雪原と樹氷の野辺山にて(2016.3.12)

再び雪が降った週末。

上着が要らないほど暖かかった先週末と打って変わって、冬らしい寒さが戻ってきました。

雪色の南アルプス1遠くに臨む南アルプスが久々に真っ白になった金曜日の朝。

木曜日の午後辺りから、八ヶ岳南麓はずっと雪雲に覆われた天気が続いています。

雪色の南アルプス2麓に広がる白州の集落と圃場も再び白く雪化粧。

雪雲の向こうに、うっすらと雪化粧をした甲斐駒が見え隠れしてます(小淵沢町、城山公園)。

樹氷と雪原の野辺山3土曜日を迎えても山々は雪雲に覆われたまま。

東麓側はしっかりと降雪だったと聞いて、野辺山方面に足を延ばします。

海ノ口別荘地のエントランスに伸びる落葉松林も真っ白に雪化粧していました。

樹氷と雪原の野辺山6ぱらぱらと雪が舞う午後、周囲の森は樹氷に覆われます。

樹氷と雪原の野辺山5

樹氷と雪原の野辺山4風もなく、しーんと静まり返る海ノ口牧場にて。

うっすらと雪化粧する木々を愛でながら。

樹氷と雪原の野辺山8海ノ口から野辺山側に戻ってくると、少し雲が切れてきて、飯盛山を始め野辺山の西に延びる秩父山塊の山並みが見えてきました。

樹氷と雪原の野辺山7八ヶ岳の西麓側は殆ど降雪がありませんが、東麓側はここ数日続けての降雪で山並みも真っ白に雪化粧しています。

樹氷と雪原の野辺山10僅かに切れた雲間から、男山が姿を見せてくれました。

樹氷と雪原の野辺山9八ヶ岳側の山裾、雪原の向こうに雪化粧した落葉松の列が伸びていきます。

樹氷と雪原の野辺山2八ヶ岳は姿を見せてくれませんでしたが、落葉松林が伸びる雪原に一瞬、日差しが戻ってきました。

樹氷と雪原の野辺山1落葉松の樹氷に僅かな日差しが射していきます。

樹氷と雪原の野辺山11平沢峠から八ヶ岳方向を望みます。

眼前に広がる野辺山の高原地帯は一面に白く雪に覆われています。

樹氷と雪原の野辺山12なかなか雲が切れてくれず、時折雪が舞う生憎の天気。その天気が、広がる雪原と樹氷を楽しむには丁度いい寒さを保ってくれているようです。

樹氷と雪原の野辺山13

こんなシーンを楽しめるのも、冬ならでは。道路には殆ど雪が残っていない点が如何にも3月らしい、ちょっと名残惜しさもある雪原と樹氷の眺めを堪能して。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中