八ヶ岳西麓、桜の里は花開く刻に(桜祭りを待つ信濃境、高森観音堂とまだお眠り中の鼎談桜)2016.4.14

しとしとと雨が降る朝、桜の季節を迎えた八ヶ岳西麓の小邑、信濃境で最も有名な桜の見所。周囲も多くの桜の木に囲まれた高森観音堂に来てみました。

P1060887園内の観音堂と呼ばれている建物(正確には違うのですが)に寄り添うように佇む、枝垂桜。

多くの枝垂桜に囲まれた、ここ信濃境の中でも最も有名な桜の名所です。

P1060890雨に濡れたお地蔵様越しに桜の花を。

普段は締め切られている観音堂ですが、この時期だけ(実際には秋にも)は雨戸と障子が明けられて、ひな壇のように多数飾られた弘法大師像を桜越しに拝観する事が出来ます。

P1060891薄紅色を湛える高森観音堂の枝垂桜。

この界隈の田圃の高台や集落の小さな丘の上など、ちょっと見晴らしの良い場所で花を咲かせる、江戸時代ごろからの歴史を誇る桜達は、皆、同じ系統の枝垂桜であると謂われています。誰がどのようにして植えたのかは今となっては定かではありませんが、今年も里のあちらこちらで印象的な濃い色の花を開かせています。

IMG20160414075109毎年恒例の桜祭り。後方のブルーシートを被せられた練習用御柱をご覧頂ければ判りますように、高森も御柱の氏子地区のひとつ(今年は、本宮三の御柱を担当しています。詳しくはこちらの氏子会のホームページへ)。本来であれば、次の里引き、建御柱の準備で大忙しなのですが、大切な桜祭りのために部隊を2つに分けて、例年同様、振る舞いや、出店。観音堂の案内、周辺の誘導などの対応してくださるようです(地元のS君、何時もご苦労様です)。開催は満開を少し超えた辺りになるであろう、来週末の4/23,24。今回もこっそりと夕暮れからのライトアップがあるかも…。

ピークの様子はこんな感じです。

開花前の鼎談桜20160414そして、本ページに多数検索でお越しになる方のお目当てである、鼎談桜ですが…この一本(いえ二本ですね)は毎年お寝坊さんなので、まだお目覚め前の状態です。雲海の向こうには、雪渓が僅かに覗く、甲斐駒が見えています。

今のままの気象状態が続けば、来週末には花を咲かせるのではないでしょうか。見頃は例年、GWの頭頃です。宜しければ、鼎談桜の様子を見た後、すぐ隣の高森にも寄ってみては如何でしょうか。

富士見町内の桜の開花情報は、富士見町の公式ページ、観光サイトで随時更新されています。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中