静かな朝にシーズン最後の桜を(諏訪郡富士見町信濃境、田端森新田の鼎談桜)2016.4.26,29

初夏を思わせる、風もなく穏やかな朝。

標高1300m辺りが見頃になっている八ヶ岳西麓の桜ですが、標高1000mに満たないこの場所で、一本だけ遅く咲き始めるある桜を眺めるのが、私にとってのシーズン収め。良く晴れた朝に最後の景色を収めに、ちょっと寄り道していきます。

鼎談桜1No.1

鼎談桜2No.2

鼎談桜3No.3

鼎談桜7

No.4(2016.4.29)

鼎談桜6

No.5(2016.4.29)

鼎談桜4

No.6(2016.4.29)

鼎談桜5

No.7(2016.4.29)

鼎談桜9No.8(2016.4.29)

鼎談桜8No.9(2016.4.29)

巡りゆく次の年も、きっとその美しい姿を魅せてくれることを願って。

八ヶ岳西麓の静かな集落の中で、静かに根付き、営々と花を咲かせ続ける桜達に今年も遭えた事への喜びを。

 

今月の読本「赤米のたどった道」(福嶋紀子 吉川弘文館)信州の畔に根付くその赤い籾への疑問を追って

今月の読本「赤米のたどった道」(福嶋紀子 吉川弘文館)信州の畔に根付くその赤い籾への疑問を追って

眼前一杯に水田が広がる、豊葦原の瑞穂の国。日本を象徴するように使われる言葉ですが、その情景が僅か200年ほどの歴史しか有さない事に思いを巡らせる方はいらっしゃるでしょうか。

水田越しに甲斐駒をブランド米と呼ばれるモチモチの白米、特定の名称でお米の品種が広く呼ばれるようになる前にお店の真ん中に並んでいた、「標準価格米」が片隅に追いやられてから僅か数十年しかたっていない事を思い出される方はもう少ないかもしれません。

そして、黄金色の籾に真っ白な粒といったお米とちょっと様相の異なる、長い禾に少し赤みを帯びた籾と小粒のお米をご存知の方はもはや希少なのかもしれません。

ブランド米の品質を全国で争う現在、丁寧に丁寧に育て上げられる稲たちが穂を伸ばすその田圃の畔で、誰にも気が付かれずに、いいえ今やその品質を脅かす駆除すべき雑草として信州の畔から駆逐されつつある、同じ稲なのに余りにも扱いの異なる「赤い米」への疑問を解く旅へ誘ってくれる一冊の紹介です。

赤米のたどった道今月の読本「赤米のたどった道」(福嶋紀子 吉川弘文館)です。

著者は長野県内の複数の大学で教鞭を執られる、主に中世史を専攻される研究者。大学を卒業後、数十年を経て取得された学位請求に関連すると思われる主著で論じられる二つのテーマを、「大唐米」というキーワードで結びつけ編んだ一冊となっています。大唐米自体を論じる前半と、溢籾と呼ばれるようになったそのお米が引き起こした騒動の経緯を語る後半に、南北朝期の播磨国矢野荘における年貢収納の史料研究を挟み込んでいるため、読んでいると前後の繋がりがちょっと希薄になる事があります。著者があえてこのような構成と論考を用いて明確化したい点は、なぜ赤米(大唐米)だけが別扱いされてきたのか、そして次の時代にはしっかりと農村に根を下ろしたそのお米たちの元となった籾を誰が普及させる事になったのかを想定することにあります。

赤米の歴史を辿るように思える本書ですが、冒頭で語られるように著者の疑問の大前提は、ここで採り上げられる大唐米、そして現在に残る赤米が、中国宋代に発祥を持つインディカ系に属する占城米ではなく、ジャポニカ系の一種ではないかという点にあります。しかしながら、著者による大唐米の遺伝的な考察や、地域的な広がり、形状から見た判断等の農学的なアプローチは冒頭で早々に放棄されてしまいます。一方で、著者は一貫してこれらの赤米が白米と異なる扱いを受けてきたという、史料上の事実を梃に、専門の歴史学的視点で白米とは違う、赤い米たちの歴史をとらえていきます。

水田で耕作される「白米」に対する疑問を、班田収授の絶対的な水田不足から問い始め、その穴埋めたる「陸稲」そして、「赤」の札書きが残る米の種類の記載へと興味を広げていきます。集水、貯水、湛水、排水技術が未熟な近世以前において、現在のような安定した水量を確保できる水田は、安定した流量と穏やかな流れを有する河川に対して僅かに低い土地に限られ、微高地や扇状地には水は届きにくく、湛水地は深田や沼地、果てには洪水の常襲地帯となるはず。そのような限られた水田で作られた「白米」は、既に近世史でも語られるように、食糧として日常の食生活を維持できるほどの大きな収量を期待できなかったことを見出していきます。

厳しい耕作条件の「白米」に対して、熱帯に比べて気温も低く、決して水田農耕に適しているとはいない日本の農耕環境でもしっかりと実りをもたらす(但し、脱粒性は強い)お米。食味は悪くても、早生でいち早く収穫できるため、秋口に襲ってくる風雨にやられる前に実収をもたらす貴重な赤いお米。農民たちにとって主たる収穫物である「白いお米」は口に出来なくても、田圃の畔を取り囲むように植えるという隙間農耕でも実りをもたらしてくれるありがたいそのお米は、一方でその籾を持ち込んだ荘園領主たちの切実な収量確保という一面も持っていたようです。

鎌倉から南北朝、そして室町期と在地おける実権と実収(実際の所領も)を徐々に衰退させていった荘園領主たちにとって、その減収を少しでも補う方策として、例え売価が低くても、勧農が行き届かず放置気味の荒田の状態になってでも収量が望める赤米(ここで大唐米という言葉が史料として出て来ます)を積極的に導入したのではないかとの暗示を述べていきます。

更に時代が進んで江戸時代。大阪に蔵屋敷が立ち並び、各国の米が市場で比較される段階に至ると、今度は収量は優れても食味に劣る赤米たちは駆逐の対象となっていきます。江戸患いと呼ばれた脚気が顕著に表れてくる程に白米が都市部に集中し始め、漸く庶民の日常にも「白いお米」が上るようになった時代。それでも、著者のフィールドである信州、松本藩の事例では、その不利な条件(籾が落ちてしまい禾が長いので、籾で収納した場合目減りが激しい)にも拘わらず農民たちが赤米での収納を続け、藩庁側も容認せざるを得なかったことを見出していきます。そこには、高地冷涼で扇状地故に水に恵まれなかった信州、そして松本平の厳しい条件があったことを認めていきます(信州の他藩でも、収納した赤米たちは廻米せずに地元での消費に充てていたという貴重な知見も)。水の町とも呼ばれる安曇野に張り巡らされた用水網が整備されたのは、漸く近代の足音が聞こえ始めた江戸末期。水の便は解消しても気候の厳しさゆえ、確実な収穫と生活を守るためでしょうか、その後も昭和の初期に至るまで、これら溢籾と呼ばれた品種が信州では作りつづけられたことを明らかにしていきます。

領主には嫌われつつもしっかりとその土地と農民たちに育まれた赤い米たち。その歴史は亀ノ尾に始まる寒冷に強い白米の登場と、今に続く、その系譜を継ぐ品種たちの粘り強い改良の中で、今や逆に圃場を埋める優良品種の単一性を阻害する雑種として駆逐される運命にあるようです。

著者が傍証として語る、神前としての白米の神聖視、日本人の優越性と白米至上主義といった論点はここでは置いておきたいと思いますが、美しく整備された水田に広がる見渡す限りの稲穂たちと、美味しい白米という、もはや共有感ともいえる幻想に対して、もう少し歴史的に見直す必要がある事を問う一冊。

黄金色の景色1その広がる圃場と稲穂が、どのように今日まで受け継がれてきたのか、本書を読みながら、今一度想いを馳せてみては如何でしょうか。

赤米のたどった道と類書たち本書と一緒に読んでいた本たち。

本書と特に関連が深い本として、農学としての稲にご興味のある方には「イネの歴史」(佐藤洋一郎 京都大学学術出版会)、江戸時代の農耕については、同じ史料から豊富に引用された「江戸日本の転換点」(武井弘一 NHKブックス)、同じ東寺の荘園である、備中国新見荘における室町中期の在地支配を史料から丁寧に掘り起こした「戦乱の中の情報伝達」(酒井紀美 吉川弘文館)、そして、本書の巻末でも繰り返し言及される「稲の大東亜共栄圏」(藤原辰史 吉川弘文館)は近代日本に於ける稲の品種改良と東アジア圏への展開に関して要領良く纏められた一冊、特にお勧めです。

 

八ヶ岳西麓の午後は春から初夏の心地へ(2016.4.24)

ぐっと気温が上がってきたこの週末。

用事を済ませた日曜の午後に、春の名残を探しに出てみたわけですが…。

開花を迎えた鼎談桜周囲の桜達が葉桜となった中、ほんの数日で一気に花を開かせた、諏訪郡富士見町、信濃境の鼎談桜。

左右の桜は遅れを挽回するかの如く、もう満開へまっしぐらです。この暖かさが続けば、今週末の連休には見頃どころか少し散り始めてしまいそうな勢いで咲く桜の周囲には、遠方からの撮影者の方がちらほらと集まり始めていました。

新緑の落葉松1富士見高原に上がると、芽吹きを始めた落葉松が迎えてくれます。

周囲の桜は今が見頃。鉢巻道路沿いのでは、桜の薄紅色と落葉松の新緑のコラボレーションが楽しめます。

新緑の落葉松2新緑落葉松林を散歩する午後、少し暑くなってきた里より大分標高が高い、富士見高原のペンション村まで上がって来ると、心地よい風が林の中を抜けていきます。

新緑前の御射鹿池1更に標高を上げて、1500m。何時もの奥蓼科、御射鹿池まで上げってきました。

陽射しが差し込む落葉松林はまだ冬の装い。新緑の季節までには、あともう少し時間が掛かりそうです。

新緑前の御射鹿池2それでも湖畔には続々とカメラを片手に観光客の方が上っていらっしゃいます。

静かで鄙びたこの景色。実はこのような眺めはちょっとお預けになってしまいそうなのです。

御射鹿池整備工事の事前看板御射鹿池に登る入口である、豊平、笹原の集落の先に掲げられた工事予告の看板。既に湖畔には工事事務所のプレハブが建てられており、GW終了後から工事が開始される事になっています(麓にある笹原溜池も水を抜いて工事中です)。

今回の工事のいきさつについては、部外者の為ここでは述べませんが、これまでとは大分雰囲気が異なって来る事になるかと思います。

季節が新緑から深い緑を湛え、東山魁夷が惚れ込んだあのシーンに至る頃には、周囲の様相も大分様変わりしている事でしょうか(ご注意andお願い:上記のように、今後ただでさえも狭い道路が、工事期間中は片側交互通行となります。どうか路上駐車はお止めになって、湖畔を行き過ぎた先にある駐車スペースに車を止めるようにお願い致します)。

P1070012戻りの道すがら、満開を過ぎた桜の木の下で。

夕暮れから再び雨が降り出した八ヶ岳の西麓。次に晴れた朝には、五月晴れの空の下に新緑の山並みが広がるシーンが眺められるでしょうか。

 

 

 

嵐の過ぎ去った午後は満開を迎えた八ヶ岳西麓の桜を巡って(2016.4.17)

激しい風と雨が降り続いた土曜の夜。

日曜日の昼ごろになると、風は引き続き強く吹き続けますが、日差しが徐々に戻ってきました。

菜の花と八ヶ岳雨に洗い流されて、きりっとした日差しが降り注ぐ午後。八ヶ岳を遠望する菜の花畑で、早春の名残を。

葛窪の枝垂桜1八ヶ岳の西麓に廻って、葛窪の枝垂桜へ。

不安定な空模様。青空を遮るように南アルプスから雲が吹き上げられています。

葛窪の枝垂桜2午後の日差しを受ける葛窪の枝垂桜。たわわにつけた花びらが強い風に煽られています。

葛窪の枝垂桜3樹齢200年以上とも謂われる老木の枝垂桜ですが、強風の中、今年も満開の花を咲かせてくれました。

葛窪の枝垂桜4強風に枝垂れの枝が煽られる中、雲に覆われた甲斐駒に凛として対峙する、葛窪の枝垂桜の雄姿を。今年もこの姿に遭えたことへの嬉しさを込めて。

葛窪地籍の枝垂桜すっかり青空が戻ってきた八ヶ岳の麓に満開の花を咲かせる、葛窪地籍の枝垂桜。

雪が殆ど無くなってしまった八ヶ岳に、既に気温は20度近くと、日差し共に初夏を思わせる陽気。

葛窪の枝垂桜5暫く待っていると、甲斐駒の方にも日差しが戻ってきました。

田端の枝垂桜1少し下がって、田端の集落へ。

コブシの花は散ってしまいましたが、緑のコントラストと2種類の桜が彩る3色の色合いが鮮やかに輝く、田端の枝垂桜。

田端の枝垂桜2満開となった田端の枝垂桜。午後の日差しをいっぱいに浴びています。

開花前の鼎談桜満開の桜に囲まれた八ヶ岳西麓。でも一番標高の低い場所に居るのにひとりお寝坊な鼎談桜。

南アルプスの雲も切れはじめて、甲斐駒と鳳凰三山が見えてきました。

P1060936そうはいっても、いっぱいに付けた蕾は丸々と膨らんできています。

開花まであともう少しです。

P1060939振り返るとすかっと青空になった八ヶ岳のパノラマが望めます。

この桜の下に広がる芝生で暫し寛ぐ、ちょっと贅沢な休日の午後の昼下がりです。

池生神社の桜少し移動して、信濃境の駅近くにある池生神社。

鳥居の後ろに控える桜も満開を迎えました。まだ綺麗な注連縄が風になびいています。

深叢寺の桜並木1標高900m台の信濃境から一気に1000mを越えて、八ヶ岳西麓の桜の名所では最も標高の高い、諏訪郡原村、中新田にある深叢寺の桜並木。

普段なら信濃境より1週間ほど遅く満開を迎えるのですが、今年は既に満開を越えようとしてます。

深叢寺の桜並木2名物の鐘楼門の周りにも桜が一杯に花を咲かせています。

深叢寺の桜並木3夕暮れの日差しを受けて、濃い色合いの花びらをたわわに付けた深叢寺の桜の木。

深叢寺の夜桜深叢寺では、中新田地区の皆さんにより、夜桜のライトアップが行われています。

今年も参道を彩る提灯の明かりと、幻想的な桜のライトアップが楽しめます。

嵐が過ぎ去った後、一気に満開を迎えた八ヶ岳西麓の桜達。初夏の陽気となって、そろそろ水田に水が張られる中、残るは鼎談桜の開花を待つばかりとなりました。

 

八ヶ岳西麓、桜の里は花開く刻に(桜祭りを待つ信濃境、高森観音堂とまだお眠り中の鼎談桜)2016.4.14

しとしとと雨が降る朝、桜の季節を迎えた八ヶ岳西麓の小邑、信濃境で最も有名な桜の見所。周囲も多くの桜の木に囲まれた高森観音堂に来てみました。

P1060887園内の観音堂と呼ばれている建物(正確には違うのですが)に寄り添うように佇む、枝垂桜。

多くの枝垂桜に囲まれた、ここ信濃境の中でも最も有名な桜の名所です。

P1060890雨に濡れたお地蔵様越しに桜の花を。

普段は締め切られている観音堂ですが、この時期だけ(実際には秋にも)は雨戸と障子が明けられて、ひな壇のように多数飾られた弘法大師像を桜越しに拝観する事が出来ます。

P1060891薄紅色を湛える高森観音堂の枝垂桜。

この界隈の田圃の高台や集落の小さな丘の上など、ちょっと見晴らしの良い場所で花を咲かせる、江戸時代ごろからの歴史を誇る桜達は、皆、同じ系統の枝垂桜であると謂われています。誰がどのようにして植えたのかは今となっては定かではありませんが、今年も里のあちらこちらで印象的な濃い色の花を開かせています。

IMG20160414075109毎年恒例の桜祭り。後方のブルーシートを被せられた練習用御柱をご覧頂ければ判りますように、高森も御柱の氏子地区のひとつ(今年は、本宮三の御柱を担当しています。詳しくはこちらの氏子会のホームページへ)。本来であれば、次の里引き、建御柱の準備で大忙しなのですが、大切な桜祭りのために部隊を2つに分けて、例年同様、振る舞いや、出店。観音堂の案内、周辺の誘導などの対応してくださるようです(地元のS君、何時もご苦労様です)。開催は満開を少し超えた辺りになるであろう、来週末の4/23,24。今回もこっそりと夕暮れからのライトアップがあるかも…。

ピークの様子はこんな感じです。

開花前の鼎談桜20160414そして、本ページに多数検索でお越しになる方のお目当てである、鼎談桜ですが…この一本(いえ二本ですね)は毎年お寝坊さんなので、まだお目覚め前の状態です。雲海の向こうには、雪渓が僅かに覗く、甲斐駒が見えています。

今のままの気象状態が続けば、来週末には花を咲かせるのではないでしょうか。見頃は例年、GWの頭頃です。宜しければ、鼎談桜の様子を見た後、すぐ隣の高森にも寄ってみては如何でしょうか。

富士見町内の桜の開花情報は、富士見町の公式ページ、観光サイトで随時更新されています。

 

 

冷え込んだ朝に開花を迎えた、信濃境の桜達(2016.4.12)

New!(2016.4.13):例年恒例の信濃境、高森観音堂で開催される「高森観音堂de桜まつり」。今年は、4/23(土)、4/24(日)の二日間に開催される予定です(御柱の年ですので、準備も大変だそうです)。高森観音堂の桜は既に咲き始めていますので、満開を過ぎた辺りになりそうですね。当日は観音堂内部の公開もある筈です。開催内容の詳細は、直近になった時点で富士見町公式ホームページに掲載されると思います。

寒気が入り込んだ月曜日。さっと雪が降った後もそのまま居残った寒気が残る翌日は、一段と冷え込んだ朝を迎えました。

再びストーブを付けた朝に目が覚めると、抜ける様な青空。この時期らしいひんやりした空気と春の息吹を一緒に感じたくて、少し早く家を出ます。向かうは何時もの大切な場所。

P1060861南アルプスの山並みと甲斐駒を正面に臨む、谷筋の小さな集落。その真ん中にある小さな丘には大きな桜の木が植えられています。見下ろす甲斐駒の下、並んで植えられたコブシと桜の花が咲き始めています。

P1060866キンと冷えた空気を感じながら霜柱を踏みつつ丘の上に登ると、甲斐駒を向こうに望み、大きく枝を伸ばす、諏訪郡富士見町信濃境、田端の枝垂桜が見えてきます。今年も八ヶ岳西麓に春を告げるように、花をいっぱいに付けてくれました。

P1060863たわわに蕾を付けた、まだ花開き始めた段階の田端の枝垂桜。でも、この位の咲き始めの時の方がぐっと色の濃い、印象的な色合いを魅せてくれます。

P1060876遠くに八ヶ岳を望みつつ、東からの朝日を受けて、濃い桃色の色合いを見せる田端の枝垂桜。右隣りのコブシの花は既に散りかけていてちょっと寂しい感じもしますが、枝垂桜の方はこれからが本番です。

周囲の圃場もそそろそ農耕の準備が始まる、標高900m程に位置するこの小さな集落に春の訪れを届けるように、今年も暫くの間、この碧空の下で花を咲かせてくれています。

P1060880更に標高を上げて、1000m目前の圃場の中に立つ、孤高の一本、葛窪の枝垂桜。異様ともいえる姿を曝しながらも厳しい冬の風雪に今年も耐え抜いて、いよいよ蕾が開こうとしています。

P1060886遠くに甲斐駒を望む圃場の突端に立つ枝垂桜の枝には今にも開きそうな蕾。

あともう少しで開花を迎えそうです。

既に見頃を迎えつつある信濃境、高森観音堂の桜に続いて葛窪の枝垂桜が開花すると、八ヶ岳西麓にもいよいよ春が到来。周囲の桜達も一斉に花を開かせるはずです(あ、皆さんお気になされている鼎談桜は何時も寝坊助さんなので、まだ蕾も硬いままで、見頃は来週末から再来週になると思いますよ)。

 

冷え込んだ碧空の下で神田の大糸桜を(2016.4.11)

再び冷え込んで、雪の舞った夜更け。

積雪とはなりませんでしたが、空気はキンと冷え込み、一時、冬を思い出させる寒さとなりました。

P1060857山から雲が吹き払われた昼下がり、ちょっと仕事場を抜け出して、桜を眺めに出掛けます。

昨晩の降雪でほんのちょっと山頂部が白くなった八ヶ岳をバックに、神田の大糸桜を。

P1060854樹齢200年を超える大糸桜。

ここ数年で激しく衰えが来ており、何とか持たせるために年々剪定された結果、幹も僅かに残すばかりになってしまいました。それでも寒い冬を越えて、今年も花を咲かせてくれました。

P1060849a遠くに南アルプスの山並みを望む、神田の大糸桜。

今日も多くの見物客の方がお越しになっています(ご注意:開花中、周囲の道路には通行規制が布かれています。指定の駐車場所がありますので、案内看板および誘導の指示に従ってください)。

P1060860再び雪化粧となった、南アルプスの前座、鳳凰三山と北側で主役を張る甲斐駒ケ岳。

上空には強い風に煽られて、雲が渦巻いています。夜になっても強い風が止まない八ヶ岳南麓、明日の朝は花冷えとなりそうです。