八ヶ岳西麓の午後は春から初夏の心地へ(2016.4.24)

ぐっと気温が上がってきたこの週末。

用事を済ませた日曜の午後に、春の名残を探しに出てみたわけですが…。

開花を迎えた鼎談桜周囲の桜達が葉桜となった中、ほんの数日で一気に花を開かせた、諏訪郡富士見町、信濃境の鼎談桜。

左右の桜は遅れを挽回するかの如く、もう満開へまっしぐらです。この暖かさが続けば、今週末の連休には見頃どころか少し散り始めてしまいそうな勢いで咲く桜の周囲には、遠方からの撮影者の方がちらほらと集まり始めていました。

新緑の落葉松1富士見高原に上がると、芽吹きを始めた落葉松が迎えてくれます。

周囲の桜は今が見頃。鉢巻道路沿いのでは、桜の薄紅色と落葉松の新緑のコラボレーションが楽しめます。

新緑の落葉松2新緑落葉松林を散歩する午後、少し暑くなってきた里より大分標高が高い、富士見高原のペンション村まで上がって来ると、心地よい風が林の中を抜けていきます。

新緑前の御射鹿池1更に標高を上げて、1500m。何時もの奥蓼科、御射鹿池まで上げってきました。

陽射しが差し込む落葉松林はまだ冬の装い。新緑の季節までには、あともう少し時間が掛かりそうです。

新緑前の御射鹿池2それでも湖畔には続々とカメラを片手に観光客の方が上っていらっしゃいます。

静かで鄙びたこの景色。実はこのような眺めはちょっとお預けになってしまいそうなのです。

御射鹿池整備工事の事前看板御射鹿池に登る入口である、豊平、笹原の集落の先に掲げられた工事予告の看板。既に湖畔には工事事務所のプレハブが建てられており、GW終了後から工事が開始される事になっています(麓にある笹原溜池も水を抜いて工事中です)。

今回の工事のいきさつについては、部外者の為ここでは述べませんが、これまでとは大分雰囲気が異なって来る事になるかと思います。

季節が新緑から深い緑を湛え、東山魁夷が惚れ込んだあのシーンに至る頃には、周囲の様相も大分様変わりしている事でしょうか(ご注意andお願い:上記のように、今後ただでさえも狭い道路が、工事期間中は片側交互通行となります。どうか路上駐車はお止めになって、湖畔を行き過ぎた先にある駐車スペースに車を止めるようにお願い致します)。

P1070012戻りの道すがら、満開を過ぎた桜の木の下で。

夕暮れから再び雨が降り出した八ヶ岳の西麓。次に晴れた朝には、五月晴れの空の下に新緑の山並みが広がるシーンが眺められるでしょうか。

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中