます。

WP_20160305_00_38_49_Pro2BlackBerry Passportとの厚さ比較。ボタンの質感には流石に価格差が如実に現れますが、側面処理などは充分に美しいです。

もちろん、ミッドレンジモデルなのでdual SIM(残念ながらnano SIMスロットとSDカードスロットが兼用)にも対応していますし、驚くのはLTEの対応バンドの幅広さ。流石に3倍近い価格で全世界バージョンでもある BlackBerry Passportのバンド数には叶いませんが、アジア圏で今後普及するであろうバンド28にもしっかり対応しており、…な方にも充分に使えるスペック の筈です。

WP_20160305_00_42_12_ProSIMスロットとカードスロット(Micro SDカードはおまけでもらいました)。どのモデルにも写真のようなカバーがおまけで付いてきます。更に、液晶保護シートも最初から貼られているという至れり尽くせり仕様、ただGorilla glassのすべすべ感がシートを剥がさないと楽しめないのはちょっと残念かな。

IMG20160305005021対応バンドが書かれた化粧箱のラベル。一応、東南アジアモデルという位置付らしく北米系のバンドは外されていますが、ミッドレンジモデルにしては多めなんじゃないでしょうか。

バンド数は少ないながらTD-LTEにも対応していますね。あ、D社さんのガラパゴスバンドはもちらん対応しませんよ(と、いいつつ拾っているんじゃない…以下禁則事項)。

Screenshot_2016-03-05-00-59-54-72Screenshot_2016-03-05-01-00-22-65

OSはoppo独自のカスタマイズが施されたColor OS2.1。ベースはAndroid5.1ですから何ら遜色はありません。

謝辞を見ると、日本人の方が開発に加わっている事もあり、メッセージの語法を含めて日本語対応は万全です(日本導入が無い事が不思議なくらい)。

Screenshot_2016-03-05-00-59-25-20Screenshot_2016-03-05-01-00-40-44

ホーム画面とアプリケーションメニュー。既にカスタマイズ済みでお仕事モードになっていますが、ウェジットが置けたり、標準ブラウザがOperaだったりと、しっかり変化球しています。必要な機能拡張はOS内に組み込んで、標準でインストールされるアプリケーションが最低限というのも、とても好ましい点。

Screenshot_2016-03-05-00-59-10-70Screenshot_2016-03-05-01-30-12-33

ホーム画面を上からスワイプすると、最近流行の通知メニューが表示されますが、アイコンなどはやはり独自仕様。

日本語入力環境はoppoが独自カスタマイズしたSwypeが採用されている点が珍しいですが、Color OSに組み込まれた一連の独特なゼスチャー操作の延長にもあるようです。日本語の表示は最初から言語選択メニューに用意されていますが、インプットロケールは入っていません。ここで流石はオフィシャルショップの店員さん。こちらが日本人であると判って(日本の住所でちゃんと1年間の国際保証を付けてくれた)、インプットロケールをショップのwifiを使ってダウンロードして、セットアップまでしてくれました(多謝!)。

まぁ、入力環境は後で自分の好みに入れ替えればよいのですが、海外モデルのメニュー日本語表示化は上手くいってもPCが必要だし、かなり手慣れた人でないと手間取るのも事実。海外でさっと買ってすぐに使いたいという用途には、メニューに最初から日本語表記が用意されている手軽さは正直嬉しい事です。

如何にもなデザインで、すわパクリかとすぐツッコミを受ける訳ですが、実はターゲットを確実に狙ったマーケッティング戦略、そして充分に練られたRM1198という価格設定(現在の円高傾向では33000円ほど、トップレンジになる6inchでfull HD対応のR7plusになるとRM2100位します)は、月給を越える程の価格になるiPhoneを意地で買い求める層が確実にいるかの地に於いて、所有欲と満足感を与えながら実に1/3という極めてリーズナブルな価格で提供するという非常にインパクトの強いもの。そしてプワズマンiPhoneに留まらない事は、その機能が雄弁に物語っています。

ところで、コレクションand、Androidの研究用だったはずのこの端末、実は幅広い対応バンドと目に優しい程々の解像度に、せっかちな操作もストレスなくこなすパワフルなオクタコアは実に快適で、Lumiaと一緒にこれからアジアを転々とする時のお供に連れて歩こうかと思っていたりします。